人気ブログランキング |

金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

カテゴリ:赤不動明王院便り( 471 )

密教1171 予知の必要性


密教1171
予知の必要性

私達には、大なり小なり予知能力が備わっている。
あなたが氣づいて居ないだけである。
危険察知能力は古来から誰にでも備わって居る能力なのである。
これは、生きとし生けるもの全てにある能力である、特出した能力では無い、では何故、現代人は分からないのか?

簡単である。
真理、信仰を否定する者が理解出来るはずも無いからである、私は、理解を否定、拒否する者に教えるほど寛容では無い。

当院では、新たなカリキュラムを予定して居る、それは、予知能力開発講座の新設である。
予知能力開発講座とは、今のあなたの予知能力を向上強化する為の講座である。

予知とはすなわち自らを護り保護する為の本来備わって居る能力を数倍にも押し上げる事を指して居る。

集中力に関して言えば普通の人は、緩慢である、例えば自動車、自動車を運転中に全神経を集中させ運転に集中したならば事故は、現在の十分の一に激減するであろう。

油断、だろう、大丈夫、全ては、集中して居ない証拠である、危機感の欠如は、やがて自分に返って来る。
その時、あわて嘆いても最早手遅れを知るべきである。

予知能力の開発強化は、大変である、しかし敢えてその試練を自ら臨む時、天は、あなたを守護するであろう。
南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



私の身近な人に、少し予知能力のある人がいます。
私は何度か聞いたことがありますが、予知の内容は嬉しい事ではなく、悲しい事であることが多かったです。
これは、予知によって事前にその出来事に対する心構えをもつという事なのだと思います。
読んでいただきありがとうございます
慈福


by fudou8jifuku28 | 2019-07-22 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1170 人間の残虐性


密教1170
人間の残虐性

私は、その昔に起こった島原の乱を霊視して解った事がある、人間の残虐性である。
島原の乱は、歴史的には、宗教戦争の様に思われて居るが誤りである。
農民、市民の我慢の限界が引き起こした一揆である。
其処には、普通では凝視出来ない圧制が有ったのである、正に人間がやる行為では無い【蓑踊り】蓑踊りとは、藁のかっぱを着せ油をかけて殺す刑罰である。
e0392797_23023778.jpg
蓑の写真

正に残虐性の極みである、其処に芽生えたのが信仰の救いである。
しかし時の圧制は、それすら許さなかった、宗教弾圧である【キリシタン弾圧】信仰の自由まで奪われたのである。
e0392797_23033110.jpg
彼等は大人から子供まで死を覚悟し一揆に参加し籠城を決意したのである。
何故、あの悲劇が起きたのか、其れは人間の残虐性が引き起こした結果である。

人間にとって最も不必要なものは、残虐性である。
e0392797_23040561.jpg

支配しようとするから軋轢が発生し、口論、圧制に繋がるのである。
自身が耐えられ無ければ、簡単な話、手放せば良いのである、但しそれに伴う弊害も覚悟せねばならない。

残虐性に訴えるは、魔性の所業也。
南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


同じ人間とは思えないような、残虐な事件がおきています。
要求が通らなかったら、暴力行為を行う。
自分には何も関係のない人を狙う。
身勝手で理解できない犯罪ばかりです。
怒りの歯止めが効かない。
相手がどうなるかを考えない。

残虐行為で訴えることは、人間性を失ったことの表れだと思います。
読んでいただきありがとうございます 慈福


by fudou8jifuku28 | 2019-07-21 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1169 心眼


密教1169
心眼

私達が最も陥り易いのが、涙目、欲眼である。
但し、涙目、欲眼で物事を捉える場合、全て誤りの結果に導かれ易い事に注意が必要である。
例えば曇りガラスや磨りガラスで景色が見えますか、当然見えません。
上記と同じで冷静な目で見るのと、感情のままに観るとでは見えるものも当然変わって参ります。
物事を捉える時は、先ず自身が冷静である事が大切である怒り、悲しみ、欲の感情を抑え冷静沈着な見方をする事が大切である。
そして、それは、あなたをしあわせに導く鍵でもあるのです。
e0392797_23450761.jpg
まずは、上記を会得する事が大切である。
嫌な事から眼を背けるも良し汚いものから眼を背けるも良し。
しかし全てから眼を背ける事は、不可能である以上、自らを鍛え上げ物事の本質を見抜く眼を養い続ける事であなただけの心眼は、必ず開きます。
心眼とは、霊能力では、無い長年にわたり精進して来た結果、身に着く能力である。

上記の能力を身に着け後の人生に活かす事は、必然的にあなたの人生を押し上げて行きます。
努力は、自身を向上させしあわせに導く最良の特効薬である。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



苦しみ、悲しみ、様々な感情は、心眼を鍛えるための學びなのだと思います。
心眼を鍛えることは、本質を見極めることにも繋がるように思います。

by fudou8jifuku28 | 2019-07-20 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1168 怨みと仇討


密教1168
怨みと仇討

昨今の事件を鑑みるに、余りにも理不尽である、正に腹立たしい限りである。
被害者は【被害者家族も含め友人知人も同じ想いである】
悲しい、寂しい、辛い、苦しい、様々な想いが交錯する中で自らの気持ちを平常に保つ事は、必然に耐え難い事と考えます。
現代社会では、定められた法律により犯罪者は、裁かれるが裁判の結果は、遺族、被害者にとっては、納得出来る処置では、無いで在ろう。

しかし、私の話しを聞いてください、犯罪者は、現界の法律では、罪の償いを終われるかも知れないが、終われ無いのである。
私は、全ての犯罪者は、哀れだと思う、何故かあれらは、人間では無い魔界人である。

犯罪者ほどみじめな者は、居ないと私は考えている、何故か?
現界には、期限がある。例えば犯罪者に罪の償いを課しても、期限、年月が存在するが、法則を考えれば、怖ろしい結末が待って居るのである。

これは、何人も逃れられ無い真理である!

信じない、信じたくないと考える方々は、好きにするが良い、但し、好むと好まざるに関わらずこの法則は、完全実行されます。

これがカルマであり因縁の法則である。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



関係のない人を巻きこみ、傷つける犯罪が増えています。被害にあった人だけでなく、周りの人も悲しみ、苦しむことになるのです。
傷つけた代償は反省しなければならない時がきます。

by fudou8jifuku28 | 2019-07-19 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1167
双身毘沙門天の効験
【御利益】

一般には、知られて居ない双身毘沙門天尊の効験は、凄まじい。
双身毘沙門天尊は、様々に取り沙汰されて居りますが、一言で言えば悪には、強く攻撃し善なる者には、幸福をもたらす善神である。
e0392797_23164525.jpg

その証に輪宝【法輪、密教法具】を持つ方は、吉祥天である事からも理解出来るで在ろう】

何故、効験を得るのか、それは信仰心の決定にある、解り易く説明すれば、例えばあなたを頼りにして居る人が居るとします。
あなたはその人を無視出来ますか?
私には出来ません。
そしてその人があなたを心から敬い頼りにされたならあなたは、突き放せますか。
真の信仰とは、敬い尊ぶ心から発するものである。
始めは、欲でもやがて真を知る事になるのである、始めから無欲な者など存在しません。

人間は、偽善欺瞞に氣づき達観した時、真の信仰心に至ります。
その時、御仏はあなたに寄り添いあなたを導きしあわせへの道をお示しになります。
言わばあなたが目覚め変わる事で効験は盤石なものになるのである。
愚行とは、自分の都合でころころ変わる事である。

信ずるなら心から信じ學ぶ事に他ならない、効験【御利益】はそこから生じるのである。
ことわざに曰く二頭を追うものは一頭も得ず、である。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



毘沙門天というと、戦いの神というのがよく知られていますが、双身毘沙門天は奥様の吉祥天も背中合わせに居られます。

我欲で手を合わせるところから始まり、御仏に感謝し、そして敬いへと成長していくのだと思います。

by fudou8jifuku28 | 2019-07-18 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1166 不注意の代償


密教1166
不注意の代償

昨今の交通事故の多発には憂うものかあるが中でも自転車の無法ぶりは、眼に余るものがある事は、皆さんも感じている事で在ろう。
以外と知らないのが自転車の法律である以下参照下さい。

2015年6月1日に道路交通法が改正され自転車による次の行為が禁止されております。
【罰則が厳しくなった】
以下は、いずれも罰金が設けられている。
歩行者にベルを鳴らしては、行けない。二万円の罰金。
自転車に乗って犬の散歩
五万円の罰金
スマホ【ながら運転】禁止
五万円の罰金
片手で傘さし運転禁止
五万円の罰金
自転車の二台並走禁止
二万円の罰金
夜の無灯火運転禁止
五万円の罰金
右側通行の禁止
五万円の罰金
飲酒運転禁止
百万円罰金
まだまだあるが知りたい方は、警察の交通課で教えてくれます。
もはや自転車だから大丈夫だの時代は、終わりました。

全ては、知らなかったでは、通用しないのである、正に不注意の代償である。
年々、自転車に依る事故が多発して居る現状を考えれば当然だが、近い将来、自転車の交通検問も実施されます。
その時、私は知らなかったは、通用しないのである。
あくまでも法律は、法律なのだから!。


当院では、皆さんの安全を祈願すると共に警察機関と協力して啓発活動を実施して参ります。
交通事故の被害者を失くす為にも注意喚起を推進して参ります。
被害者も加害者も無い平和な社会を願ってやみません。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



自転車は、子供から大人まで乗れる気軽な乗り物です。しかし一歩間違えれば人間を傷つける凶器となります。
歩道は歩行者が優先です。歩行者のことを考えず、速い速度を出して走り抜けたり、することは危険だと思います。
被害者、加害者にならないためにも、道路交通法を学び、歩行者が安心して歩けるようになってほしいです。
読んでいただきありがとうございます
慈福

by fudou8jifuku28 | 2019-07-17 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1165 封印


密教1165
封印

密教には古来より封印と言う秘法が伝えられています。
例えば護符や法力を屈指し人々が危険な目に合わない様にとか、神域が穢され無い様に封印し守って来た歴史があります。
その他にも国家鎮護の為の封印も未だに存在しておりますが時代の流れの中でこれらは、忘れられ法を修する事が出来る者も激減したのも事実である。

そして現在、様々なところで封印は、剥がれ破られている其れは何故か、人々の中で無信仰が進み忘れられたからである。
敬い尊ぶ心の忘却は、本来、私達を護り悪を地中深く埋めた封印をも破る結果に繋がって行ったのである。
一例を挙げれば天皇家では、代々〇〇神法が受け継がれ秘法も受け継がれて参りました【天皇は日本の大宮司であり秘法の伝達者でもある】
しかし明治以降、ある秘法は、天皇家では、行われていない、その秘法とは、国家鎮護の大法である。

天皇自らが修する秘法は、常人では絶対に真似の出来ない静かであり激しい法である。
此処では、これ以上明かす事をはばかるので次に移ります。

この様に古来より受け継がれた秘法は、失われつつあります、これは何を意味するのか賢明な皆さんならお判りになるで在ろう。

安全性の崩壊である、昔は一年の節目ふしめに行われて来た、彼岸や盆、正月は、先祖を敬い神仏に感謝を捧げる大切な節目であったが現在は、忘れられこれら行事は、形骸化して居る現状を皆さんは、どう捉えますか。
全ては、表裏一体を忘れ無いように。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



日本では古くから、怨霊といわれ恐れられてきた人を祀り敬ってきました。
これはただ祀るだけではなく、怒りを鎮め、災いをなさないため、また大きな怒りを善へと向け、国を護るために力を使ってほしいという想いがあったのだと思います。
そこには、手を合わせる者の敬いの心がありました。様々な節目は自分を振り返り、ご先祖様に感謝して過ごしたいですね。
読んでいただきありがとうございます
慈福

by fudou8jifuku28 | 2019-07-16 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1164 悪に屈しない心


密教1164
悪に屈しない心

私が出家する前は武術家である【古武術】正に毎日が武術の修行でした。
しかし運命のいたずらか?
両親が他界し僧侶の道に入りました。
その道は平坦ではなかった在家から出家の道【普通の家庭からの出家】修行を満了しても帰る寺は、有りません。
そんなある日、歩いて居ると三人の若者が一人の中年男性に殴る蹴るの暴行を加えて居る現場に遭遇しました。

私は間髪を入れず止めに入ったところその若者達は、私に襲い掛かってきた、私は三人に当て身を食らわし大人しくさせました。
そして傷ついた人を助けるべく電話ボックスを探し救急車を呼ぼうと考えあたりを見回して居る時、三人の内の一人がナイフを持って私の足を刺しました。

私はその者の頭上に手刀を浴びせ気絶させた、その後、救急車を呼び警察の方も来た。
私は足にナイフが刺さったままである。
【ナイフは抜かない方が良いのである抜けば大量出血を引き起こす場合がある】
私はその後、警察の事情聴取を受けた、ところがいつの間にか私が犯人に成って居たのである。
【私が倒した三人組が嘘の供述をして居たのである】
私はあくまでその時の状況を主張し、しかし被害者が意識不明の状態では、三人と一人の話しは、三人に有利である。
私は留置され鉄格子の中である。しかし私が屈する事はなかった、その後、被害者が意識を取り戻し証言してくれた
【私が居なければ自分は、殺されて居たと】
そして寺に帰ると叱られ破門と言われたが私は折れない、良い事を行なって私が迫害を受けるならば私は戦うと、その後、全ての誤解は、解けたが、どんな場面でも悪に屈しない心を持ち続けるのは、大変である。
人生には理不尽な事も多々あります、それにいちいち腹を立てて居たのでは、生きて行けないのも事実である。

しかし悪に迎合する必要は無い断じて無い、しかし備えも必要だと言う事も忘れては、ならない。
【正義無き力は無力であり、
正義無き力は圧制である】
私はこれからも屈しない心を貫き通す。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



正義をもって良いことをしても、それが必ず良い評価を受けるとは限りません。
誤解されたり、陥れられたり、様々なことがあります。
しかし、どのような状況であっても、自分の中の真は忘れないようにしたいものです。
読んでいただきありがとうございます

by fudou8jifuku28 | 2019-07-15 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1163 宣言


密教1163 宣言

当院赤不動一門は、特殊詐欺撲滅の為、また全ての犯罪行為撲滅の為、警察諸官庁に全面的に協力する事を此処に宣言するものである。

当院に所属する弟子達は、この命を重く受け止め、所轄警察の協力に尽力する事を命ずる。
私が居住する大阪府警松原警察署の方々は、日夜、市民の安全を確保する為に地道な努力を続けている。

私達は考えねばならない岐路にある。
何故に犯罪は繰り返されるのか?
そして、私は大丈夫は無い事を自覚しなければならない時である。

このまま行けば、日本は犯罪大国に成り下がります。
正に、魔物が支配する国に脱落した時点で、この国は焼土と化すであろう。

過去にあった事を想い起こしてください。
私達一人一人が無関心に成った結果の結末を。いま正に、犯罪【特殊詐欺】の横行は私達の無関心から広がっているのである。

年老いた親御さんを守れるのは、家族である私達なのである。
犯罪を許さない私達の勇気なのである。
対岸の火事ではない。

私達、個人個人が自覚し活動する時なのである。
そして、それが我が身を護り家族を護り、他を護る事に繋がるのである。
重ねて言うが、警察官の方々は自らの危険を顧みず、犯罪者に対峙しているのである。

私は全ての警察官の方々に敬意を表すると共に、彼等の安全祈願を願うものである。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝



警察官の方々は、昼夜を問わず日々市民のために活動されています。時には身を挺して守り抜く方々です。
犯罪の多様化が進む中で、私達にできることは何か、身近なところだと家族、友人、知人などに詐欺で騙されないためには、どのように対処すべきか、防犯についてを話し合うことが大事です。

by fudou8jifuku28 | 2019-07-14 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1162 防犯意識の向上


密教1162 防犯意識の向上

防犯意識の向上こそ急務である。
あなたの大切な人を犯罪から守れるのは、あなただけなのである。

例えば昨今の特殊詐欺の被害は、私達が意識を上げる事で未然に防ぐ事が出来るのです。
こまめに年老いた親御さんと話をする。
電話だけでも親は嬉しいのです。

事前に、親御さんと連絡方法を一本化する事も有効である。
犯罪者は心の隙間につけ込む魔物である!
その魔の手から大切な人を守れるのは、あなたしか居ないのである。

子供の頃優しかった母、怖かった父、其処には深い愛がありました。
そんな両親が、年老いて詐欺師に騙され悲しむ姿を想像して下さい。
あなたは自分の親をバカにしますか。
そんなお年寄りを騙し、老後の資金を搾取する詐欺師集団を、私は許す事は出来ません。

私は今日も、警察の方々と一緒に特殊詐欺撲滅を目指し活動を強化しております。
しかし、どんな活動より、あなたが親御さんを想い連絡を取り話しをする事が最高なのである。

私は、生ある内は犯罪を憎み、警察の方々と共に弱い人を助け、犯罪の撲滅を目指して活動を強化して参ります。

場合によっては、私の持つ霊能力を全開放しても、いとうものではない。
犯罪者は、今の快楽に酔い続けて居るのであろうが、死後の罪の償いは現界の比ではない。
死んだ後を楽しみにするが良い。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝




防犯は意識するか、しないかで変わってきます。
自分は大丈夫は、ありません。
特殊詐欺には、様々な手口があります。
慌てないためにも、日頃から対処法を考え、詐欺電話が掛かってきても一人で悩まないことが大事です。
読んでいただきありがとうございます 慈福

by fudou8jifuku28 | 2019-07-13 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)