人気ブログランキング |

金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教915 心靈學


密教915 心靈學

近代心靈學の先駆者、浅野和三郎氏は、正に、私達に分かりやすく、心靈學を解いて下さっております。

浅野和三郎氏の著書は私の愛読書であり、教科書にも匹敵する名書である。
是非とも皆さんに読んで頂きたい。
その上で、人生を考える時、大きく人生観が変わるであろう。

百聞は一見にしかずと申します。
お読み頂く事をお勧めします。
以下は、私の心靈体験です。

自殺者の靈
その日、私は依頼を受け、自殺者の靈を家に帰すべく自殺現場に居た。
普通の人には視え無いが、私にはハッキリ、たたずむ女性が視えた。
私は念を凝らし、ある法で私に憑依させ、依頼者が運転する車に乗った。
そして自殺者の実家に向かった。

しかし依頼者は、緊張のあまり道を間違えてしまった。
その瞬間、私に憑依させて居る靈が、道案内を始めたのである。
私は靈の言葉を依頼者に告げ、その後はスムーズに実家に到着した。

実家では、年老いた両親が待って居た。
実家に入り、さっそく降霊に取り掛かるが、その時靈が私に言った。
自分の部屋のある場所に手紙があるから、両親に見せて欲しいと。

その通りに両親に告げて部屋を移動し、手紙を発見。
両親に手渡した。
両親は、真相を知り泣き崩れた。
内容を公表する事は出来無いが、かなりショッキングな内容である。
【何故、自殺したのかについての内容である】

その後、供養法に入り、靈を帰幽させたのは、言うまでも無い。
恋愛は、時として悲しい結末を迎えることが多いが、生きて居るからこその恋愛である。
私は言いたい。
男女問わず別れる時は、爽やかに別れて欲しいものである。
決して、死を考える必要など無い。
生きていれば、あなたにふさわしく、優しい人が必ず現れるのだから。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



心霊というと、何だかおどろおどろしく、怖いように思うかもしれませんが、昔の人は恐怖をあたえるわけではなく、真面目に研究し、様々な現象を解明しようと努力されたのだと思います。
読んでいただきありがとうございます

by fudou8jifuku28 | 2018-11-01 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)