金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教812 寺社仏閣のお詣り


神社仏閣のお詣り

手水をとって手を清めます。
それから、左手の平にて水を頂いて口を清め、最後に残る水で柄杓の手元を清めます。

当然の作法ですが、知らない人も多い。

参道を仲間同士で広がって歩く姿は、他の参拝者にも迷惑である事を考えて頂きたい。

参道は真ん中が神仏の道である事を理解し、節度ある参拝をする事が望ましい。

昨今パワースポットが流行して居るが、パワースポットに踏み入って様々な不調を経験した人も少なくない。

では、何故不調に陥ったのか説明しましょう。

例えば、あなたの家に来客があったと考えて下さい。
その来客が、礼儀もわきまえていない不躾な人の場合、あなたは心良く受け入れられますか?
そして、その人の願いを聞き入れられますか?
答えは、個々に違うでしょうからお考え下さい。

私の元に、一人の相談者が来られた時の話である。

最近、何をやってもうまくいかない、身体の調子も良くないと言う相談である。

本人に聞いても、思い当たる節が無いと言う。
私は霊査を試みました。

これ相談者は、他の人から良いと言われればお詣りに出かけて願い事をする。
を、繰り返していたのである。

お詣りをする事は、決して悪い事ではない。

しかし、相談者の場は致命的な事を忘れて居たのです。

それは、自分よがりな行動である。
お願いはするが、忘れてしまって御礼参りを一切して居なかったのである。

例えば、他人にお願いをして、後は知らぬ顔。
それでは、誰からも相手にされなくなるのは当たり前なのと同じである。

神仏の場合、例え遠方であろうとも、翌年には必ず御礼参りが必要です。

どうしても行けない場合は、郵送でも良いから御礼申し上げる事が必要である。

従って、無闇にパワースポットや神社仏閣にお願い事をするものでは無い。
これを理解する事が望ましいのです。

私は相談者を諭して反省を促しました。
それから、御本尊様を通じて諸仏諸尊に謝意を込めて御供養申し上げました。

そして、その日は終わりました。

それから、しばらくして相談者が来訪されました。

あれから好転し、今は好きだった人と結ばれました。と報告がありました。

礼を尽くせば、礼に救われた事例でありました。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



パワースポットという言葉に惑わされすぎて、お寺や神社はお願いをしにいくところだと思っている人がいる。
お寺や神社は神仏を祀る場所であり、ありがとうございますという感謝の気持ちでお参りさせていただくことが大事です。
相手を敬えば敬われるように、一方通行なお付き合いは何も良いことがありません。
相手を敬い、理解しようと思う心が大事であると感じます。
ありがとうございます 慈福


[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-06-12 06:00 | 赤不動明王院便り