金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

<   2018年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

密教863 素人、玄人


素人、玄人

俗に言うアマチュア【素人】とプロフェッショナル【玄人】。

此処で一言。

自国語で意味を解釈出来ずは恥である。
自国語で正しい国語力を理解して居れば、古文解読も容易い。

昨今の日本はカタカナ語【外国では通用しない言葉】に毒され、漢字の意味すらわからない者が増えて居る。
従って、自国の文化も歴史も忘れ去られ、金に群がる餓鬼を増やして居ると言えよう。

玄人とは、積年の研鑽から生まれ、死ぬまで修行を積み続ける者を云う、と私は心得て居る。
玄人の領域では、生活は成り立ちません。
何故ならば、天職だからである。

利を考え、利を得ようとするなれば、商法に移行するが賢い生き方である。
玄人に固執するなれば、餓死も止む無しの信念が必要である。
そこには、経済の入り込む隙も無い。
有るのは、草を食んでもやり抜く覚悟しか存在しない。

若い頃ぼろぼろの法衣を纏い、托鉢に命を繋がれ、諸先生方の教えを頂いて感涙した頃。
素人でも玄人でも無い、己れがありました。
ただひたすらに學び、ただひたすらに歩いた。

ようやく一人前と認められ、普通と言われる暮らしを始めた頃に幸福感を味わいました。
しばらくして、愛別離苦を身をもって知る時代に突入した。

そこで氣づいた事は、己れは真に學びを深めて居ない事であった。
それから10年。
一から學び直して得た答えが、何故生きる。生きるとは。である。

そして60の坂を下る歳を得た今、言える事はあるがままである。
あるがままとは、怠惰に生きるに非ず。
智性を養い、理性を磨く時に得られる境涯である。

平敦盛が詠んだ「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」は有名な一節である。
様々な解釈があるが、真意は御本人に聞くしかあるまい。

ただ、私なりの解釈で言えば、ぼや~っとして居る間にも歳をとる、と云う事である。
だらだら生きるも一生、込めて生きるも一生である。

その選択をするのは自分でしかない。
だから、あるがままなのである。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


玄人といわれる人でも、最初から玄人だったわけではない。
どんな人も素人から努力を重ねて、玄人と言われるようになる。

玄人になるとは、傲り高ぶることでもなく、初めたときの初心を忘れずに歩むことだと私は思っています。
読んでいただきありがとうございます

[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-08-31 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教862 祈願法


祈願法

当院には様々な法が存在して居るが、今日は個人が出来て効験もある法を紹介します。

古来より、他には言えない【相談出来無い】事柄を、様々な秘法により解決して来た。
例えば、恋の悩み、人間関係、出世を望む等。
数えればキリがないほどあります。

私は全ての法を熟知して居るが、あまり安直には教えない。
何故ならば、悪用する者が居るからである。

そして、法を修するには、用意する物が厳密に決められて居るのである。
その用意する物は、素人では入手不可能な物ばかりである。

例えばこんな話がある。
神道をかじった者が、お祓いに使う道具を神具店に買いに行きました。

しかし、真面目な神具店では神職の証明が無ければ神職の使う道具は入手出来ません。
断られるのである。
また、安直に買える店では高額な料金設定がされて居るのである。

そして、真に必要な物は入手出来無いのである。
当院には、専門の神具店、仏具店、大仏師【仏像を彫る専門家】法具師【法具を作る専門家】など、全て長い付き合いの方々が控えて居る。
従って、揃わぬ物や揃えられない物はない。
また、古代の物を現代に蘇らせる事も可能である。

それは、全て上記の人脈があるからである。
付き合いは大切である。

当院は貧乏寺だが、人脈に於いては最高と自負して居る。
それもこれも、全て御本尊様のお計らいなのである。

人間は奢り高ぶる時、全てを失い、後悔の海に彷徨うのです。

当院では近々、自分で出来る御祈願法を提供予定です。
興味がある方は、記事を注視して居て下さい。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

赤不動明王院には、素晴らしい人達が集まっています。
お不動さまの力と先生の努力によって様々な専門家の方が集まり、素晴らしいものを赤不動明王院から出してきましたが、今回は自分でできる御祈願法とのことで、中身の濃い内容になるのだろうと思います。

読んでいただきありがとうございます

[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-08-30 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

怒りに駆られる人々

私が最近、特に感じるのが、怒りの想念である。
それは、街に出れば倍加して感じられます。

具体的に、何を指して怒って居るのでは無く、ただイライラして居ると言った方が分かりやすいであろう。
夜になれば、怒りのエネルギーは倍加するであろう。
正に、私がアメリカで感じた【1970年代のスラム街】怒りのエネルギーである。

白人以外の者には、まともな仕事は与えられず、怒りの街と化して居た時代。
私が、アメリカで空手を教えて居た時代である。

昨今の日本は、怒りのエネルギーが充満しつつある。
そして、無関心で無機質になりつつある。

話は変わるが、いま怒りのエネルギーが頂点に達して居るのが中国である!
国は隠して居るが、中国に行けば一目瞭然である。

一例を挙げる。
電車に乗る為には、改札口で空港にある探知機を通らなければ、切符を買うことが出来ません。
貧富の差に怒りを持ち、テロに走る者を取り締まる為であろう。

また、無闇に写真を撮ることが許されない。
正に厳戒体制の様である。

国内以外のインターネットは使用出来ない。
当然、ラインも国内用以外は繋がりません。
犯罪者を収監する留置場は、もう受け入れが出来ない状態である。

私の友人達は世界各国に居るが、内情を聴くと中国が内情不安の様である。
日本も安心しては居られません。
この怒りのエネルギーは、いつ何時、無差別に襲い掛かって来るか予想はし難いのである。

では、何故怒りのエネルギーが充満するのか。
それは、価値観の歪みと理性の欠如から発生するのです。

本当の理性とは何かは、長くなるので密教塾で進めて参ります。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


何を指して怒って居るのでは無く、ただイライラして居る...

最近の犯罪は、個人的な怒りから相手に危害を加えるというよりも、ただむしゃくしゃしたとか、イライラしたからといった理由で、関係のない人に危害を加える事が増えているようです。

誰でも怒りの感情はうまれる事がありますが、だからといって他人を傷つけて良い理由はありません。

怒りから解放されるには、深く自分を観ることではないかと私は思います。
読んでいただきありがとうございます

[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-08-29 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教860 歌【詠】


歌【詠】

歌には、魂を癒す効果があると考えます。
私は若い頃、修行の為に日本各地を旅した事があります。
その時、耳にした歌を今でも忘れることが出来無い。
その歌を聴いた時、情景が浮かび、涙が止まらないのです。

以下は、その歌の一部である

とびらをたたくのはあたし
あなたの胸にひびくでしょう
その時、三つの女の子
いつでもたっても三つなの

二十年前の夏の日に
私は長崎で死んだ
その時、三つの女の子
いつでもたっても三つなの

この歌は私の心を震わせました。
そして、私も老いました。

良い歌は、いつでも心の奥底に生き続けます。
そして、歌にはもう一つの効果がある事を皆さんはご存知ですか。
それは浄化作用である。

魂の浄化である。
未浄化霊をも、霊界にいざなう力がある力があります。
涙を流して昇天する霊達は、まるで霧の如く天に向かって登って行きます。
優れた歌は、生きて居る私達だけではなく、霊体をも昇天させる力を持って居るのです。
e0392797_17255164.jpg
【リリーマルレーン】などは、第二次大戦中にこの歌がラジオから流れると、
大戦中の兵士が、誰が言うでも無く銃撃を止めてこの歌を聴いたそうです。

正に、平和の心に響いたのである。
現代でも同じ事が言えるのではないでしょうか。
人々はイラつき、兇悪犯罪は増加し、他人事と無関心を装う。

私は、想います。
心の栄養不足と…。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


リリーマルレーン..
この歌のことは、初めて知りました。

以前テレビであったと思いますが、クリスマス休戦のことが放送されていました。
第一次世界大戦のクリスマスに慰問に訪れた有名なテノール歌手の歌を聴いた敵同士の兵士達が軍の命令に背き、休戦して一緒にクリスマスを祝い、ともに亡くなった兵士の埋葬をしたという話でした。

その後、戦闘は再開されるのですが、心に響く歌の力は素晴らしいものです。
兵士達にも家族があり、亡くなった兵士も戦争がなければ、穏やかな生活ができていたのではないか?
と考えるとき、戦争の悲惨さと戦争の愚かさを感じます。

[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-08-28 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

何故?本物は凄いのか!

当院には御本尊赤不動明王尊がおわします。
一般的に、不動明王尊は様々に表現されて居ます。
しかし、弘法大師空海が自ら彫り上げたとされる尊像は、赤不動明王尊なのである。
これは歴史的事実である。
e0392797_23183876.jpeg
それ以外は、感得仏なのである【興味のある方は、ご自身でお調べ頂きたい】

当院では、聖天尊、宇賀神尊、双身毘沙門天と様々な秘仏が存在して居る。
何故か?
全ては、御本尊赤不動明王尊の御眷属であります。
だからお祀り出来るのである。
従って、祟りなどと言う馬鹿げた古代神秘主義は存在しません。

祟りを強調する者は、真を知らないから不思議を強調せざるを得ないのである!
不思議を強調する者は、智性、理性の前では無力である。
真を知る者は、どんな状況に有ろうとも己が信念に基づき、評価などという不確かなものを求めません。

この度、修復させて頂いた聖天尊像は、当院の宝であると共に皆さんの宝である。
何故ならば、本物は本物を知るである。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



密教塾で秘仏の存在を知りました。
そして、聖天尊、宇賀神尊、といった他では観ることもできないような貴重な仏様を拝観させていただきました。とても有難く、そして嬉しく感じました。
赤不動明王院で仏様の尊像を観てからは、以前よりも仏様に親しみをもつようになりました。

それまでは、私から遠い所にいる素晴らしい仏様だと思っていましたが、最近では私の隣で見護って、時には先生となって導き、家族となって見護り、友達となって様々な話を聞いてくださるような気がしています。
上手く言えませんが、心想之中

私の心の中に赤不動明王尊が居るように思います。
ありがとうございます 慈福

[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-08-27 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教858 蘇る秘仏


蘇る秘仏

今般、当院所蔵の聖天尊像を修復しました。

材質は金銅製で、様式は古代インド系の衣を纏っている。
抱擁する御姿は、愛し合う自然な流れを具現化し、無理のない流麗さが現れる尊像である。

修復には、その道の中でも一流の技術者に携わって頂きました。
普通、文化財の修復は、現状維持を原則として居る。
しかし今回は、製作された時の様相を取り戻す為の修復である。

言わば、過去を蘇らせる為の修復なのである。
過去を蘇らせる為には、過去を知らなければ蘇らせる事は不可能である。

しかし幸いな事に、当院には全ての文献資料が整って居る。
それに加え、私の経験と知識を加味し、技師さんと二人三脚で実現したのが今回の聖天尊像修復である。

これから、開眼供養会、浴油法、様々な法を重ね、皆さんの願いを聴いて下さる御仏として、当院の聖天壇に安置される事になります。

私の命続く限り法を修し、皆様のしあわせをご祈念申し上げて参りたいと存じ上げます。

尚、秘仏聖天尊像は、今のところ一般公開の予定は御座いません。
よって拝観は出来ませんので、悪しからずご了承願います。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

様々な方々の協力により、聖天尊さまが造られた当時のお姿に戻ると聞いてワクワクしています。
新たなものを1から造るよりも大変な仕事であると思いますが、聖天尊さまには造られた当時のお姿を取り戻して欲しいですね。

[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-08-25 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

無機質化する現代

今年になってから、殺人事件の多さに眼を覆いたくなるのは、私だけではないと考えます。

つまらない事から、簡単に殺人に移行する人間の意識の短略さ。
正に、心のない鬼畜である。

そして、最も怖ろしいのが、慣れからくる無関心である。
例えば、ニュースで殺人事件を知っても、「またか」で終わる。
その無神経に私達が陥った時、更なる事態が発生するのである。

それはやがて、身近に忍び寄り、襲い掛かって来るようになる。
そしてまたニュースとなり、無関心の渦の中に消えて行く。
これを負の連鎖と言うのである。

昨今の人間性は、熱し易く冷め易い人が増えて居ると思うのは私だけであろうか?
皆さんは、如何お考えですか?
最早、対岸の火事では済まされないところまで来て居る、と私は考えます。

霊的に言えば、浮遊霊の増加は著しいものがあります。
このまま増え続ければ、結果は眼に見えて居ます。
そろそろ、考え方の転換を図る時期ではないでしようか。

それは、自身を守る事へと繋がります。
自分や家族を守る事が出来るのは、あなた自身なのです。

鬼畜に正論は通用しません。
通用するのは、強い意志と智性、理性なのである。

もっと進めて言えば、上記の氣と卓抜した方法論が必要なのである。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


鬼畜に正論は通用しません。
とあるように人間であったとしても、もはや人間の心をなくし、他人を苦しませても平気で過ごし反省もない...

命ある生きものを命としてではなく、物としか見ないような残忍な犯罪を聞くたびに、自分よりも弱い者を狙う憂さ晴らしのような犯罪者の卑怯で最低な行いだと私は感じている。

このような相手には、強い意志と智性、理性が大事なのですね。
ありがとうございます 慈福

[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-08-24 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

不動明王 写仏セット

眞澄稲荷日和からの転載です

不動明王 写仏セット

赤不動明王院では、不動明王尊の写仏セットを取り扱っています。

◎写仏は、写経より功徳を積むことが出来ます。
◎お姿を観想(想像)する練習にもなります。
◎なぞり書きなので、絵心がなくても挑戦できます。
◎描いていくうちに、心が落ち着いたり、集中力が湧いてくるでしょう。

e0392797_11412419.jpg

写仏セット 不動明王 [2,500円]
セット内容
①写仏用厚紙下絵1枚
(何回も繰り返し使用できます)
②彩色見本1枚
③練習用紙1枚
④写仏用紙5枚(半紙サイズの写しやすく、にじみの少ない上質紙を使用しております)
⑤紙製マスク5枚←息がかからないようにつけます

用意する物
①筆ペン1本
あれば、塗香
塗香は、写仏・写経の前に手に塗ることで、体を浄めます。
眞澄稲荷で取り扱っています。[祈祷済み] 



別料金にて承ります
赤不動明王院では、眞澄稲荷でお分け致しております不動明王尊の写仏、もしくは聖天童子尊の写仏(返礼品)に限って、お焚き上げもしくは開眼供養を承っております。
お焚きあげ及び開眼供養料は、写仏に限ってのご供養料であり、他のお札、仏像等の開眼やお焚き上げの料金は異なります。
ご了承下さい。
①お焚き上げ
お焚き上げ料は別途3,000円必要
願意を込めた写仏を赤不動明王院でお焚き上げする事が可能です。
・書き損じをご自身で燃やすことが出来ない方は赤不動明王院へ「お焚き上げ」としてお送りください。

②開眼供養
開眼供養料は別途8,000円必要
※あなたが描かれた写仏に限ります。

※赤不動明王院に送る際の注意事項
➀写仏を濡れたり折れたり傷んだりしないよう、クリアファイル等に入れます。
②返信用のレターパックライトをご用意ください。
それにあなたさまの住所、氏名、電話番号をご記入下さい。←開眼供養の方
③1と2を封筒に入れて、赤不動明王院へお送りください。
※お焚きあげ料、開眼供養料を赤不動明王院へお支払い下さい。

Q:途中で失敗したら、その紙はどうすればいいですか?
A:台所の流しに白い皿か灰皿を置き、その上で燃やして下さい。
完全に燃やし切り、塩少々を振りかけて割りばしなどで粉々に砕きます。
洗面器一杯程度の水で流して下さい。
※ただし、トイレに流すのだけはいけません。
ご自身で燃やして粉々に割り箸などで砕いて塩を振りかけ、水に流して下さい。







[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-08-23 13:00 | 眞澄提供メニュー

信仰に寄せる心の深さ

感動して居ます。
多く方々が寄せて下さる善意、正に信仰心の結縄である。
聖天尊に寄せる想いは、全て届いて居ります!

聖天尊は、他の御仏が聞き入れて頂けない願いをも聴いて下さる御仏。

その源は、十一面観音尊への愛の証しなのです。
人間も同じである。
心底愛する人の為ならば、一命をとしても、愛を貫き通す清い心である。

愛する事は、本来普遍なのである。
それすら分からない現在の人々の心は、物質的価値観に毒さられた哀れな生き物である!

人は、生を受けた時から死へのカウントダウンが始まります。

そして、死を間近に感じた時人は恐れ、様々な行動に移行します。

それは、死そのものを理解して居ない証拠である。

重ねて言います。
死を達観する時、死は安らぎに変わるのである。

聖天尊は、そんな私達に寄り添い、私達のワガママを具現化して下さる。
身近な御仏なのだと、私は理解して居ります。

今回、私は確信しました。
聖天尊が真のお力を発揮するは、今世であると。

私は今回、聖天尊の修復に御尽力を頂いた方々と、信仰心を絶やさない人々の為に、この一命を費やします。

そして、悲願である聖天尊像の修復を、必ずや成功に導くことを、ここに誓うものである。

【聖天尊像は現在、一流の修復師さんの元で、修復作業中であります】

足りない資金は、私財を投げ打っても、完成させて頂きます。

どうか、御賛同頂けましたら、御協力の程宜しくお願い申し上げます。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

聖天尊さまの十一面観音さまへの深い愛が、他の御仏が聞き入れて頂けない願いをも聴いて下さる御仏といわれる程の力の源なのだろうと思います。
聖天尊は、愛について教えてくださる仏様であると私は思っています。
ありがとうございます 慈福


[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-08-20 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

聖天尊修復への道

過去に、様々な尊像を世に紹介して参りました。
しかし、今回の聖天尊像は、新しく仏師に頼んで復元するのではありません。
古き良き時代の聖天尊像を、現代に蘇らせる作業である。

修復師さんも、並みの技量では出来るものではありません!
卓越した技量と知識が必要となる難しい仕事であり、私との付き合いが無ければ断りたい一件だと思います。

しかし、心良くお受け頂き、現在修復作業中であります。

今回の私の依頼は、聖天尊像を創建当時の尊像に戻すという無茶な依頼である。

何故か?
それは、私がチベット寺院や青龍寺に行った時の事である。
全ての仏像が、創建当時のまま保管され、今も信仰を集めている。
その御姿を観て、手入れの良さと、当時のままを保つと言う心掛けに私は強く感銘を受けました。
そして、いつの日か先人から受け継いだ聖天尊像を修復し、現代に蘇らせると決心をしたのであります。

今、その時がやって参りました。

完成時には法要を営み、深く御供養申し上げます。
修復に御尽力頂いた方々には御恩をお返ししたい、と今から気持ちの高揚を感じる次第であります。

いま修復中の聖天尊像は当院の秘仏であり、ブログやその他の場に写真を掲載する事はありません。

従って拝観出来るのは、今回の聖天尊修復基金に御協力を賜わった方々のみに限定します。

遠方の方には、尊像の御写真を贈呈致します【開眼供養後】
そして、修復完了後は当院の秘仏として、子々孫々まで伝え残して参ります。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

古き良き時代の聖天尊像を、現代に蘇らせる...
これは、新しいものを造るよりも難しく、大変な作業であると思います。
修復をされる職人さんも決まり、これも聖天尊さまの力であると思います。
ありがとうございます 慈福

[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-08-19 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)