人気ブログランキング |

金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教1096 ②私の体験談【その後】

霊媒とは、自らの身体に靈を憑依させ、靈が自由に語れるようにする役目を果たす者を指す。
審神者とは、他の靈体か本人であるかを検証し真実を伝える役柄の者を指す。
最後に証人とは、後世の為に正しく記録し、真実である事を伝える者を指す。

霊媒が精神統一を始めた。
私は無言で邪気を祓い、霊媒の補助に入った。

しばらくして、亡きお子さんが霊媒に乗り移り降霊が行われた。
まず私が本人である事を確認し、ご両親の質問が始まった。

何故、自殺を選んだの質問に靈は黙し、ただ涙である。
質問が続くにつれて、核心に入るとお子さんは、何故、自分が死んだか覚えて居ないと言う。
私には分かった。
未浄化靈の憑依である。

【以外と知られて居ない事実】
自殺志願者の殆どが、実際には死にたくないと思っているのである。

“助けて欲しい”“止めて欲しい”“気付いて欲しい”が真相なのです。
【迷って居る状態】


そこに漬け込み、自殺に追いやるのが憑依靈【未浄化靈】である。
例えば、本人【自殺志願者】が“死にたい”“死ねるかな”迷いの中にある時、死ねるに導くのが憑依靈である。

誰にでも守護靈はいる。
守護靈は全靈を掛けて助けようとするが、憑依靈が強い場合は為すすべが無いのも事実である。

全てを知った両親は無常を知り、その後離婚。
父は出家、母も別の寺で尼僧となった。
諸行無常、今もお子さんの菩提を弔い修行を続けている。


自殺は、本人以外の人の人生をも変えてしまうのである。
死は終わりではない。

辛くとも耐えた時、真の答えが訪れるのである。
そして最も恐ろしいのは、死に追いやった者達の行く末である。
因果応報…。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝


設定を間違えたのか、色が変えることができないので、赤文字が多くなっています。

死にたいという気持ちは、本当に死にたいというよりも、死にたいほどつらい現実があるということです。
死にたい、生きたいの間を彷徨っています。死にたいと言うとき、助けてほしいというという思いがどこかにあります。
そんな時何も出来なくても、寄り添い話を聞いてもらえるだけで気持ちは違います。

生きてほしいです。
読んでいただきありがとうございます
慈福

by fudou8jifuku28 | 2019-05-08 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)