人気ブログランキング |

金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教1170 人間の残虐性


密教1170
人間の残虐性

私は、その昔に起こった島原の乱を霊視して解った事がある、人間の残虐性である。
島原の乱は、歴史的には、宗教戦争の様に思われて居るが誤りである。
農民、市民の我慢の限界が引き起こした一揆である。
其処には、普通では凝視出来ない圧制が有ったのである、正に人間がやる行為では無い【蓑踊り】蓑踊りとは、藁のかっぱを着せ油をかけて殺す刑罰である。
e0392797_23023778.jpg
蓑の写真

正に残虐性の極みである、其処に芽生えたのが信仰の救いである。
しかし時の圧制は、それすら許さなかった、宗教弾圧である【キリシタン弾圧】信仰の自由まで奪われたのである。
e0392797_23033110.jpg
彼等は大人から子供まで死を覚悟し一揆に参加し籠城を決意したのである。
何故、あの悲劇が起きたのか、其れは人間の残虐性が引き起こした結果である。

人間にとって最も不必要なものは、残虐性である。
e0392797_23040561.jpg

支配しようとするから軋轢が発生し、口論、圧制に繋がるのである。
自身が耐えられ無ければ、簡単な話、手放せば良いのである、但しそれに伴う弊害も覚悟せねばならない。

残虐性に訴えるは、魔性の所業也。
南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


同じ人間とは思えないような、残虐な事件がおきています。
要求が通らなかったら、暴力行為を行う。
自分には何も関係のない人を狙う。
身勝手で理解できない犯罪ばかりです。
怒りの歯止めが効かない。
相手がどうなるかを考えない。

残虐行為で訴えることは、人間性を失ったことの表れだと思います。
読んでいただきありがとうございます 慈福


by fudou8jifuku28 | 2019-07-21 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)