人気ブログランキング |

金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教892 興味と學びの違い


興味と學びの違い

昨今、日本語の意味を履き違えて居るものが増えて居るのは、カタカナ語の弊害である。

もしあなたが経営者で有った場合、御社の業務に興味があります、と答えた者と、御社の業務を學びたいと言う者、どちらを採用しますか?
答えは歴然である。

昨今の言語の乱れは、政治家に始まり多方面で見られる。
嘆かわしいの一言である。

記憶にない、言って居ない、正に支離滅裂である。
果てには、パワハラ、セクハラ。
言葉が軽いから、軽はずみな結果が生まれる事を誰も言う者は居ない。

言葉には言霊が宿り、やがて現実になる。
そして、軽んじた言語しか使わない内に、不用意な発言が当たり前になる。
相手を怒らせたり、怒らせても、何故相手が怒って居るかも理解出来無い思考に陥って行くのである。

大人になり、敬語や丁寧語が理解出来ていなければ、その人の行き着く先は暗いであろう。
人間同士の意思の疎通は、まずは言葉からである。
言葉使いがあやふやなら、付き合いもあやふやになりがちである。

親しき仲にも礼儀あり。
損を被るのは自分なのである。

言葉は教養を表し、立ち居振る舞いは人格を現す。

死語などと嘲笑い、學びを忘却すれば、やがてそのツケは必ず自分に返って来る。
上記の事を自分の中に落とし込み、學び続けた結果は、人品骨柄卑しからずと映るのである。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


カタカナ語は簡単に使えるように思います。
パワハラ、セクハラと言うことと、暴行、暴言とでは、カタカナ語のほうが軽く聞こえて、それだけ罪の意識も少なくなるのだろうと思います。
反省もなく都合の良い言葉でとり繕っても行いが消えることはありません。

読んでいただきありがとうございます

by fudou8jifuku28 | 2018-10-06 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)