人気ブログランキング |

金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教1030 温故知新と現代考


密教1030
温故知新と現代考

温故知新とは古きを訪ね新しきを知る、古い知識を學び現在に活かす知恵である。
私は常々、古き事を學んで居る、それを活かしこそが真の學びと信じて止ま無い。
密教は全て古き事の學びである、古き否定して密教を語る事は、不可能である。
千二百年前、弘法大師空海が真の密教を渡来した事が始まりである。

古きを嫌い現代を生きるは、杖を持たず漆黒の闇を行く様なものと考えます。
また靈を否定する事は自身を否定するに似たり。
知る事は有意義な人生を送る為にも必須である。

恐れ不安は無知から来る感情であり、知るは理性を育みあなたを成長に導き、その後の人生を豊かにするのである


例えば間違った道を行けば当然、自分の目指した目的地に到着する事が無い様に、新しさばかりを追い求めても真の姿を見る事は出来ない。


様々な事を學び自らに活かす時、あなたの人生は輝きを増し苦難をも乗り越える力を得るのである。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


古くから伝えられ現代に存在する教え、美術品など、伝え続けられてきたものというのは、伝え続けた人がいて現代にも通用する素晴らしいものであるからこそ、現代まで残っているのです。
そう考えると、素晴らしいと思います。
読んでいただきありがとうございます
慈福

by fudou8jifuku28 | 2019-02-27 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)