人気ブログランキング |

金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教1075 因縁【カルマ】


密教1075
因縁【カルマ】

人間は、生きながらに因縁を重ねている生き物である。
不平不満、妬み嫉み、誹謗中傷、犯罪、正に地獄行【じごくぎよう】である。
全てを仏教的に欲、煩悩で一蹴するのは、簡単であるが、それでは、一般の方々には、理解に達し無いで有ろう。


カルマとは、自ら選んだ手枷足枷【身体の自由を奪う拷問道具を手枷足枷と云う】である。
人間が常に恵比寿顔であれば現界に苦は存在しません。
人間が他と比べる価値を捨て無い限りこの苦海【苦しみのたうつ海】は、未来永劫続くカルマである。

良く考えて下さい、不平不満の種は何処にあるのか?
他と比べる時に生ずる価値観が原因である、あの人は、あの人は、、、そんな暇があれば己れを磨く事がどれだけ有意義な事かを分かり頂けるはずです。


カルマ、因縁は、あなたが気づくまで、永遠に繰り返されるのである。
カルマ解消法は存在します【密教の因縁解脱法】以下は苦しんで居る方々への提言、他を頼る前に、自身を寄るべとして下さい。
頼るだけでは、なんの解決にも成りません、されどどうしても駄目、無理と判断された方々は、ご相談下さい。
因縁解脱法を修し授ける事もいといません。
何故か、自身を追い込んで耐えられる者と耐えられない者が居るのも事実だからである私も様々に苦しんでまいりました。

相談は依存では無い、全てを委ねるが依存の始まりである。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



他者に相談をする。
そうすると、自分とは違う様々な考え方、行動、方法があるということに氣づきます。
相談をする事によって、自分以外の人の話を聞き、あっそうか! という発見があるのです。
あくまでも、自分が聞く気持ちがあればですが....
相談することは、自分を承認してもらうためではありません。
他者の意見には、自分にはなかった、自分が忘れていたことを思い出させることがあるのです。

私は、一時期このように思ったことがありました。何の因縁でこんな思いをしなければならないのだろう...と

落ち込む時に考えることは、だいだい決まっていました。私が前世で何か悪いことをしたのだろうか? 他者を傷つけたのだろうか? と思っていました。
しかし、そんなことは愚かな問いであると最近は感じるようになりました。
前世がどうであれ、私は私。
仏様は乗り越えられない課題はないのだと、私を強くするために様々な課題を与えたのだと思います。


by fudou8jifuku28 | 2019-04-17 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)