人気ブログランキング |

金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教882 表裏一体


表裏一体

善と悪、光と陰、謙虚と傲慢。
理性ある者は、常に考え俯瞰して捉える事が出来るが、本能で行動する者は道を誤るで在ろう。

では、どうしたら理性が身に着くのか?
學びである。
學ばずして、理性を身に着ける事は難しい。

學びとは、様々な経験も必要だが、先人の智慧を率先して自己に投影させ、第一に反省から始まらねばならない。
何故、反省から始まるか?
それは、謙虚に受け入れて理解せねば、反省は机上の空論に過ぎないからである。

深く反省する事は、俯瞰する為の要素に繋がり、やがて自己の行動理念をも制御するのである。
自己中心的な思想を破棄し、協調性を身に着けた者は普遍である。

人間は何故争うのか?
それは、欲による自己喪失と考えます。
e0392797_23145808.png
欲が高じれば、人は魂を否定して欲の渦に飲み込まれ、全てを水泡に帰すであろう。
幸い、私達は様々な解脱法を心得ている。
學びは、正に梯子である。
一歩上がれば、一歩上昇し、登る事を拒否すれば欲界を彷徨い、やがて自らが後悔するのである。

現界【この世】は永遠ではない事を知り、學びに身を置く時に理解としあわせは訪れます。
それを率先して受け入れるも、己が欲望のままに生きるも自由であり、全ては自己責任である。
但し、本当の自己責任とは、巷で言われて居る様な甘い現実ではない事を、私は付け加えます。

それは、死後誰もが経験出来ます。
信じる信じないも自由であり、究極の自己責任なのである。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


学びが知識や経験だけだとするなら、知識、経験を積み年齢を重ねるほど周りの人の見本となり、敬われるような人になるはずである。
しかし最近では、年齢を重ねても他人を悲しませる行いをする人もいる。
とても残念です。

様々な学びは自分を深くみつめ、反省するためにあるのだろう。
学びは自分を深める。
学びは自分を育てる。

自分を振り返ることの大切さを感じます。

読んでいただきありがとうございます
慈福

by fudou8jifuku28 | 2018-09-24 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)