金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教773 御本尊様の眷属


御本尊様の眷属

眷属とは、御本尊様の命を受け、あらゆる難問を解決に導く凄まじい力を持つ天部の仏である。

当院の御本尊様は、赤不動明王尊《両頭愛染明王尊》の法応身である。
両頭愛染明王尊は、一般には知られて居ないが明王の王である。
e0392797_15570700.jpg
赤不動明王院 両頭愛染明王尊

閻魔天、荼枳尼天、数え上げたらキリが無いほどの御眷属が控えておられます。

そして、
感応された方々に福徳を授け、しあわせに導きます。

人間は勝手なもので、
自分の願いが叶わなければご利益が無いとか言い、他の仏に移りの繰り返し。

それでは、終生ご利益など期待出来無いで在ろう。


以下の体験談は、体験者、本人の了解を頂き公開するものである。
尚、名前や地域は個人情報なので、伏せて進めるものである。


ダキニ天様がいらしてから、何だかお財布が侘しくなりません。
収入は特に変化が無いのに不思議でした。

e0392797_09322547.jpg
香合仏・荼枳尼天尊
職人さんの手彫りです。美しい菩薩のお顔だちです。

考えて見ましたら、私が元気になって食事の献立を考えるのが苦で無くなりました。
自然に支出が減っています。

後、今までになく高価な注文が有りまして、昨日お渡しして即日代金を頂きました。
有難い事です。


また、今日は吃驚する事がございました。

親しくさせて頂いている方が、私が茶道を始めたと聞いて、秘蔵の黒楽茶碗(未使用)と瀬戸焼の利休座像を破格の値段で、しかも或る時払いの分割で譲って下さったのです。
否や応も無く、
「さああ、持って行きなさい!」で、譲っていただく事になってしまいました。

e0392797_09300741.jpg
稲荷御幣・・稲荷御幣・幣串(舎利入り・赤不動明王院にて開眼供養)
※お迎えの条件…眞澄で香合仏の荼枳尼天尊、もしくはご尊像をお迎えの方に限ります。

見様に依っては押し売りっぽく見る方もいらっしゃるかと思いますが、私が自分から「欲しい」とは言わない人間で在る事を知っての好意であると思って居ます。

黒楽茶碗は地元の老舗茶舗で看板品になって居たものです。
利休座像も同じように立派な物です。


本来ならば私のような身分(経済状態)の人間には、決して縁の無い御品です。
此れも、御縁を頂いた。と言う事でしょうか。

以上がご信徒の〇〇さんから頂戴した体験談である。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



両頭愛染明王尊は、両頭とあるように頭が二つあり、自分から観て、右が不動明王、左が愛染明王という強そうなお姿をしています。
そして御眷属さまは、お不動さまの命を受け、私達のためにお働きになられます。

一説には、
人間世界での1年は、仏様の世界では1日であると聞いたことがあります。人間界と仏様の世界では、時間の流れが違うようです。
人間は日々を時間に追われ、早ければ早いほど良いとか、大きな利益ばかりを追い求め、自分の思い通りにならなければ、怒ってみたり...

これは人間が一番という考え方からきているのではないだろうか?

仏様は私達の願いを聞き、そしてその人に一番良い解決策を見いだす。
自分の願った願いがそのまま叶わなかったとしても、何年後にみれば、納得のいく結果となることもある。

人間が現在、何年後、しかみていなくとも、仏様は何十年後の私を、自分だけではない周りの人も含めた幸せを考え、動かれているのではないかと私は最近思うようになった。
だから、仏様におまかせいたします。となるのだろう。
ありがとうございます 慈福



[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-03-02 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)