金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教769 先祖供養の大事

先祖供養の大事

私達が忘れがちなのが、先祖供養である。

今、私達が存在して居るのは、親が居て、御先祖様が居たからなのです。

数学的見地から観ても、私達が個々に存在出来るのは、千人以上の先祖が居たからです。
その先祖を忘れ《親も含めて》唯、一人で大人に成れた訳ではありません。
e0392797_18341128.png
よく、開運を願う人がおられますが、先祖をないがしろにして開運など無い事を知って頂きたい!

例えば、あなたが誠心誠意尽くした人が、あなたを忘れて自分が一番と豪語し、傍若無人に振る舞いました。
やがて運尽きて苦界に彷徨い、怨みの中に喘ぐとき、あなたは救いますか?
本気で反省した者には救いの手を差し伸べるかも知れませんが、生半可な者に差し伸べますか?

その逆に、普段から仏を尊び、先祖を敬う者が窮地に陥った時、あなたが先祖なら黙って居られますか。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


もし貴方が、先祖なんて関係ないと思えば、先祖も私達には関係ないと考えるだろう。
その反対に、ご先祖さまに感謝の気持ちをもって敬うとき、ご先祖さまも応援しようとされるだろう。

沢山のご先祖さまのおかげで、今日の私が存在している。そして両親は自分に一番近く、ともに学び合う一員である。

子供として、両親に幸せになって欲しい。
と思うのは、自分を育ててくれた恩であり、先祖供養にも繋がってくるのではないだろうか?

自分ひとりの力で産まれ、育ってきた人はいないのだから...
ありがとうございます 慈福



[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-02-23 06:00 | 赤不動明王院便り

眞澄稲荷からのお知らせ

眞澄稲荷日和からの転載です。

e0392797_19474394.jpg
青銅製ベビーガネーシャさま守りをプレゼント致しております
ベビーガネーシャさま到着です。
ただいま眞澄では、合計1万円以上お買い物をしてくださったかたへ、こちらの青銅製ベビーガネーシャさまを返礼品として差し上げております。
赤不動明王院より到着致しました。

こちらは浄化の祈祷後、お守りとしてのご祈祷を致しております。

■おすすめの組み合わせ*その1
赤不動明王院勤行集(3,500円)+ご仏徳入り精油ブレンド「祈りの雫」ルームスプレータイプ1本(6,500円)=10,000円
祈りの雫の種類は、ご自由にお選び下さい。


■おすすめの組み合わせ*その2
ご仏徳入り精油ブレンド「祈りの雫」(1ミリ遮光瓶タイプ)2本セット 10,000円
祈りの雫の種類は、ご自由にお選び下さい。


■おすすめの組み合わせ*その3
ご仏徳入り精油ブレンド「祈りの雫」(ルームスプレータイプ)2本セット 12,000円
祈りの雫の種類は、ご自由にお選び下さい。



■こちらひとつでプレゼント致します

【一般向け:秘法集】密教恋愛秘法集 10,800円


■こちらひとつでプレゼント致します
香合仏・荼枳尼天尊(赤不動明王院にて祈祷済・携帯用袋付)16,200円


■こちらひとつでプレゼント致します
稲荷セット(赤不動明王院にて祈祷済荼枳尼天尊香合仏・スタンド・御幣及び幣串)25,710円
※スタンドは御守仕様をご希望の方にはつきません。ご了承ください。

ご注文は眞澄のオーダーフォームよりお願い致します


[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-02-21 20:00 | 眞澄提供メニュー

密教768 魔の刻

魔の刻

誰でも経験があると思いますが、
一度ある事は、二度、三度とあった事。

良い事で有れば歓迎だが、良くない事が続いた時、あなたならどうしますか?

①気にせず過ごす。
②一日、嫌な気持ちで過ごす。
③用心して早めに家に帰り、静かに過ごす。



これは、③が正解である。

昔から間を外す《魔を外す》なのである。

意地を張り通すなら、好きな様にやれば良い。

但し、それに寄って人生を無茶苦茶にした事例を私は沢山見て来ました。

例えば《実話である》
私が、君は一週間以内に事故《自動車》を起こすから、一週間は自分の運転に細心の注意を払うか、運転自体を自粛しなさい。
と、注意したことがある。


そうしたところ、裏で嘲笑っていたのである。
彼は3日後に事故を起こし、大変な償いをする事になったと親御さんから聞かされた。

その他、行ってはいけないパワースポットに行った事例。
他の者が落として行ったものに憑依され、その後の人生を無茶苦茶にされた女性達。
私は、パワースポットは性が合えば安全だが、合わない事もある。と再三再四、言い続けて居る。
が、未だにパワースポットに無防備な状態で行く人が後を立たない現実に、警鐘を鳴らして居る。

簡単なものは、簡単な結果しか得られ無いのである。
真摯に修行を重ね、向き合う時に解るで在ろう。

いい加減な、怖いもの見たさは辞めましょう。

パワーなどと言うカタカナ言語を捨て去り、日本語の持つ言霊を真摯に學ぶ時、理解出来ます。

あなたは、何方を選びますか?

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 
院主永作優三輝


二度あることは、三度あるという言葉がある。良くないことが立て続けにおきたとき、注意しなさい。という意味なのだと私は思います。

パワースポット...
パワースポットに代表されるように、外ばかりにパワーを求めていないだろうか?

作用と反作用があると...
パワーを求めて行くのなら、反作用も考えなければならない。

外ばかりにパワーを求めるのではなく、自分がパワースポットになれば良いではないかと最近考えるようになった。
自分がパワースポットになるというのは、ちょっと大げさかもしれないが、
身近な事でもできると私は思う。
たとえば、
和やかな笑顔を見せる。
ありがとうございます。という言葉

笑顔、感謝の気持ちは、他者に元気を与えてくれます。そして回り回って自分も段々と元気がでてきます。
自分の内なる力を信じることは、とても大きな力になると思います。
ありがとうございます 慈福

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-02-21 06:00 | 赤不動明王院便り

密教767 新たな試み

新たな試み

これから真剣に學びを深めたい方々を対象に新たな試みを始めます。
私がこれから教え様として居る事は、簡単に何々を教えますと言った、インスタント的な事では有りません。

言わば、
専門祈祷全般を指す事である。
私も寄る年波、何時迄も現役では無い。
最後には、全てを伝える者が必要であり。
また、私が習い覚えた秘法を伝える為にも、必要である。

当院所蔵の経典群は、全て本物である。
その道のプロである、学芸員が認める文書ばかりであります。

現在、一部は、我が一門の精鋭に依り、現代語訳にする為、奮闘中である。

何故、現代語訳にする必要があるのか?
私や一部の者は、漢文でも簡単に理解出来ますが、一般の方々は、どうであろうか。

密教が理解されず、闇の中にあったのは、漢文とサンスクリットの難解さからである。

密教は本来、庶民救済。
皆さんが救われる為の教義なのです。

一部の特権階級だけが独占出来るものでも、するものでも無いのである。

しかし乍ら、難解なのも事実である。
また、
伝授を受けるにも様々な制約があるのも現実であり、在家では灌頂もままなりません。

増してや、本物の経典《秘法》など夢のまた夢である。

何故か?

阿闍梨以上でなければ、観る事も教えて頂く事も出来無いのである。

これが密教界の現状である。
私は、これから庶民の為の密教を確立します。

そして、真剣に學ぶ方々の為に今回から新しい道を開きます。

真剣に學びたい方々は、御一報下さい。
霊視してからお返事させて頂きます。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝

お問い合わせ先は、下にあります。

慈福の私感
今まで、阿闍梨以上でなければ、観る事もできないような仏様、資料、法具を、赤不動明王院では公開してきました。
そのたびに、私は密教の奥深さを知りました。
そして密教、仏像への関心も増えました。

例えば、一般的に異形仏といわれている仏様は、
何故、この形をしているのだろうか?
成り立ちを調べてみると、なるほど、と納得できるようなものがありました。

そしてあるときには、仏様と仏様の間に、私の知らなかった繋がりがあることも知りました。

調べることで(本を読む程度ですが..)、理解も深まり、仏さまが身近な存在に感じます。そして有り難さを感じます。

表面だけを見て、異形仏で片付けるのは簡単です。
しかし、そこで終わります。
自分で学ぶことで開かれていく世界があることを知りました。
ありがとうございます 慈福





[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-02-20 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教766 躾



躾とは身が美しいと書くが、本当の躾とは、立ち居振る舞いを含め、心の躾であります。
e0392797_23235847.png
幾ら、着飾り、立ち居振る舞いが出来て居ても、心の躾が出来て居ない場合、本当の美しさは表現出来ません。

昔の言葉に、人品骨柄卑しからずと言う言葉がありますが、正に、
言い得て妙なるものがある。

金を持ち、着飾り、清楚を演じても、心卑しければ気品無し。

気品とは、心が織りなすオーラ《後光》である。

オーラなど私には見え無いから関係無い、と考える方は別として、
何故、仏像には光背がついて居るのか?

例えば、不動明王尊の光背は火焔。
大日如来尊の光背は円形。


それは、卓越した技量を有する先人達が後世に伝えるべく、能力を屈指して表した、芸術とも言える仕事のおかげである。

何事にも言える事ですが、努力もせずただ安穏として居ても、得るものは無いばかりか、理解も及びません。

オーラを自身の眼で確かめたければ、訓練をする事である。

弛まぬ努力を重ね続ける事に依り、卓越した技量も身に着くのです。
棚から牡丹餅など無いのだから。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


いくら金を持ち、着飾り、清楚を演じても、心卑しければ、どこかでメッキが剥がれるものです。
たとえお金がなくとも、ひたむきに頑張る姿をみると、美しいと私は感じます。
そこには、お金では計れない価値があります。
ありがとうございます 慈福


[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-02-18 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教765 同氣法

同氣法

私は、同氣法については何回も書いて居るが、改めて書きます。

それは何故か。

笑い話しになりますが、私の弟子の慈優との話であります。

様々な経典に関する話の中で同氣法についての話になり、慈優が私に問いました。

『同氣法には、経典があるのですか?』

私は笑い飛ばしました。

経典に無い事を私は教えた事が無いからである!

例えば、同氣法について、
僧侶が『あるのなら出して見よ』と言うのなら、一言!

有った場合は、貴方は当院の下で、生涯務める覚悟がありますか?
あるのなら出します。


《当院の所蔵する文献は、全て国家が認める、学芸員が本物と認めた文献である》

但し、当院の所蔵する経典群を知らずに誹謗中傷した場合、それ也の償いをして頂きます。

私は本気である!
真面目に學ぼうとする人々への冒涜を、私は許しません!

話はそれましたが、
同氣法の経典はあります。

信用出来ない人は、来たれ!
お見せ申します。

但し、他を疑う行為には必ずお返しがある事を知らねばならない。
御免なさいでは済まないのが、大人の世界である。

その逆に、真摯に學びたい方々の為には全てを公開します。

そして、多くの方々が真の密教を理解して頂くのが、私の最高の願いであります。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


今回の記事をみて、慈優さんの問いから私も学ぶことができました。
○○経であれば、経典であるということはわかりますが、○○法となると、すぐに経典とは結びつきませんでした。

今までも、経典の裏づけがあったからこそ、赤不動明王院から銀製の仏像を出しました。
師僧が蘇婆呼童子経を読み解き、本物の仏さまを銀で造りました。
そして、その気持ちに応えた職人さんのおかげであったと記憶しています。
ありがとうございます 慈福


[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-02-16 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教764 いよいよ始動

いよいよ始動

当院所蔵の経典群が、解読班の精鋭によって現代語訳に解読される時が来ました。
e0392797_20090100.jpg
当院所蔵の経典群は全て300年以上前の貴重な資料であり、門外不出の資料ですが、密教の普及の為、全て公にします。
e0392797_20092792.jpg
そして、真剣に密教を學びたい人々の為に役立てます。
e0392797_20095451.jpg
最早、一部の人間が威張り散らし、有耶無耶な内に煙に巻いて居る時代は終わったのであります。
e0392797_20102401.jpg
弘法大師空海が渡来して広めた密教を、誰でも學べる時代なのである。
e0392797_20104809.jpg
昔の人は、まず読み書きが出来る人が少なかったので、必然的に経典を解読、理解出来なかっただけであり、
古語を現代文と訳を付ければ、誰でも理解可能なのである。
e0392797_20110769.jpg
越法だの、馬鹿げた迷信によって他見を免れた時代の遺物では無い、本物の経典を私は世に出します。

当院の資料《経典群》は、博物館の学芸員が見れば本物だと分かるものばかりである!

監修などせずに、原文と現代文をそのまま載せます。

後は、皆さんの向学心の有無だけである。

もちろん、向学心がある方々には、私が直接指導をします。

但し、不思議好みの方や、商売目的の方はご遠慮下さい。

真剣に密教を學びたい人々の為に、今回から始める事にしたのであります。

人間は學ぶ事に依り成長し、學びを実践する事によって解脱も可能になります。

机上の空論を大言壮語する輩は、私の寺には必要無いのであります。

真摯に學びを深めたい方々は、今から私の刎頚の友である。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝

赤不動明王院所蔵の経典群が、解読班の精鋭の方々によって解読されています。
経典群は300年以上前の貴重な資料ということで、そういった貴重な資料を観る事ができるのは、本当に嬉しい事です。


[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-02-15 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)
2016年5月...
赤不動明王院から、お不動さまを迎えた。
赤不動明王院での私の歩みは、不動明王尊の見護り本尊を迎えることからはじまった。
当時、赤不動明王院では、自分だけの護り本尊(旅仏)という企画があった。
私が旅仏を迎えたのは、それまで家にある仏壇で仏様にお参りしていたが、自分の部屋でゆっくりとお参りすることができないだろうか?
と思うようになったため、赤不動明王院からお不動さまを迎えることにした。
e0392797_18163697.jpg
赤不動明王院 旅仏 不動明王尊立像

ちょうど旅仏を迎えた時期は、慣れない仕事をしていたこともあり、毎日のように注意を受けて自信をなくしていた。そんな中で自分の支えとなる仏さまにお参りしたいと思うようになった。
旅仏は、12cm程の厨子付きなので、簡単に持ち運ぶことができ、部屋でお祀りする事もできる。
仏さまは、不動明王と聖観世音菩薩のどちらにしようか迷ったが、密教163のブログをみてお不動さまにした。

密教163 御本尊赤不動明王尊
天部はおろか、明王部の頭領でおわせられる、赤不動明王尊様のお力は無限大であります。
地獄の王、閻魔天様も、御眷属様なのであるのです。
正に無敵。

赤不動明王尊様は、またのお姿は両頭愛染明王尊なのです《一般には、公開されてい無い明王尊》
慈悲の力は、観世音菩薩以上と思われます。
私達に一番近く、親しみやすい仏様なのです。

幼い頃、私は他県で数年間を過ごしていたことがあった。
アパートの近くにはお寺があり、よく家族でお参りにいった。そのお寺には不動明王尊もお祀りされていた。
私も手を合わせていたことだろう。

今思うと、最初にお不動さまをお迎えしたのは、幼い頃お不動さまにお世話になっていたことがきっかけだったのかもしれない。

ありがとうございます 慈福

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-02-13 19:00 | 慈福の記録

慈福の記録について

慈福の記録は、赤不動明王院での慈福の歩みを綴ります。
すべて実話です。

読者の方が、少しでも仏様を身近に感じ、仏教、密教、霊的真理を学ぶきっかけとなればと思います。 慈福
[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-02-13 18:00 | 慈福の記録

密教763 千体仏

千体仏

私は、チベット密教の僧侶《ラマ僧》と30年前から親交がある。
現在はダライ・ラマに同行し、チベットには住してはい無い。
その事情は、
少しでも歴史と国際情勢を知る者なら分かるはずである。

あの時代の弾圧を知った私は、我が身の無力さを恥じて涙した事を鮮明に覚えて居る。

何故いま、千体仏なのか。

空に輝く星を数えられますか?
千どころでは無い事は、誰にでも解ります。
千を地上に置いた時、一瞬で数えられる人は居ないように、凄い数である。
e0392797_00253679.jpg
例えば、密教寺院の千灯供養。
仏教の千灯供養全て、供養心の現れである。

当院では、新たな千体仏供養を予定して居ります。

それは、チベット密教の僧侶の協力に依り実現します。
今この場では発表を控えますが、他の場所では実現が難しい事であります。

今、私は実現に向けて、奮闘中であります。

これを実現出来る事は無上の喜びであり、皆様に貢献出来ると信じて止みません。

実現出来た暁には、千が二千、星空の様に供養の心が広がる事を祈り、今日も祈りの道に邁進して参ります。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


空に輝く星は、周りが明るい場所では綺麗に見えない。周りが暗いからこそ、星は綺麗に見える。
暗い世界に光が入るとき、光の有り難さを知る。そして自らを照らす道標となる。
ひとりひとりの思いが、仏様となって具現化される。ひとりの力は弱くとも、結集すれば大きな力となるのでしょう。
ありがとうございます 慈福


[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-02-11 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教762 密教塾

密教塾

e0392797_10203238.jpg
私は迷いました。
密教塾の一端をここで語るべきか否かを。

しかし、現状の日本がここまで荒廃して来たのを見て、語ります。

今の日本は、カルマの渦の中にある。

関係無い人を誹謗中傷し、悦に至る餓鬼《亡者》
最早人間の皮を被った、死人である。

理性のカケラも無い輩が闇を闊歩して居る現状は、尋常では考えられません!

この現状を只の言論の自由と思う人達が居るとしたら、日本は遅かれ早かれ破滅するであろう。

何故か?
正常な判断基準を失って居るからである!

六十を過ぎた爺いが、ボケた頭で考えても解る事が分からない者は、正に餓鬼以下と言わざるを得ない。

私は、私塾、密教塾を通じて《前進、純密學舎》を通じて、たくさんの弟子を拝出して参りました。

卒業生には後に、会社経営者、弁護士、医師、僧侶になって様々な分野で活躍して居ります。

霊界の法則を熟知し、密教の教えを熟知し、各分野で私が教えた事を生かしてくれて居ります。

私は今後、現在の密教塾に置いて、霊界の真理を依り深く指導して行く事を決意しました。

今後、密教塾では、
何故、自分がしあわせを求めるのか?

何故、何に視点を当て、掘り下げて参ります。

全ては、現状の日本人が知らない事である《諸外国は、知って居る》

遅れたり、否定する者は本当の科学を知らない者である
但し、巷で云うスピリチュアルでは無い。
スピリチュアリズムである。
間違え無い様に!

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



霊界の法則を学ぶことは大事な事であると思います。スピリチュアリズムは、奥が深い世界ではないかと楽しみにしています。私はまだまだ知らない事ばかりですが、こうして教えていただけることに嬉しく思います。

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-02-10 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教761 荼枳尼天

荼枳尼天

荼枳尼天《稲荷神》には様々な逸話があるが、言い換えればこれほど素早く動かれる御神仏も少ないと言えます。

その秘密は御眷属にあると考えます。
御眷属は、皆さんもご存知の白狐
e0392797_18142731.jpg
眞澄稲荷 荼枳尼天

御祭神の命を受け動かれ、事を成就に導くお姿は、正に献身の一言に尽きます。

江戸時代に爆発的な信仰を集め、日本中に広がりを見せた信仰は他に類を見ないほどであります。

それも全て、御眷属の御祭神に仕える強さの表れである。
私の経験で言えば、お迎えになられた方々の家は隆盛を極めます。

どんな御神仏でも、折衷して頂けるまではお試し期間と考え、献身的に成る必要があると私は考えます。

お祀りしたから、直ぐに良く成ると言うのは、こちら側の身勝手

例えば、あなたが他人から頼み事をされたとします。
あなたは簡単に引き受けますか、それとも断りますか?

あなたは、様子を見るのでは無いでしょうか。

どんな事でも、まず考えて慎重に進めるのが理性的判断である。

御神仏も同じ事なのです。

但し緊急を要すると御神仏が判断された時は、直ぐに結果が現れる事も多々あります。

また、御神仏にも、得意不得意が存在する事を皆さんも知って置いて頂きたい。
e0392797_18134918.jpg
眞澄稲荷 荼枳尼天 眷属

例えば、水難を荼枳尼天《稲荷神》にお願いしても通じません。

神仏の世界にも、法則があるのです。

人間界でも、専門分野があるのと同じである。

全てに共通して言える事は、飽きず、怠けず、続ける事がやがて身を結ぶのです。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


眞澄稲荷の荼枳尼天さまは、菩薩の顔だちです。美しいですね。

躍動感ある荼枳尼天さまの姿に、仏師さんの技術力の高さを感じます。赤不動明王院と眞澄稲荷の旅仏や香合仏は、すべて手彫りです。
旅仏も、香合仏もしっかりと彫りこんであり、しっかりした中に、どこか暖かみを感じるお姿となっています。


密教では、曼荼羅というものがあります。
曼荼羅には、仏様が数多く描かれています。そしていつも仏様は私達を救おうとされています。人によって得意なこと、苦手なことがあるように、仏様にも得意、不得意があります。

仏様の得意な事は何だろうと考えるとき、一番簡単で解りやすいのは、利益というものではないでしょうか?

この仏様には~のご利益があるというのは、お寺などにお参りするときに、書いてあることが多いです。

一般的に、ご利益と言われるものが仏様の得意分野であると思います。仏様の由来などを調べるのも、色々な発見があります。
ありがとうございます 慈福


[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-02-09 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教760 カルマの増加

カルマの増加

政治家から一般人まで、今迄に無いほどのカルマ《因縁》を背負って居る姿が私には視える。

何故これほどカルマを背負って居る人が増えたのか?

それは自己中心的な人が増えた結果である。

このまま増え続ければ、恐ろしい結果を生み出すで有ろう事は、火を見るよりも明らかと考えます。

私の予言文を見て頂けば解ります。

人間は誰しも、しあわせを望みますが、
カルマを重ねれば重ねるほど、しあわせからは遠去かります!

以下は、一例です。
詐欺、誹謗中傷、クレイマー、偽装、犯罪者。
これは、最高にカルマを増大させます。

e0392797_10365568.png
馬鹿坊主の戯言と思う方は、続けるが良かろう。

必ず結果は出ます。
氣づいた時は、手遅れである。

凄まじいカルマ《因縁》の返礼を味わう事に成るのです。
これが、因果応報である。


その逆に、
貧しくとも先祖を敬い、神仏を尊び、他に優しい人の人生は必ず開華します。

言わば報われるのです。
光と影、陰と陽、貧富に繋がるのである。


自分さえ良ければ良いは、地獄道である。

日本には浅ましいと言う言葉があるが、本当に浅ましいのは上記にかいた行為である。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝

カルマというのは、行為、行動という意味もあったと思う。自らの行い、言葉、想いによって、人は良いこと、悪いことを積みあげている。
悪行の返りは大きい。
行った行動が、何倍にもなって自分に向かう。
そんな事はないと思われる人もいるかもしれないが、何か自分の行いに心当たりのある人は心から反省し、繰り返すことが無いようにしてほしい。

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-02-08 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教759 新たな躍進

新たな躍進





当院は、本日より新たな躍進に向けて進んで参ります。

正しい事を正しいと言え無いようでは、自身の生きた足跡を穢すのと同じでは無いでしょうか。

私は、ハッキリと断言して参ります。

そして、様々なイジメ、誹謗中傷を受けて泣く人達の盾と成り、場合によっては闘います。

全ての人に、自己を護る権利があります。

しかし、私の様に闘える人ばかりでは無い事も存じております。

昨今、会社や社会で誹謗中傷を受けて精神を病み、ある人は自殺に走り、ある人は自我を押し殺し、
唇を噛んで我慢し、やがて自己崩壊する人が激増して居ります。


その現実を見るとき、最早日本は、厚顔無恥な輩が魑魅魍魎の様に闊歩する、魔界では無いのかと考える時間が増えました。

他人の言葉じりを取って批判がましい言葉を投げかけ、あたかも正義の味方のように振る舞う輩には辟易する。

霊界の法則を真に理解した時、増長傲慢たる者は震え上がるで有ろう。

嫌なら見なければ良いだけである。

また、嫌いなら付き合わず、無視すれば事済む事なのである。

愛情の裏返しは無関心であり、無関心なら口を出す必要も無いのです。

例えば、職場に嫌な者が居るなら、誰よりも売り上げや利益を上げて行く努力をすれば良いのです。

やがてあなたは、他を引き離して成績上位者になれば良いのです。

その時、振り返れば、嫌な奴は遥か下方に居る事に気づくはずです。

要は、精力善用である。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 
院主永作優三輝




誹謗中傷を行い平気で人を傷つける。
その誹謗中傷する力を学びに、仕事に向ければ素晴らしい力が発揮されるのに、常に他人を誹謗中傷する事で、自分の地位を守ったり、優越感に浸る。
誹謗中傷は、恥ずかしい行いです。




[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-02-07 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教758 鍛錬

鍛錬

私は、同年とって六十四歳であるが、武術の鍛錬も怠らない。

文武両道に生きる、が信念である。
口先だけの卑怯者になら無い為である。
私が嗜む武術は、スポーツでは無い。
武術である。

以下は、私がこなす武芸である。
万力鎖、抜刀術、鎖鎌、唐手、その他、古武術は納めました。
現在でも、修練は重ねて居る。
e0392797_18344777.jpg

万力鎖


姑息な卑怯者には考えられ無いだろうが、身体を鍛える事は心をも鍛えるのである。

達磨大師が、軟弱であった中国僧侶に体力をつけさせる為に伝えた少林寺拳法。
本来は宗門の行であるように、軟弱な身体を鍛える事は、精神をも鍛えるのである。
e0392797_18344869.jpg

本気で鍛え上げた者は、卑怯未練を嫌います。
それは、何故か
姑息な手を使って勝ったところで、本当の勝利では無いと信じるからである。

身体が弱くとも、心は鍛えられます。
男女問わず、腕力の有無を誇張せずとも、精神は鍛え上げられるのである。

大切なのは、性根である!
性根が腐って居ては、鍛えるも何も無い。
あるのは、卑劣、姑息、愚劣の悪意しか存在しない。

強きを挫き弱きを助けるのが、真の強き者の姿である。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


鍛錬...
少しずつ鍛え錬ることによって、その人の持ち味、個性がでるのだろう。少しずつでも、前に進めば自分の糧となる。
姑息な手で奪い取った勝利に得るものは何もない。

自分を鍛えることは、知らないうちに自分を成長させる。
ありがとうございます 慈福


[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-02-06 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)