人気ブログランキング |

金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教766 躾



躾とは身が美しいと書くが、本当の躾とは、立ち居振る舞いを含め、心の躾であります。
e0392797_23235847.png
幾ら、着飾り、立ち居振る舞いが出来て居ても、心の躾が出来て居ない場合、本当の美しさは表現出来ません。

昔の言葉に、人品骨柄卑しからずと言う言葉がありますが、正に、
言い得て妙なるものがある。

金を持ち、着飾り、清楚を演じても、心卑しければ気品無し。

気品とは、心が織りなすオーラ《後光》である。

オーラなど私には見え無いから関係無い、と考える方は別として、
何故、仏像には光背がついて居るのか?

例えば、不動明王尊の光背は火焔。
大日如来尊の光背は円形。


それは、卓越した技量を有する先人達が後世に伝えるべく、能力を屈指して表した、芸術とも言える仕事のおかげである。

何事にも言える事ですが、努力もせずただ安穏として居ても、得るものは無いばかりか、理解も及びません。

オーラを自身の眼で確かめたければ、訓練をする事である。

弛まぬ努力を重ね続ける事に依り、卓越した技量も身に着くのです。
棚から牡丹餅など無いのだから。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


いくら金を持ち、着飾り、清楚を演じても、心卑しければ、どこかでメッキが剥がれるものです。
たとえお金がなくとも、ひたむきに頑張る姿をみると、美しいと私は感じます。
そこには、お金では計れない価値があります。
ありがとうございます 慈福


by fudou8jifuku28 | 2018-02-18 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)