人気ブログランキング |

金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教1003 予知体験


密教1003 予知体験

自分でも考えても居ない事柄が突然、脳裏をよぎる事がある、それも鮮明に。

以下はほんの一例である。
ある運送会社さんに安全祈願を依頼され伺った時の事である、加持祈祷を終え、事務所の応接室でお茶を戴いていた時、ふと窓越しに見た従業員さんの後ろ姿に視たものがありました。

それは事故を起しうなだれて居る姿であった、私は同席して居る会社の方に尋ねました。
今、外を歩いて居る方は、と尋ねると、真面目な運転手で今から次の仕事に出発するところです
彼がどうかされましたか?

私は言いました。
出来る事なら彼の業務を今日だけ誰かに変える事は出来ませんか、訳を聞かれたので話しましたが、そうこうして居る間に彼が運転するトラックは、出発して行きました。

私は直ぐに呼び返した方が良いと進言したが、代わりの者が居ないと云うので、その場は引き下がりました。
それ以上は強く言える立場に無い私は、寺で彼の無事を祈る為、急ぎ寺に戻りました。
私が帰り着くと同時に電話が鳴り出し、受話器を取ると先程の運送会社さんからである。

開口一番、先生の言われた事が的中しました、私としては嬉しく無い報告である。
車、3台を巻き込む大事故だが怪我人は、無いとの事、後に聞いた事だが賠償金は、五百万円を超える額であった。

それからも他で幾たびか予知を発し全て的中したが、現在は、よほどで無ければ、予知を口にする事は無い。
何故か?
人は、高じれば依存に成るからである、続ければ人は、努力をせず答えのみに固執します。
私は依存を産む道具では無い全ては學びえの布石である。
努力こそしあわせへの最高の早道である。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



予言、予知から何を學ぶか...
予言、予知とは、起こる出来事への心構えを促しているのだと私は思います。
特別に予知を怖がることでもなく、自慢するわけでもない。
と思います。
読んでいただきありがとうございます
慈福



by fudou8jifuku28 | 2019-01-31 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)