金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教831 天は人の上に人を作らず


天は人の上に人を作らず

余りにも有名な名言である。
しかし、現状を鑑みる時、首を傾げる方も多いであろう。

人は何故、上下を意識し、上下を決めたがるのか?

あなたは、どう考えますか。
男女問わず、自身が優位に立ちたいと言う考え方が根底に潜んで居るからである。

歳を重ねれば、こんな無用な思想は排除されるはずですが、逆に高まる人が多いのは何故か?
パワーハラスメント、セクハラ、馬鹿げた行いである。
人間に何故、言語が存在するか。

人間に理性と知性が存在するか?
考えれば、簡単に答えは得られます。
譲り合い、尊重する事である。

私は若い時に両親と死別、その後一人で生き、様々な事象に巡り合って生きて来ました。

ある時は乞食坊主と罵られ、一人悔し涙を流した事もありました。

そして私が得た結論は、スキルを上げる事であった。
誰よりも多くを學び、極める事に没頭した時代。
飛び越え、追い抜いた時、虚しくなりました。

そして現在、様々な方々に教え導く立場になりました。
全ての人は平等である、と言い切れます。

何もせずに自己の存在を主張しても、人は振り向きません。
ましてや、あなたの存在を無視するであろう。

当たり前である。
振り向いて貰うのでは無く、振り向かざるを得ない存在にあなたが昇華すれば良いのである。

無為無策に生き、怠惰の中に生きる者に、教えを請う者は居ない。
努力を重ね、論理的思想を確立した時、自ずと人は集い繁栄するのです。

見せかけの虚栄は、メッキが剥がれるが如く脆く儚い。
その逆に、無垢の本体を兼ね備えて居れば、磨けば磨くほど輝きを増し、接する者に感動を与える事が出来るのである。

川浅ければ氾濫し、深ければ海に注ぐ。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

[慈福の私感]
謙虚さを忘れないこと。
これは、私が大事だと思っていることです。
傲りたかぶる時、学びから遠ざかり、自分は○○より上などとつまらない事にとらわれてしまいます。
ありがとうございます 慈福




[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-07-18 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)