金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教779 当院の宝物


当院の宝物

当院は、皆様もご存知の通り祈祷専門寺《単立》である。

祈祷専門寺は、様々な難問を解決に導く使命を果たす為、法具に関しては全て本物を使用します。
e0392797_09143575.jpg
中でも、宝剣《不動明王剣》は全て本身《真剣》である。
三鈷の柄は全て無垢の真鍮製で細かな彫金もあります。
重さは3㎏。

全て銃刀法許可書付き、中でも、研ぎから帰って来た大刀の両刃剣は、他に類を見ない長さと威厳を兼ね備えた名刀である。
e0392797_09141124.jpg
その他にも、摩利支天刀、鬼切丸、日本刀だけで十五振りを所蔵して居る。
では、何故本物で無くてはいけないか、その理由をお話しよう。

例えば、熊と出遭って襲い来た時、偽物で倒せますか?

霊も同じ、と私は考えます。
e0392797_09133269.jpg
日本刀の作刀を目の当たりにすれば、理解出来るはずである。

凄まじい火花がほとばしり、火花を物ともせず槌を振るう刀匠《三人》鬼気迫るものがある。
e0392797_09120934.jpg
私の知り合いの刀匠《関、藤原》は、成田山新勝寺の宝剣《大小、二振り》を打ち上げた名匠である。
正に、全身全霊を傾けなければ不可能な芸術である。
e0392797_09123513.jpg
その他、仏具、法具は、教王護国寺《東寺》国宝のレプリカを一手に託される名匠が作り上げた、逸品である。

この道を志す人は、本物を持って貰いたい。と云うのが私の信条である。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



赤不動明王院の刀は、実際に加持祈祷に使用されています。
私には、赤不動明王院で加持祈祷に使っている刀は、青白く光っているように見えるときがあります。
赤不動明王院の法具、仏具は素晴らしい作りです。素晴らしいものは、飽きることなくずっと観ることができます。
ありがとうございます 慈福

[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-03-13 06:00 | 赤不動明王院便り