人気ブログランキング |

金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教1083 愛の學び


密教1083 愛の學び

私は自分の半生を振り向き考える時、同じ人生をもう一度繰り返せたら、どうだろうと考える時、一言で表現すれば勘弁して下さいである【笑】
人間は自らの足跡を振り返って冷静に捉え考えてもう一度同じ人生を生きる事を望む人は少数であろう。

苦、恥、怒、悲、を知らない人は幸いである、では何故、様々な苦を経験して来たのかそれは、裏返せば愛の學びだったのである。
身体の痛みもさる事ながら、心の痛みは身体の痛に比べ勝るとも劣らない苦痛である。
その痛みを知って居るから愛し寛容にもなれるのである
例えば心の痛みを全て他人のせいにする者は、イジメ、誹謗中傷、犯罪を犯すであろう。
何故か?
全て人ごとだからである、我が身の苦を耐え抜いた者には、愛の學びが理解出来るからである。

自身が味わった苦を人にはさせたく無い、これも愛であるしかし乍ら、苦とは人を成長させる力がある。
苦を知らない場合、他人の痛みも理解出来無いのである、だから平気でイジメ、誹謗中傷、犯罪が横行するのである。


私が過去に経験した苦は、いつしか私を鍛え強くしてくれていた事に気づいた時、苦は愛の學びだったのだと理解出来ました。
しかし、今の私がもう一度、同じ人生を味わう事は勘弁である【笑】。


愛の裏返しは無関心、愛を理解する事こそ私達が學ぶべき事では無いだろうか。
南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



苦を知らなければ、苦しんでいる人の気持ちも分かりません。苦しみを知り涙を流す日は、自分の土となり自分を成長させます。
厳しいことも、愛されることもどちらも愛です。相手を何も思わなくなったとき、無関心となります。
誹謗中傷、イジメで負の感情を発散することは、恥ずかしいことだと思います。
読んでいただきありがとうございます

by fudou8jifuku28 | 2019-04-25 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)