人気ブログランキング |

金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

カテゴリ:赤不動明王院便り( 530 )

密教1230 彼岸供養の功徳


密教1230
彼岸供養の功徳

供養とは、読んで字の如く供え養うである。
感謝の気持ちを供え御先祖様を敬い心を供える事は最良の行為なのである。
今の自分があるのは、全て御先祖様のお陰であります。
私達が今日に生を受けるまでどれだけの御先祖様が居たかご存知ですか?
数学的に言えば千人以上の御先祖様が居なければ私達は、存在しない計算になります。
自分は、分家だから、本家がやって居るから自分は、関係ない無い、これを良く考えて下さい。
本家は、人間で分家の存在は何か?

御先祖様を忘れて自分を主張しても、まさに笑止である。己れの系譜を忘れ我欲に走る時そこに残るは、獣道である典型的な例が犯罪者である。

犯罪者の根底にあるのは、我欲であり、餓鬼そのものである餓鬼と畜生の心を宿し善良な人々を苦しめる者に【怪】人間の心は無い!
信仰心の厚い方々は、御先祖様を敬い御仏を尊ぶ方々は、善良である。

常に御先祖様と御仏を尊び今ある事に感謝し日々を過ごし智慧と理性を求め精進する時あなたの頭上には、明るい未来が約束されるのです。
御釈迦様の言葉
貧者の一灯

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


彼岸は、ご先祖様に感謝の気持ちを伝える良い機会です。
手を合わせ、自分を振り返りながら、ご先祖様に感謝の気持ちを伝えたいと思います。

by fudou8jifuku28 | 2019-09-20 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1229 密教供養法考察


密教1229
密教供養法考察

密教には全ての悩みを解決に導く秘法が用意されて居る、当院には様々な悩み苦しみを抱え相談と加持祈祷を求めて訪れる方は、後を絶ちません。
私の信念は、何方にも平坦である。
但し、虚偽や不思議思考の方の依頼は、判明した時点でお断りしております。
何故か?
【此処では不心得者の模倣を避ける為、密教用語は、割愛する】
簡単である。御仏を深く信仰、理解して居ない者を御仏が受け入れますか、どんな嘘、虚偽を重ねようが御仏には、通用しないのである。

密教には、数百以上の秘法が存在します。
e0392797_00110847.jpg
その数は、人間の煩悩を解決、浄化させる為に数千年の歳月の流れの中で創始され今に伝えられた智慧の結晶である。
e0392797_00144175.jpg
例えば私達僧侶は、御本尊、諸尊天神のおわせられる祭壇を掃除させて頂く時、全ての御仏をある場所に上がって頂く時に、撥遣作法を謹修させて頂きます。

その後、掃除が完了した後に開眼供養を謹修させて頂きお戻り頂きます。
e0392797_00121523.jpg

在家の方々の場合は、御本尊様に失礼の無い様にして頂けば問題ありません。
寺の場合は何故、上記の様な作法が必要であるか、それは個人の信仰対象では無いからである。

御本尊様は、善男善女の願いを聴き成就に導いてくださる大霊であります。
そのわけ御霊をお迎えさせて頂き御神気に触れさせて頂く事は、功徳也。
南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


仏様と日々を過ごす。
手を合わせていると、素直になれるように思います。
仏様は、成長させるために見守り、導いているように思います。
読んでいただきありがとうございます 慈福

by fudou8jifuku28 | 2019-09-19 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1228 死後の世界②


密教1228
死後の世界②

病気で他界された方々の霊界は?
安心して下さい現界より手厚い看護が受けられます。
病気や怪我で亡くなられた方々は、肉体があるから痛みを覚え苦しまれるのですが、肉体が無ければ苦しむ事も無いのである。
しかしながら人間の意識は死後もある為に痛みや苦しみが続いて居ると錯覚しやすいのです。
其処にあるのが霊界の看護施設とも言える天国なのです。
眠りたい霊は心ゆくまで静かに眠り、痛みを持ち続けている霊には痛みを消す霊的治療が施されます。

幼くして他界した霊の天国
其処には、現界の親以上に優しく慈愛に満ちた高級霊が子供たちの親となり霊的成長の手助けをしております。
e0392797_00095769.jpg
また、虐待や様々な理由で現界を去った幼き霊には、別の場所が用意されています。
其処に居る高級霊は【天使】全てを知り幼子が体験した苦しくもむごい出来事を癒し無垢の心を取り戻せる様に世話をして下さいます。
e0392797_00101472.jpg
霊界は様々な亡くなり方をした人々に優しくその人に合った場所を用意して下さって居るのです。
私は、祈ります。
全ての人が霊界の存在に目覚め寿命を全うできる人生を送って頂きたいと願います。
子供達は未来の宝、育み見守る姿勢こそが現状、求められて居るのである。
親になる人は、それを自覚し親となって頂きたいと考えます。
南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



いつかこの世を去るときがきます。
遅い、早いの違いだけで、誰にも等しく訪れます。霊界は自分の想いが映し出される世界です。
病、虐待された子供、様々な苦しみ、悲しみから解き放たれ、傷を癒やすことができるのですね。
読んでいただきありがとうございます 慈福


by fudou8jifuku28 | 2019-09-18 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1227 死後の世界


密教1227 死後の世界

【人間は死後の世界を知らないから死を恐れ、死後の事実を知らないから平気で悪事を働くのである、以下は信じようが信じまいが事実である】
普通に可もなく不可もなく生きて来られた方々は御安心下さい。
但し、家族を泣かせた、悪い事をしたと思う方々は、真剣に向き合って行く事をお勧めします。
【霊界など無い、信じ無いと思う方々は、以下を読んでも無駄です】
所詮噛み合わない議論は、無駄である!
ご自分の死後、体験し味わえば解る事である。
以下は、耳を傾けてくれる方々にお話しして参ります。

死後の世界はどの位置にあるか、大気圏と空気層の間にある。
霊界の広さは?
無限に広がる世界であり、次元が違う世界なので言わば表裏一体と考える方か自然かもしれない。
しかし、地球規模で考える時、地球の全てを私達は、知って居ますか?
鉱物、植物、動物、人間、まだまだ知らない事だらけでは、無いでしょうか、おごり高ぶる者は何も知らない理解出来て居ない者なのである。

真摯に學ぶ心が無ければ、井の中の蛙に等しいのである。
霊界は、過去に様々な霊能力を持つ人を現界に派遣して来られました。
e0392797_20520912.jpg
しかし乍ら不思議思考が邪魔をして現状の日本では、理解に到達しておりません。

不思議思考は、邪魔になれども理には到達しません、何故か娯楽思考だからである。
真剣に霊界の真実を學ぼうとする時、不思議思考の入る余地など無いからである。
e0392797_20514201.jpg
霊的真理の道は、誰にでも開かれた道である、自身が真剣に考え向き合おうと決意した瞬間から開かれて居るのである。
宗教も信心も超えた次元が霊的真理【しあわせの道】なのである。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



霊的真理の道は、誰にでも開かれた道
宗教も信心も超えた學びの道。霊的真理は自分を成長させる道だと思います。
読んでいただきありがとうございます 慈福

by fudou8jifuku28 | 2019-09-17 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1226 人間の醜さ


密教1226 人間の醜さ

私達、人間は、霊界から旅立ち青雲の志を抱き現界に降りて来ます。
正に嬰児【穢れ無き存在】それが何故、歳を経て善悪の道に経路が変わるのか?
それは、肉体があるからである。
肉で考え、肉で行動し、肉で判断するからである。
これを指して肉欲と云う。肉欲に溺れ誤りの道を歩む時、人は、本来の意味を忘却し悪を平然と行う魔族と成り下がるのである。
e0392797_20484872.jpg
そして魔に成り下がった者は生ある内は、繰り返す事が大半である。
運良く真理を受け入れる者は少ない何故か?
肉欲の世界は私達の想像を絶する甘美な世界なのである、麻薬に例を挙げれば麻薬は、脳に直接作用し脳がヨダレを垂らす現象が起こるのであるこれに贖える者は少ないのと同じで悪は、甘美なのである悪を許さない心は、己れをも律せねば生まれてこ無いからである。
e0392797_20490342.jpg
しかし悪をこれ以上、野放しにすればやがて善も悪も消滅する時が来る、善の者は善界に悪の者は地獄に、帰幽します。
考えて下さい、私達が何を求め生まれて来たのか?
肉体に翻弄されていませんか、肉欲に溺れていませんか、肉体と精神は本来、別物である。

今からでも遅くはありません真理を學び殉ずる事こそ私達が生まれ育った最大の目的なのです。
胸に手当てて考えて下さい、自分の人生を無駄に過ごして良いのか、無駄ならまだ良い魔に心を奪われて本望なのか?選択するのは、あなたしか出来ないのである。
南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



肉欲に溺れるとき、そこには満足はない。
欲しいままに動き、ほどほどを知らず、肉に支配されている。
學びは精神を成長させ、肉の行動中心から精神の行動中心へとさせるものであると思います。

by fudou8jifuku28 | 2019-09-16 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1225
慮外者【不躾者】

古来、往生際の悪い者を指す言葉である。
悪い者が悪い事したと反省せずに、言い逃れをし【悪足掻き】醜いさまを晒し、逃れようとする姿は、正に慮外者である。
現在は、カメラ、録音機と様々な証拠を並べられても認め無い者達、観ている方が恥ずかしく思えるほどである。
まだ正直に己れの罪を認め贖罪に勤めれば救われる可能性もあるが慮外者には、カケラも無いようである。
今まで数え切れないほど反省の道を説いて来たが慮外者には、通用しないようである。

私は【他人】人を怖がらせる事が嫌いで有ったが今後は霊的罰則の恐ろしさを書きます。信じようが信じまいが勝手であるが真実である事に変わりは無い【死ねば解る事である】霊的真実は、如何なる者で在ろうが変える事は出来無い!
e0392797_20450130.jpg
否定も肯定も自由であるが真実は変えられない。
イジメ、誹謗中傷、虐待、詐欺、殺人、その他、好きにやるが良かろう但し必ず。
とんでもない後悔をする!
霊界は、許さない、その時に反省しても遅いのである。
e0392797_20454449.jpg
人間界は嘘をついても犯罪を犯しても許しがあるが、霊界は全てを見通し必ず罰は下されるのである。
最大の特徴は霊界には、霊的時間制約は無い事と嘘は通用しない世界である。
この世の地位も金も無力な世界、想像して下さい。
現在の人間界は地位、名誉、金銭に左右される物質的価値観の世であるが人間界の常識が全て通用しない世界、現在の人間界は、証拠が無ければ分からないで済む?
これが正義ですか?

犯罪に限らず迷惑行為をする者も同じである。
全ては、死ねば解る事である。
南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



嘘を並べたて、証拠が出ても反省しない。
そんな人が多いように思います。
車をぶつけても、保険に入ってないから払えない。といって逃れようとする人、親もそれを庇う。そういった話もあります。
自分さえ良ければという人が増えてきたのだと感じます。
霊界真実からは逃げることはできません。

by fudou8jifuku28 | 2019-09-15 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1224
イジメが何故やまないのか?

自殺までに追いやるイジメは最早イジメと呼べ無い犯罪行為である。
霊的に言えば子供の行為でも終生、消える事の無いカルマを背負い苦しい人生になります。
親が知っていて止めなかった場合は、親もカルマを背負う事になり倍加するのである。
カルマ【因縁】を信じ無い人も居るで在ろうが恐ろしい事である。
殺せば殺され、盗めば盗まれ、落とし入れれば落とし入れられるこれがカルマの法則である。
e0392797_00074503.jpg
イジメ、誹謗中傷、嫌がらせ、パワハラ、セクハラ、カタカナ語に化けても、卑劣愚劣な行為に変わりない。
それすら理解、自覚できない者は、最早、地獄に足を踏み入れた亡者と同じである。
e0392797_00080203.jpg
私は再三再四この問題を優しい言葉で諭して来たが、これからは、現実の例を交えながら書いて参ります。

地獄を知るも知らぬも勝手であり信じるも信じ無いも勝手である。
己れの身をもって知れば良い但し己れの身もって知った時は手遅れだと言う事を忘れてはならない。

現界での因縁は、次の事が現れ易い、仕事、家庭不和、加害者の因縁、原因不明の様々な事象に苦しみます。
上記は本人に現れるとは、限りません。
その者が最も苦しむ形で現れる、それを承知で繰り返すも良かろう。
因縁解消の道はあるが本心で改心が無ければそれも絵空事と成るで在ろう。
南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



暴言、暴行、ネット上でのいじめなど...
いじめは人間として恥ずかしい行いであり、やってはいけないことだと教えるのは大人であるはずです。
そんな大人の中にも誹謗中傷をする人がいます。
自分が行ってきたことを反省するときが訪れるのです。
読んでいただきありがとうございます 慈福

by fudou8jifuku28 | 2019-09-14 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1223 涙で償う


密教1223
涙で償う

犯罪者は当然な事ながら現界でも地獄界でも涙で償うことに成るが、私が危惧して居るのは、普通の人達の事である。
皆さんも眼にした事があると想うが、スマホを眺め操作して居る人達、座って操作しようが自由だが、一旦、車や自転車の運転をした時、危険を自分から呼び込んで居る事に気づくべきである。
e0392797_00232974.jpg
また、自転車で侵入してはいけないと定められて居る商店街を平気で走行する人達も同じく危険を自分から呼び込んで居る事に気づくべきである。他にも沢山あるが全て危険との隣り合わせである。
もし加害者に自分が成った時の事を想像して下さい。
反省しても取り返しはつきません、金銭的賠償は当然の事で社会的信用をも落とす事にも成るのである。
正に涙で償うである、そうなら無い様にするには、簡単である約束事を護る姿勢であるそれが出来無いなら最早、涙で償う道を選択した事になる事を忘れては、いけない。
e0392797_00234504.jpg
今までに報道された悲惨な出来事をお忘れですか?自分は大丈夫は無いのである。
ちょっとした事で被害者になり加害者に成るのである。

一生悔やんで生きるか、平穏な毎日を過ごし生きるかは、あなた次第である。
涙で償う時は遅きに失した時である。
南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


自動車、自転車は速度が出る分、被害が多くなりやすいです。
自分は大丈夫はありません。
読んでいただきありがとうございます 慈福

by fudou8jifuku28 | 2019-09-13 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1222
驚愕な詐欺師の実態

以下は、被害者の方の了解を得た上で掲載するものである。本件は、警察の捜査も進んで居る事から、実名や個人に関する事は、割愛させて頂きます。
これを公にする事で騙される人が減る事を祈り綴って参ります。

それは、一人の真面目な男性に降り掛かって来た卑劣きわまり無い詐欺行為である。
その女は、自身が持つ資格を武器にして相手に信用させ、男性の気持ちが自分に向いた時、結婚を持ち掛け入籍したその日から牙を剥くやり方で【実態の無い結婚生活】裁判所では、噓八百を並べ高額な慰謝料【裁判所が認めた金額は六百万円】男性は泣く泣く支払いをしようとした時、次の事件が発生した。
e0392797_22341208.jpg
【離婚成立後】それは、詐欺師が他の男との間に生まれた子供を離婚した男性の戸籍に養子として入籍したのである【偽装養子縁組】これを知った男性はびっくり仰天。
弁護士に相談そして弁護士が調査すると詐欺師と別の男が男性本人と偽り役所に届け出た事が判明!直ぐに養子縁組撤回されたが、役所も大変な誤りをして居たのである。
届け人の身分確認を怠って居たのである。
上記の事を警察に通報、告訴し現在、警察が捜査中である
上記の事件の怖さは、自分が知らない内に戸籍を操作された事である。
e0392797_22343512.jpg
例えば資産家が何らかの理由で上記のような事になり急病もしくは、何らかの理由で死亡した後、財産は詐欺師達の思惑通りに成る事である。
正に事実は小説より奇なりである、自分にとって降って湧いた様な良い話しや儲け話しは、詐欺師達の常套手段である、人生には、棚から牡丹餅などありません。
智慧と理性を磨き真のしあわせを掴んで頂きたい。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



金の亡者としか言いようのない人間です。
人を騙し、金を奪いとり、そこまでしてお金にこだわる理由がわかりません。
相手の財産を狙い、乗っ取ろうとする者もいるのだということを忘れないようにしなければなりません。

by fudou8jifuku28 | 2019-09-12 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1221 祈祷と成就


密教1221
祈祷と成就

祈祷とは、成就を願い願主と祈祷僧が一体と成り願う事だが、昨今ここに誤りがあると思う事が多々あるので以下に書き記す次第である。
注意、以下は、私に賛同を求めるもので無し、また私の考えを植え付けるものでは無い個人個人が考え最良の判断をして頂きたい。

三角形【トライアングル】とは、御仏を頂点に頂き以下は祈祷僧、願主と続き願い奉ることである。

従って邪な願いや虚偽があれば当然、願いは、届く事は無い当たり前である。

しかし乍ら生き霊や呪いに苦しむ人が居る事も知って居るそのメカニズムを以下で語り置きます。

呪いが横行する訳
呪い行為は百害あって一利なし全て己れに跳ね返るばかりかその後の因縁に大きく作用するのである。
他に頼んだから大丈夫は、通用しない!
同罪である。
e0392797_22091857.jpg
これが正に因果応報の摂理である。
南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



私は謙虚さと様々な物事の見方を忘れないようにと心がけている。
お金を優先し、地位、名誉にこだわるとき、そこに待っているのは落とし穴だと思います。
まして、人間が神、仏であるという妄想に取り憑かれてはいけないと思っています。
人間は修行の身。
不完全だからこそ、神仏に手を合わせ學ばさせていただいている。
僧侶は神仏と民の間にある橋渡しのような存在であってそれ以上ではないと思っています。
人間なのだから...
読んでいただきありがとうございます。

by fudou8jifuku28 | 2019-09-11 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)