人気ブログランキング |

金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教910 供養


密教910 供養

毎月決まった日に、御供養を依頼されて居るお宅に出向き、御供養をさせて頂いております。
みなさん信仰心の厚い方々で、当院の御本尊様にお心を寄せて下さる方々ばかりです。
中には、一年通して予約されて行く方々も【檀家】お出でになられます。

供養の目的は、回向。
追善供養を届ける意味合いがあります。
正に、冥福であります。

お子さんを亡くされた方、最愛の奥様、旦那様を亡くされた方。
皆様が望まれるのは、自分の事より故人の冥福であります。
拙僧は毎回、一心込めて勤めさせて頂いております。

時には、貰い泣きしそうなことも多々あります。
残された者の悲しみ苦しみは、私には痛いほどわかります。

供養経の後、拙僧は必ず法話を聞いて頂いております。
法話は、遺族の心を和らげる題材を事前に用意し、重複しない様に記録してお話申し上げております。

近頃、変化がありました。
みなさんが、心靈について興味を持たれて来たのです。
さもありなんと考えます。

今迄は無縁と考えていた事が、自身の周りに起こった時【死】その内容、死後の事を知りたい衝動に駆られるのは自然な事であります。
みなさんが異口同音に、『もっと早くに知っていれば、今際の際の対応も良くしてやれたのに』と言われます。
今は、ほとんどの方が學んでおられます。
嬉しい限りです。

私は、一人でも多くの方々が學ばれ、靈魂の意味や存在を理解されて、より良い人生を送って頂く事が最高の望みであります。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


身近な人の死は、自分もいつか死にゆく身であるということを教えてくれます。
生きている者が亡くなった方にできること...

故人を心配させない生き方をして、亡くなった方々に思いをはせ、感謝の気持ちを伝えることではないでしょうか...
生きているうちに、死とは何か..
学ぶことも自分にとって大事なことであると思います。

読んでいただきありがとうございます
慈福


by fudou8jifuku28 | 2018-10-27 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)