金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教763 千体仏

千体仏

私は、チベット密教の僧侶《ラマ僧》と30年前から親交がある。
現在はダライ・ラマに同行し、チベットには住してはい無い。
その事情は、
少しでも歴史と国際情勢を知る者なら分かるはずである。

あの時代の弾圧を知った私は、我が身の無力さを恥じて涙した事を鮮明に覚えて居る。

何故いま、千体仏なのか。

空に輝く星を数えられますか?
千どころでは無い事は、誰にでも解ります。
千を地上に置いた時、一瞬で数えられる人は居ないように、凄い数である。
e0392797_00253679.jpg
例えば、密教寺院の千灯供養。
仏教の千灯供養全て、供養心の現れである。

当院では、新たな千体仏供養を予定して居ります。

それは、チベット密教の僧侶の協力に依り実現します。
今この場では発表を控えますが、他の場所では実現が難しい事であります。

今、私は実現に向けて、奮闘中であります。

これを実現出来る事は無上の喜びであり、皆様に貢献出来ると信じて止みません。

実現出来た暁には、千が二千、星空の様に供養の心が広がる事を祈り、今日も祈りの道に邁進して参ります。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


空に輝く星は、周りが明るい場所では綺麗に見えない。周りが暗いからこそ、星は綺麗に見える。
暗い世界に光が入るとき、光の有り難さを知る。そして自らを照らす道標となる。
ひとりひとりの思いが、仏様となって具現化される。ひとりの力は弱くとも、結集すれば大きな力となるのでしょう。
ありがとうございます 慈福


[PR]
by fudou8jifuku28 | 2018-02-11 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)