人気ブログランキング |

金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教810 教育者が隠蔽


教育者が隠蔽

教育委員会がイジメ事実を隠蔽とは、教育の場も地に堕ちた感がある!

口ではイジメ問題撲滅を謳いながら隠す。

許せる事ではない。

私の幼い頃にも、イジメ隠しが日常化していた!

私の家は貧しく、私も栄養失調で産まれた。

身体が小さかった事もあり、よくイジメの対象になった事を今でも忘れない。

その頃は教科書も有料で、お金を用意出来無い私は、皆と同じ様に予約出来無い事でもイジメの対象になった事を覚えて居る。

小学校の給食が始まった時、給食費が払えない生徒の名前が黒板に書かれ、
私は給食を食べる事を辞めた。

ひとり校庭で、給食が終わるのを待った。

その頃からである。

私が武術を真剣に取り組み《弱いからイジメられる》と理解し、強ければ良いと
思った少年時代があった。

今は65歳を過ぎ、心を重んじる爺いだが、不正や隠蔽を知る時、血が湧き上がるのは今も変わらない。

では、何故?
人間は、今の時代も傲慢や隠蔽に躍起になるのか。

それは、心の學びを置き去りにして来た報いである。
e0392797_21334454.png
かの大偉人、二宮尊徳翁を知る者は現在僅かで在ろう。

修身教育は軍国主義に利用され、現在では廃絶の感がある。

私は若い頃から、孫子、呉子、孔子の教えを好んで學んだ。
更に心霊學を學んで独自の境涯に達した。

學びは心の栄養である。

心の栄養を無視してつまらない物質思想に凌駕される時、人は本質を忘却する。
そして、欺瞞と傲慢に終始する道を自ら選択する事になるのではないだろうか?

我々は、人生の代表選手である。

この事を、今一度考察してみるも、己が人生を有意義に生きる方法ではないだろうか。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



何か問題が発生したときの対応は、
主に二通りあると思う。
1つ目は隠す。
隠すことは、場合によってはその起こった問題をもみ消し、なかった出来事とする。
なので反省することもなく、いずれまた同じ事を繰り返すだろう。
2つ目は徹底的にその問題を追及し、話し合う。問題を直視する事は苦しいことでもあるし、イジメであれば学校の責任も問われることもあるだろうが、子供達の将来を考えたとき、加害者には人間として恥ずべき行いをしていることを自覚して欲しい。
ありがとうございます 慈福

by fudou8jifuku28 | 2018-06-09 06:00 | 赤不動明王院便り