金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

数珠、念珠の使い方

眞澄稲荷日和からの転載です。

e0392797_14023993.jpg

数珠(念珠)は、師僧の手作りです。
私は赤不動明王院より念珠を迎えました。

一生物の法具である念珠をお迎えしませんか?

簡単な数珠の計算方法を解説して参ります。
①数珠に手で触れて、分かる印を付けて、真言を唱えた回数を把握します。
②専用の念珠があれば、最高です。
専用の念珠を持つことで、回数に氣を取られずに専念する事が出来ます。
④数珠の球を指先で、一つ弾いて一回とします。

例えば、十回でやめたい時は、十の球に目印の球を配置します。
印でも、大丈夫です。

⑤何故、印を付けるか?
回数に氣を取られて、本質を忘れ無い為の工夫なのです。
安心して念じ、集中するには、ただ一点に想いを込めて行う事が大切なのです。
また、それが雑念を寄せ付けない秘訣でもあるのです。
画像は師僧と密教本念珠です。
e0392797_13553322.jpg

e0392797_13553317.jpg

e0392797_13553493.jpg

e0392797_13553462.jpg

e0392797_13553424.jpg

数珠は計算機
数珠は、本来計算機なのです。
それが、進化し、現在ある様に様々な変化を遂げて来ました。
中でも、密教念珠は房を五色にし、地水火風空を表現することにより、密教の独自性を強調して居るのです。


フルオーダー二連式念珠ブレスレット
水洗いできます。
二連式は、無限大∞ を表しています。

[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-04-06 19:00 | 仏像及び法具