金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

カテゴリ:慈福の記録( 7 )

前回記事

宇賀神さまってどんな仏様なんだろう

お不動さまを迎えてから数ヶ月後、密教塾からメールが入る。
木彫りの宇賀神尊を五体のみ提供とのこと。

私は宇賀神さまのことは、赤不動明王院で存在を知った。写真を観てからお姿が可愛く感じていたので、このメールが気になった。
インターネットで宇賀神さまについて検索しても、あまり情報は出てこない。
弁財天さまと関係があるということが解ったが、神とあるので、神様なのか?
仏様なのか?

といった様々な疑問が出てきた。
e0392797_16321399.jpg
赤不動明王院 宇賀神尊 木彫り

実際に神社でお祀りされている所もあるようで、とても面白い。

日を追うごとに気になってくる宇賀神尊。
調べても解らない仏様?
宇賀神さまが、だんだんと頭から離れなくなってくる。
頭の中は、宇賀神、宇賀神、宇賀神..という状態。

仕事中にも、頭の中に宇賀神、宇賀神、宇賀神となるので仕事に集中出来なくなってしまった。
少しでも気が緩むと仕事中でも宇賀神と言いそうになる。

多分、仕事で疲れているのだろうと思い、頭を回る宇賀神の声は気にしないようにしていたのだが、遂に限界がきた。

朝から寝るまで続く宇賀神という呼びかけ...
さすがに疲れたので早く寝ようと思い、横になった。
すると自分の口が宇賀神、宇賀神、宇賀神と言いはじめた。
Σ( ̄□ ̄)‼
宇賀神、宇賀神、宇賀神、宇賀神
焦って思わず口を塞ぐ。
ウガッ、シン、ウガッ、シン、ウガッ、ウガッ、モゴモゴ...
口は止まらなかった。

どうしたら良いんだー。
もう^_^; 止まらないなら、しばらくしゃべれば止まるだろう。
数分間、宇賀神としゃべり続けた。
近くに誰も居なくて良かった。

このままでは仕事中に宇賀神と言いそうなので心の中の宇賀神さまにこう話しかけた。
今日は遅いので、後日先生にラインで連絡します。お願いですから仕事中は宇賀神というのを穏やかにしていただけないでしょうか?
と想いながら念じた。

そのおかげか解りませんが、次の日は宇賀神という気持ちが穏やかになり、仕事に取り組むことができました。
ありがとうございます 慈福

[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-05-08 21:00 | 慈福の記録

不動明王 写仏挑戦中


不動明王 写仏挑戦中

昨日から不動明王尊の写仏を始めました。
絵心はなく、絵を描く自信もなかった私ですが、なぞり描きに挑戦中です。

e0392797_18004174.jpg

練習用紙に描いてみたところです。
用紙は、書道半紙の大きさです。

筆ペンは、筆まかせの極細を使っています。
個人的には、巻き髪のようなところがお気に入りです。
羂索は少しだけ手を加えてあります。
剣も下絵より大きくしました。
いずれは、色を塗ることも考えています。
私は赤不動が好きなので、赤く塗る予定です。
もっと上手く描きたいです。
ありがとうございます

[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-04-09 19:00 | 慈福の記録
思い出した話からブログに載せているので、話が色々と前後していますが、読んでいただけると嬉しいです。

前回記事
赤不動明王院から、
お不動さまの旅仏をお迎えして数ヶ月後、赤不動明王院から密教本念珠を迎えた。

届いた箱には、密教本念珠とともに、
赤不動明王尊、聖天尊と宇賀神尊のお二方の写真が同封されていた。

同封の物は、御本尊様からの賜わり物です。 師僧
とのことで、御本尊さまに感謝した。

その当時私は、
聖天尊は、ある本で存在を知り、怖い仏様だと思っていた。
宇賀神尊は、どんな仏様なのかよく知らなかった。

ネットで調べると、
聖天尊と宇賀神尊は、秘仏ということがわかった。
秘仏といえば、観ることすら難しいといわれる仏様。
某有名寺院では、秘仏を開くと災いがあると伝えられてきたという話があったりする。

しかし、我が家に来てくださった赤不動明王院の聖天尊と宇賀神尊の写真を観て、災いが起きたことはない。
一方的に、仏様をけなすようなことをした場合は知らないが...

写真が我が家に来た頃は、
どのように聖天尊、宇賀神尊に接すれば良いか解らず、正直恐る恐る写真を観た。

まずは聖天尊から...
e0392797_21402822.jpg
赤不動明王院 旅仏聖天尊

チラッ、チラッ
大丈夫そうなので、ジーッと観た。
キラキラしている✨赤不動明王院の聖天尊。

ジーッとみると、目の奥がジーンとしたが、特に障りがあったわけではない。
目の奥がジーンとしたのは、聖天尊が私をみて、この者は誰だ?
と感じていたのかも知れない。

次に宇賀神尊
e0392797_16321399.jpg
赤不動明王院 木製 宇賀神尊

宇賀神尊は、なぜだか可愛い仏様だと感じた。

その日から、聖天尊と宇賀神尊の写真に感謝を述べるようになった。

そしてこの後、
驚くような出来事をきっかけとして、宇賀神さまを迎えることになる。

ありがとうございます 慈福

[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-03-07 19:00 | 慈福の記録
前記事

光る香合仏

私は、お不動さまの旅仏の他に、香合仏を何体かお迎えしている。
今回は、このお迎えした香合仏についての話。

私はお参りするときは香合仏を開き、
お参りが終われば、付属の御守り袋に入れている。

あるとき、お参りのために香合仏を袋から取り出し、いつものように香合仏のスタンドの上に置いた。
このスタンドは、お気に入りです。
スタンドも手彫りだと聞きました。
e0392797_10453343.jpg
お不動さまの香合仏

お参りのために、お不動さまの香合仏をみると、何故か一点の光が...

あれ?
お不動さま光ってる?
何故だろう。
香合仏をよく観てみる。

ちょうど火焔の左側に、1ミリくらいの金粉のようなものがついていた。
その金粉に、蛍光灯の光が反射して光って見えたようだ。
おー、キラキラ光って綺麗だな~✨

最初は、お参りの際に使う塗香の粉が香合仏についたのだと思っていましたが、その後も同じように金粉がつくことが、お不動さまではない仏様の香合仏で2回ほどありました。

実際に香合仏に付いていた金粉を手にとってみたこともありましたが、塗香よりも大きな粒子で、四角く金色に輝いていました。
※私は普段の勤行で、金粉がつくようになどと思っているわけではありません。

金粉が付いているときも、今日は仏様光ってるね。
くらいで、さらっと流します。

突然、金粉が香合仏についていて、
数日間そのままついていることもありますが、突然消えている。
という現象ですが、仏様の凄さを感じます。

ありがとうございます 慈福


[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-03-02 19:00 | 慈福の記録

前記事

お不動さま、こんにちは。
お不動さまの旅仏が、我が家に到着されたときのことを書きます。
私のお不動さまは、坐像。
e0392797_13460898.jpg
赤不動明王院 旅仏 不動明王尊立像

旅仏が香合仏と違うところは、大きさだけでなく、その尊にあった舎利が納めてあるということだ。
※舎利は封印してあるので、見ることは出来ません。封印をといた場合は赤不動明王院で再祈祷となります。

お不動さまの旅仏は三鈷剣と羂索を持ち、キリッとしたお顔だち..
さすが職人さんの手彫り✨
ずっと観ていても飽きない良さがある。

念珠を持ち、合掌。

そして先生から教えていただいた、お不動さまの真言を唱える。
すると、

ゴーッと身体中が暖かくなる。
身体が燃えてきたー。
※実際に燃えているわけではありません。

お不動さまの光背は、火焔。
カルラ炎の炎🔥

現在でも、集中してお参り、おつとめができたときは、身体が暖かくなったり、場合によっては暑く感じるときがある。

お不動さまの尊像の前で合掌し、用意していたお線香に火をつけた。
すると、何故かお線香の煙が私の胸に向かって一直線に流れてくる。

???

あれ?
何処かから風が入ってくるのだろうか?
と思い、締め切った部屋を見回したり、香炉の位置を動かしたり色々としてみたが、それでも自分の胸の真ん中に一直線に煙が流れてくる。

煙は上に流れるものだと思っていた私にとって、驚きの体験でした。

お不動さまから、元気を出して頑張ってね。と応援されたように感じた出来事でした。
ありがとうございます 慈福




[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-03-01 19:00 | 慈福の記録
2016年5月...
赤不動明王院から、お不動さまを迎えた。
赤不動明王院での私の歩みは、不動明王尊の見護り本尊を迎えることからはじまった。
当時、赤不動明王院では、自分だけの護り本尊(旅仏)という企画があった。
私が旅仏を迎えたのは、それまで家にある仏壇で仏様にお参りしていたが、自分の部屋でゆっくりとお参りすることができないだろうか?
と思うようになったため、赤不動明王院からお不動さまを迎えることにした。
e0392797_18163697.jpg
赤不動明王院 旅仏 不動明王尊立像

ちょうど旅仏を迎えた時期は、慣れない仕事をしていたこともあり、毎日のように注意を受けて自信をなくしていた。そんな中で自分の支えとなる仏さまにお参りしたいと思うようになった。
旅仏は、12cm程の厨子付きなので、簡単に持ち運ぶことができ、部屋でお祀りする事もできる。
仏さまは、不動明王と聖観世音菩薩のどちらにしようか迷ったが、密教163のブログをみてお不動さまにした。

密教163 御本尊赤不動明王尊
天部はおろか、明王部の頭領でおわせられる、赤不動明王尊様のお力は無限大であります。
地獄の王、閻魔天様も、御眷属様なのであるのです。
正に無敵。

赤不動明王尊様は、またのお姿は両頭愛染明王尊なのです《一般には、公開されてい無い明王尊》
慈悲の力は、観世音菩薩以上と思われます。
私達に一番近く、親しみやすい仏様なのです。

幼い頃、私は他県で数年間を過ごしていたことがあった。
アパートの近くにはお寺があり、よく家族でお参りにいった。そのお寺には不動明王尊もお祀りされていた。
私も手を合わせていたことだろう。

今思うと、最初にお不動さまをお迎えしたのは、幼い頃お不動さまにお世話になっていたことがきっかけだったのかもしれない。

ありがとうございます 慈福




[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-02-13 19:00 | 慈福の記録

慈福の記録について

慈福の記録は、赤不動明王院での慈福の歩みを綴ります。
すべて実話です。

読者の方が、少しでも仏様を身近に感じ、仏教、密教、霊的真理を学ぶきっかけとなればと思います。 慈福
[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-02-13 18:00 | 慈福の記録