人気ブログランキング |

金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教772 不安は何故起こる


不安は何故起こる

不安を感じる事は、誰しもあるだろう。

しかし、
漠然とした不安感に捉われ、自身の精神まで不安の渦に包まれては、精神を病むだけで何の解決にもなりません。

むしろ、あなたの不安は何処から来て居るのか、どうして不安なのかを自分自身に問うてみる必要があります。

例えば、金銭的な不安なのか?
人間関係に不安を感じて居るのか?
夫婦間の不和から来る不安なのか?
職場に関する不安なのか?

人によって様々で在ろう。

しかし一言で言うなら、
漠然とした不安感なら、忘れて美しい物を鑑賞し、美しい音楽を聴きなさい。
気持ちが癒されます。


そして、対処可能な不安感であれば適切な対応をお勧めします。

難しい事は言いません。

それも出来無いのであれば、
ノートに不安要素を書き出し、優先順位を付けて一つ、一つ解決の努力をしていれば必ず無くなります。

但し、自分は貧乏だから苦しむのだ、自分は何々が無いから、とか言う悩みや不安感であれば、自分の傲慢さを反省する事である。

例えば、金が無い、金が欲しいと言う不安感なら、仕事を増やし、増やした分の収入を浪費せず貯金すれば良いだけである。

人間の欲望ほど際限のないものは無い。

私は20歳で親を亡くし、帰る家も無いところから今を築いて来ました。
決して平坦な人生ではなかった。

しかし、嘆いても泣いても、帰って来ないのが過去である。
ならば、前を向き、進むしか無いと考えます。

人生は學びの場。
楽しい事ばかりが続けば、人は學びを忘れて怠惰に生きるで在ろう。

怠惰に生きた者は、他を誹謗中傷する事で己れの存在感を示そうとします。
誠に哀れな生き方である。


これを指して、人生の無駄使いと言うのであります。

あなたの人生を輝かせるか腐らせるかは、あなたの心次第なのです。

それでも、迷い、不安が拭いきれない無い場合は私に相談して下さい。


南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


慈福の私感
不安になると、いつもは気にもしていなかったような、ささいな事が不安によって増幅され、不安に捕らわれてしまうこともある。

なぜ不安なのか?と原因を考えることは、不安解決の糸口となる。
そこに自分の乗り越えるべき、課題が見つかることもある。
ありがとうございます 慈福



by fudou8jifuku28 | 2018-02-26 06:00 | 赤不動明王院便り