人気ブログランキング |

金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教1204 自爆のスイッチ


密教1204
自爆のスイッチ

昨今、自殺について語られる事が少なく成ったと思うのは私だけだろうか?
【統計、政府の対応】
私は思う関心と無関心を。
人間の心は脆い、悲しみ、苦しみの限界を超えた時、人は自爆のスイッチを押してしまう場合があります。
何処までがその人の限界点なのかは、私にも測る事は、難しいが、絶対に押してはいけないのが自爆のスイッチである。

自殺行為はリセットでは無い人生の中退である、やり直しは、生きているからこそできる事である。
人生はゲームでは無い、人生は究極の學びである自分を生き魂の友に繋ぐ経験を感動に転化する為の大切な旅なのである。

真実を知らず自爆すれば、のちに大変な後悔をする事になる、何故ならば自爆を考えて居る人は、死んだら全てが終わると考えて居るからであり死んでからも意識がある事を無視して居るからである。
人間は、死後、自分の意識がある事に驚き戸惑います。
さらに生前より意識が鮮明である事にさらに驚き戸惑います。
だから學びが必要であり自覚が大切なのである。
密教経典には死後の事が鮮明に解き明かされている、また一般の方々の學びに適しているのは、浅野和三郎先生が遺された心霊學講座書がお勧めである。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



悲しみ、苦しみは、目でみてわかる怪我とは違い、周りからは見えにくいものです。
そして、人によって同じ出来事でも悲しみ、苦しみの感じ方は違います。
苦しみを學びと思えるようになるまでは時間がかかります。
しかし、私達一人、一人に見守り応援してくれている方々がいるのです。

# by fudou8jifuku28 | 2019-08-25 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1203 ペットは心の友


密教1203
ペットは心の友

心の友である動物達は、私達に様々な事を教えてくれます。ある時は慈愛を、ある時は愛と命の學びを、それを學び取れるか否かは、あなた次第である。
どんな事にでも言える事だが學ぼうとしなければ學べ無い。支配に走れば傲慢に成り、愛を自覚すれば動物は愛に応えてくれます。

動物を扱う知人に聞いた話だが、可愛いさが先行して世話まで考え無いで動物を迎え入れる人が増えて居ると聴き心を痛めている。
一例を挙げれば仔犬を可愛いさだけで購入しその後の世話の大変さに投げ出す。
動物は物では無い命である、命を共に全うする事こそ愛と命の學びである。
動物を飼う買うは売買であるがその後に付いて考え共に生きるを考えて欲しい。
動物は、物では無い命である友であり家族である。

霊的に捉えれば學びの友であり互いに高め合う最良の存在なのである。

私の寺では様々な動物達の葬儀供養も行なっている関係上、別れを惜しみ泣き崩れる場面に遭遇する事は多々あります。
正に親子の別れ私の眼にも涙がにじむ事も多々あります。
そして供養を受けた動物達は育ててくれた親に感謝し昇天する時、親とのいとなみを感動に変えて旅立って行くのである。

そして新たなる霊的進化を遂げる為に修行の場に赴いて行くのです。
正に輪廻転生である人間が何故、生まれたかの神秘の全ての原点が其処にあるです。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



動物を買うということは、動物を飼うということです。人間と同じように成長し、病気になり、そして亡くなります。
日々の餌代、予防接種、日々の散歩をさせたりといったことも行わなければなりません。
そして、人間よりも短い寿命。
子犬、子猫の時代はすぐに過ぎます。
大きくなったとき、変わらず大切にできるのか?
成長したとき、大切にできるのか?
現実的に考えることを忘れてはいけません。
物ではないのだから...

# by fudou8jifuku28 | 2019-08-24 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)
d0359990_09084405.jpg

モロッコミントティの香りを表現してみました。
これは緑茶を入れたハーブティのことだそうです。
ペパーミントの香りは夏らしくていいんだけど、ミントの匂いってキツ過ぎるよね…。
という方には、ミント控えめで使いやすいかもしれません。

ミント×緑茶で心身ともにさっぱりしたいときにオススメです。

もちろん、赤不動明王院の祈祷済み。
従来通りの1ミリ瓶の他、無水エタノールで希釈したスプレー瓶もございます。

蓮管瓶1ml 5,500円
蓮15mlスプレー瓶  6,500円(ルームスプレー)



・緑茶~気持ちを穏やかにする

・檸檬~リフレッシュ

・薄荷~集中力を高める
d0359990_16553917.jpg
精油ブレンド 祈りの雫とは…。
調香された精油ブレンドに、赤不動明王院がご神仏さまの仏徳を入れた「新しい香りのお守り」でございます。


眞澄の精油ブレンドは、保存料・増量剤等が一切入っていない100%純粋な精油です。
お迎えくださってから1カ月以内にご使用くださいね。
無水エタノールで希釈したルームスプレータイプは3カ月を目途に使い切って頂くことをおすすめ致します。


*真澄の神仏系オリジナルブレンドとは*
真澄では、天然の精油をブレンドして真澄の完全にオリジナルな香りを作成致しております。
高波動で純度の高い、癒しと導きの一助となる香りのお守りです。
皆様に沢山の幸せが訪れますように。

*ご使用に際してのご注意*
精油のブレンドではありますが、商品化にあたっては「雑貨」としての扱いになります。化粧品や医薬品、食品ではありません。
特定の効果を保証するというものではありません。

・誤飲防止のため、乳幼児、ペットの手の届かない所で保管をして下さい。
・万一、目に入った場合は、直ちに水またはぬるま湯で洗い流して下さい。
・トリートメントオイルや手作り化粧品に混ぜての使用は控えてください。
・お肌への直接使用により異常があった場合、当方では責任を負いかねます。
・衣類や家具などに付着すると、シミの原因になることがありますので、ご注意ください。
・オイルは可燃性です。火の取り扱いには十分ご注意ください。

*使い方参考例*
・コットン等にオイルを少量なじませて、全身に香りがつくようにあおぐ。
・ハンカチや紙、お守りやクリスタルなどにつけて持ち歩く。
・アロマボールやディフューザーに垂らして、香りを拡散する。
・薄めて、エアフレッシュナーとして使用する。
(黄金比率はオイル1:水(もしくは無水エタノール)9の割合
・手帳やお財布に香りを移した紙を入れて持ち歩く。


*眞澄の精油ブレンドは、保存料・増量剤等が一切入っていない100%純粋な精油です*
お迎えくださってから1カ月以内にご使用くださいね。
無水エタノールで希釈したルームスプレータイプは3カ月を目途に使い切って頂くことをおすすめ致します。


# by fudou8jifuku28 | 2019-08-23 09:00 | 分院授与品 | Comments(0)

愛の學び命の學び

どんなに頑健な人でも一度病を得れば他の人のお世話にならざるを得ないで有ろう
例えば医師、看護師さんのお世話に成ります。
そして家族が居る方は、家族の暖かい心に癒されるで有ろう、人間は生きるも死ぬも誰かのお世話にならなければ果たせ無いのである。

その時、知る心が愛の學びである。

命の學び
この世に生を受け滅せぬ者は居ない、会うは別れの始まりどんなに愛し合って居てもいつかは、別れが訪れます。

狼狽え悲しみ嘆きの中に堕ちても亡くなりし者は、戻って来ません。
魂の存在を學び冥福を祈り静かに送り出す事が必要である、あまりの嘆きは亡くなった者が苦しむ要因になります。
何故ならば自分が死んだ事で愛する人を苦しめてしまったと思うからであります。

亡くなった者に贈る最良の方法は、自らが亡くなった者に心配を掛け無い生き方を貫く事である。
正心に目覚め精一杯の生き方こそ命の學びである。
命を軽んじ、ふざけた生き方を良しとする者に終生、命の學びを理解する事は、無い。
そして未来永劫、命の學びを理解し終えるまで苦しみ続けるのである。
命の學びを理解しようとする者には霊界は寛大である。
正しき學び正しき生き方にしあわせは訪れます。

理性、智性は、學びに依り得られる宝である。
南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



病にあるとき、健康のありがたさが身にしみます。
周りのあたたかさに触れます。
人は一人では生きていけません。
様々な支えがあるからこそ、生きることができます。
読んでいただきありがとうございます 慈福

# by fudou8jifuku28 | 2019-08-23 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)
d0359990_13513055.jpg

快癒

人間は生身。怪我もすれば、病気も患います。


しかし辛いのは御本人、そして家族の心配はいかばかりか。
ましてや癌に冒されたとなれば、抗癌剤投与に癌の除去手術。
大変な心労とお金と看病。
本人と家族は、まさに苦の真っ只中であります。

医師を信じて動くしか無い状況に、人はある種の焦りを感じます。
しかし、何も出来無いのが現実です。

此処でごく最近の実話を紹介しましょう。
《注、御本人の承諾を頂き書いています》

親孝行で信仰心の深いAさんは、お母様と一緒に病院に行きました。
《お母様は以前、肺癌を患い片方の肺を摘出して居るので検診》

そこで衝撃の事実が明らかに。
癌である。
検査を繰り返したが、病巣が大き過ぎて手術不可能と医師から告げられた。

医師は一つだけ方法があると云う。

抗癌剤を4回続けて投与し、癌を縮小出来れば手術は可能。

だが、1回の抗癌剤治療でも大変なのに、4回の抗癌剤治療に耐えられるか?
正に決死の覚悟である。

その日から、癌と親子の闘いが始まった。

抗癌剤の副作用に苦しむ母に、少しでも体力を付けさせる為に奮闘する娘。
彼女は仕事をしながら、寝る間も惜しんで奮闘した。

母と二人暮しの家庭。
母を看病出来るのは彼女しかいない。
彼女は愚痴一つ言わず頑張った。


そして見事に、4回の抗癌剤治療を親子で乗り切ったのです。

実は、彼女には強い信仰心がありました。
多年にわたり信仰を継続しているのです。

彼女は祈った。

『我が身に変えて母を助け給え』

朝な夕な、看病の合間に一心込めて御本尊荼枳尼天尊に祈った。


そして、手術の前夜にお印が降りた。
《何が降りたかはご想像にお任せします》

私は彼女の問いに、お印の意味を教えた。

そして手術、緊迫の刻。
お母様は手術室に入り、娘は祈った。


やがて手術は終了し、医師に手術の結果を聞く《成功です》
手術後の経過を見て退院の日を決めましょう。

2日目から、お母様は食欲を見せた。
驚異的な回復力は継続し、明日退院である。

医師も、高齢者の回復力としては信じがたい速度だと喜んでいる。
正に、お計らいの力が働いたのである。
母を想う娘の心が通じた実例である。


密教の呪術

密教の呪術は、強力であります。
密教では、様々なものを使役する呪法が数多く伝えられている。

例えば、イズナ《飯綱》管狐と言い、竹筒の中に入れて移動する怪である。
荼枳尼天法に於いては、もっと強力なものを使役し、放つ秘法が存在します。

戦国時代にはこれらの法を秘かに修して居たと、ハッキリ記録とした証拠が当院には所蔵しております。
それらの資料は重要機密であり、各藩が厳密に保管し、他藩や幕府に知られる事は無かったのです。
その逆に、幕府では大々的に、徳川三百年の呪術を天海に命じて挙行させた事は歴史的事実であり、現在も語り継がれている。

ちなみに、日光東照宮、上野寛永寺は有名な拠点と言えるだろう。
戦国時代の各藩は徳川の圧政に苦しみ、四苦八苦の財政に喘ぎ苦しみ、然りとて、表立って抗議行動は無論のこと出来ない。

現代でも、同じ事が言えるのでは無いだろうか?
其処で、登場するのが呪術である。

しかし、徳川も負けて居ない。
より強靭な術者を召し抱えたのが、歴史的事実なのです。

術比べは、現代でも行われて居ます。
例えば、企業間の販売戦争や、新製品の開発には、人知れず行われて居ます。
私の知る某財閥家の屋敷の一画には、聖天寺もかなわない、本物の聖天壇が存在して居るのです。


ちなみに、本物の聖天壇を再現するとして幾らくらいお金が必要か?
皆さんは、御存知ですか?

簡単に言えば、安いマンションが購入出来ます。
《聖天壇一式》だけです。
導師の祈祷料、指導料は、もちろん別です。

物欲

あれは、三年前の祈祷依頼から始まりました。

家に代々伝わる仏像を売却するので發遺して欲しいとの依頼。

「はっけん」とは、仏像に入っている魂を抜いて、魂を仏界にお帰り頂く儀式の事です。

依頼主の家に到着して、仏像を拝見しようと思い、家人に尋ねると、まだ美術館から戻って居ないと言うのです。
「美術館に貸し出す時に魂は、抜いてから貸し出したのではないのですか?」と言うと近所の寺に頼んでやったが、その寺の住職が亡くなった。
副住職も亡くなり、その噂が広まって何処の寺も引き受けてくれないと言うのです。

そうこうしている時、トラックが到着。
仏像が運ばれて来た。

家人は、慌てる様に私に魂抜きを迫った。
しかし拙僧は断った。

「今は無理です。まず壇を整え供物、その他の準備が出来てからでないと仏像に対して失礼である」

その旨を伝えると、10万払うから今すぐに遣ってくれと。
前もそうだった。
呆れました。

説明しましたが、今から仏像の買い手が来るので、早くカッコだけで良いから遣ってくれと。
私は、キッパリ御断りして帰りました。

あの仏像は、普通の仏像ではないのです。
荼枳尼天、稲荷、ヒンドゥーの女鬼で、乗って居るのが白狐でも九尾の狐なのです。

普通の家に祀るべきではない仏像であります。
此の家では、先代が立派な社を建て、お祀りしていたそうです。

しかし、代替わりして今の当主は無神論者。
社を取り壊し、その跡地に娘夫婦の家を建てたそうです。

家が完成して娘夫婦が入居し、一年も経たずに娘夫婦は病死。
現当主は、気味が悪くなって仏像を美術館に預けて居たそうです。

美術館からは再三買い取りの話がきたが、当主がもっと高く売れると考え、売りに出した。
しかし、買主が決まると買主に必ず不幸な出来事が起こるので、近くの寺に魂を抜く事を頼んだ。
だが、住職も副住職も相次いで死んだそうです。

以上は、出入りの植木屋さんが私に話してくれた事です。

仏像は信仰の対象であり、高く売れるから売ったも良いでしょう。
しかし仏像にもよりけりです。

荼枳尼天、それも九尾の狐。
私も驚きました。

白狐は普通ですが、九尾の狐に乗る荼枳尼天は驚きです。

稲荷神は眷属の狐が働き、沢山の福をもたらす事でも有名ですが、粗末にすると祟る事も事実です。

ましてや九尾の狐は、妖狐!
那須与一が弓矢で殺した妖狐が九尾の狐。
後に殺生石になり、人々を苦しめたと伝える伝説の九尾の狐です。

まさか普通の家に祀られて居たとは、思いもよりませんでした。

今、あの家も離散して、住人が何処に行ったかも分かりません。
仏像の行方も不明です。

私が祈るのは、あの仏像が一般の人に近付かないことです。


荼枳尼天

通称稲荷神は、商売繁盛の御利益で有名ですが、一度拝んだら一生、拝めと言われるほど、きつい神仏です。
が、本当にきついのは御神体ではなく、御神体で在る稲荷神が乗る眷属の狐なのです。

稲荷神の眷属にも階級があり、それは尾の数で分けられます。
九尾の狐は稲荷神の乗り物であり、眷属中では一番の実力者である。

稲荷神が九尾の狐に信者の願いを叶えるように命じ、九尾の狐が下の狐に伝え、下の狐がまた伝えるのである。
実に整ったシステムである。

しかし、信者が御神体を粗末に扱うと、御神体は平静だが下の狐が黙っていない。
あらゆる事が発生する。

私が頼まれた事例が、次の通りである。

稲荷神の社を取り壊して、アパートを建てたが、借り手が現れない。
次いで主人が他界。
三ヶ月後に長男が他界。
次男も病気で入院中で、母親も病気で自宅療養中である…。

その家の娘さんが愚僧の庵に相談に来られた。
全ての事情を聴いた私は、アパートで祈祷する前に霊視をする事にした。

やはり、眷属の狐が暴れている。

其処で一考、新たに社を建立する事を提案した。

病床の母親と娘さんでは結論が出ないので、親族会議を開き決めたいので、私にも出席して欲しいと頼まれる。
快諾して親族会議の場に出た。

私の勘が的中した。
何処の家にも要るが、科学至上主義人間である。

私は、頼まれたから出席したにも関わらず、疑惑の眼に晒された。
私は、迷わず退席して帰宅。

それから、二、三日して、あの科学至上主義人間が倒れて、私に謝りたいと言うのである。

私は、丁重に御断りしたが、どうしてもと言う病人の頼みと言うので会うだけ会う事にした。

再会して見ると、二、三日前に会った人とは、思えない痩せ方。
私には、直ぐに解った。
障りである。

病人が私の手を握り、先日の非礼を詫び、稲荷社の建築費用、その他を全額、自分が負担すると言うのである。
訳を聞いても、青い顔をして、訳を言わず終いである。

私は、申し出を実行すべく奔走した。

勿論、仕事は休暇を取り、宮大工と打ち合わせをして建築。
次は、知り合いの法具店に法具を発注。
次は、供物である。

米三俵、酒樽一位(いつい)三宝五に山海の物を盛り上げ、御幣を建て、いざ供養の日。
大変な人集りである。
まるで祭りの日です。

まず、今迄の稲荷神を召喚して、社にお入り頂く。
後に、稲荷大社から私が頂いて来た御霊にお入り頂き、この屋の護りとなって頂いた。

その後、不思議な事に病で倒れた方々が全員完治して、お医者様も首を傾げる程でした。

この件は、関わった人が信じる信じないは自由なのに、科学至上主義を振り撒いた結果の出来事でした。

今、その御宅は大盛況です。

御本尊様の眷属


眷属とは、御本尊様の命を受け、あらゆる難問を解決に導く凄まじい力を持つ天部の仏である。

当院の御本尊様は、赤不動明王尊《両頭愛染明王尊》の法応身である。
両頭愛染明王尊は、一般には知られて居ないが明王の王である。
閻魔天、荼枳尼天、数え上げたらキリが無いほどの御眷属が控えておられます。

そして、感応された方々に福徳を授け、しあわせに導きます。

人間は勝手なもので、自分の願いが叶わなければご利益が無いとか言い、他の仏に移りの繰り返し。
それでは、終生ご利益など期待出来無いで在ろう。

返還

最近、私は恐ろしい物を眼に致しました。
稲荷神の売り買いで御座います。
それも、あろう事か! 中古の稲荷神で御座います。

新品なら未だしも、中古で潑遣もされて居ない稲荷神なので御座います。

私は仕事柄、開眼されて居るか、潑遣されて居るかの区別はつきます。
その稲荷神は、二体とも、潑遣はされて居ないのです。

そして、恥をかいた事に怒り心頭でいらっしゃるのです。
この稲荷神を迎え入れれば、只では済まない事は言うまでも有りません。
当然、売った持ち主は、〇〇の報いが待って居る事は確実であります。

私は、過去に稲荷神の潑遣をした事が御座いますが、かなりの苦労を致しました。

現在は、稲荷神の潑遣は受けておりません。
稲荷神をお迎えし、尚且つ、効験に預かった方々が、もし自己の都合で潑遣する場合は、稲荷神の大神である稲荷大社に筋道を立ててお帰り頂く事をお勧め致します。

自分勝手な方法で返還しても、眷属が納得しなければ大変な災厄を被る事に成るのです。
どんな事でもそうですが、自分勝手な事は通らないのです。
円満に解決する為には、筋道を通す事が先決で御座います。
自分勝手は、人間界では通用しても、天部の神仏には通用致しません。

くれぐれも言わせて頂きます。

中古の稲荷神に限らず、古い物には用心が必要なのです。
安物買いは、後で高い物に成る事を忘れてはいけません。

あなただけでは、済まないのです。
一族に関わる事態に成った事例も、私は知っております。

古い物には、必ず前の持ち主のオーラが付着しているのです。
リスクを犯してまで、中古品を購入する必要があるでしょうか?

仏像でも、新品は高価で御座いますが、買えなければ買える努力をする方が、あなた自身にとっても何倍も得なのです。
中古の仏像や、中古品のお好きな方は、リスクも同時に手にした事をお忘れ無い様に。

荼枳尼天

荼枳尼天《稲荷神》には様々な逸話があるが、言い換えればこれほど素早く動かれる御神仏も少ないと言えます。

その秘密は御眷属にあると考えます。
御眷属は、皆さんもご存知の白狐。
御祭神の命を受け動かれ、事を成就に導くお姿は、正に献身の一言に尽きます。

江戸時代に爆発的な信仰を集め、日本中に広がりを見せた信仰は他に類を見ないほどであります。
それも全て、御眷属の御祭神に仕える強さの表れである。

私の経験で言えば、お迎えになられた方々の家は隆盛を極めます。

どんな御神仏でも、折衷して頂けるまではお試し期間と考え、献身的に成る必要があると私は考えます。
お祀りしたから直ぐに良く成ると言うのは、こちら側の身勝手。

例えば、あなたが他人から頼み事をされたとします。
あなたは簡単に引き受けますか、それとも断りますか?
あなたは、様子を見るのでは無いでしょうか。

どんな事でも、まず考えて慎重に進めるのが理性的判断である。

御神仏も同じ事なのです。

但し緊急を要すると御神仏が判断された時は、直ぐに結果が現れる事も多々あります。

また、御神仏にも、得意不得意が存在する事を皆さんも知って置いて頂きたい。
例えば、水難を荼枳尼天《稲荷神》にお願いしても通じません。
神仏の世界にも、法則があるのです。
人間界でも、専門分野があるのと同じである。

全てに共通して言える事は、飽きず、怠けず、続ける事がやがて身を結ぶのです。

祟り神

あれは、一通の手紙から始まった。
家族が次々に事故や病気で入院してしまい、今は一人暮らしで不安な日を過ごしている…と。

そして決定的なのが、二年前に祖父が亡くなり、異変が起き始めたのが一月前のちょうど祖父の命日。
父親が交通事故、しかも単独事故。
母親は掃除中に足首を骨折、兄は、職場で倒れ入院。
残るのは彼女一人である。

彼女には、思い当たる事がないと言う。
私は、手紙から視ることにした。

やはりあった!
誰も手入れをせず、ほったらかし状態の祠が…彼女の家の庭にあるのだ。

私は手紙に記されている電話番号にかけた。
すぐに彼女が出て、挨拶もそこそこに私は聞いてみた…
貴女の家に、祠はありますか?と。

彼女は少し考えて、そういえば祖父が信仰していた祠があります。
何処の神様か仏様か、解らない…と言うのである。

私が言った通りの場所に祠があったのである。
しかし娘さんではどうして良いやら、さっぱり解らない。
そこで、ご両親の退院を待つことにして、それまで彼女を護らなくてはならない。

女性では、私の部屋に泊めることも出来ない。
そこで、強力な護符と御守りを送ることにした。

それから半月後、ご家族が揃ったと知らせがあり、皆さんが愚僧に会いたいと仰るので、日にちを決めてお宅に伺うことにした。

約束の日、朝から雨が降る肌寒い日である。
電話があり、入院していた兄と妹、依頼者が車で迎えに来ると言うのでお願いすることにした。

私は法具と法衣を選び、迎えを待つことにしました。
迎えの車が到着。
一路、依頼者の家に向かう。

暫くして、日本建築の大きな邸宅前に停車。
ここが、依頼者の家である。

家の中に案内され、ご両親と面会。
早速、話しを聞いた。
あの祠は祖父が建て、亡くなる迄信仰していたと言う。

祖父が亡くなり、誰も手を出さなくなり二年間手入れもされていない…
私は家の中も案内されたが、他に障りのある所は見当たらない。

そして、祠の前に立った瞬間、めまいとも違う感覚を覚え、ある映像を見た…

それは、稲荷の眷属である。
狐が怒り狂うほど、怒った様相である。
内容は、次の通りである。

《祀る時はあれほど敬もうたに…今は、このありさまに…我らは約束を守り、この屋を繁栄させた。その見返りが、これか‼︎》
…と凄い剣幕である。

私は家人を集め、全てを話した。
このままにすれば、一家は離散します。

稲荷大社にお帰り頂くにも、大変な行事、つまり祭りを行い、稲荷大社に錦を飾る凱旋しかない。
もう一つは、家族で今迄の非礼を詫び、信仰心を持って毎日礼拝する方法である。

家族で協議の結果、毎日礼拝する事で決まり。

後は、愚僧の仕事である。
怒り狂う眷属を横に、直接、稲荷神にご挨拶して、稲荷神の了解を頂き一件落着です。

皆さんの周りは、大丈夫ですか?
敬う心なくして、仏像や神棚を祀るのは良くありません。

正しい知識と経験を積むことが重要ではないでしょうか?

家と土地

アパート、マンション、一戸建て、に引っ越しを考えている方、注意して下さいね。
出入りの激しい場所には、トラブルも発生します。

愚僧の元に家のお祓い依頼が入り、施主に内容を聞くと五階建てのマンション。
築五年、住民の家賃不払い、入居者不振、その他トラブル有り、問題だらけだそうです。

ざっと施主に話を伺って霊視すると、
マンションを建てる前は長屋で、みんな楽しく暮らす情景が浮かんできた。
その中には施主の姿もあった。

その中でも気に成った事があり、深く霊視すると祠と寝たきりで動けない人の姿も。

施主にその話をすると、祠は有ったが、よくわからない?
寝たきりの人は、一人は自分の母親で、一人は入居者だと云う。

母親は亡くなり、入居者の事は分からないと云う。
問題なのは、祠と入居者の事である!

入居者は、涙を流し怨んでいる。
施主は、入居者が何も言えない状態を良い事に、施設に入れてその後死亡。
立ち退き料は一切払っていない。

祠は、稲荷神が祀られていて、お帰り頂く為の祭禮も一切せずにユンボで潰したまま整地。
そしてマンションを建てた。
今は、敷地の何処に有ったか?

全てを施主に説明した。

まず、祠の稲荷神には祭禮を行い、然るべき稲荷大社にお帰り頂く事!
浮遊霊に成った元入居者の浄霊供養!
新たに産土神を召喚して、新たな結界を張る!

全て施主に説明した後、施主が聞いた。
いったい幾ら掛かるのか?
お金の心配だけである。

全く自分のした事の反省も、後悔も無い。
あるのは自分のお金が減ること。

愚僧は、決断しました。
「今回の事は、大寺院にお願いして下さい。私では、扱いきれません」

すると、大寺院では大変な金がかかるだろうから、お供物を減らして安くやってくれと云うので、ハッキリお断り致しました。

先日、電話があり、税金の滞納でマンションが競売に掛けられるが、祈祷で何とか?…
即座に御断りしました。

何と自分勝手な考え方しか出来ない人であろう!
今、愚僧が懸念する事は、やがて競売に掛けられたマンションが他に渡り、誰かがマンションに入居する?
入居する方の身に何も起こらねば良いが…。

被る

皆様が神社仏閣に願をかけ、又は初詣で誓いを立て、神仏に願い、成就した時は必ず御礼参りをして下さい。
神仏は、貴方の願いに応え、成就させたのです。




成就のメカニズム

神仏は、貴方の願いを直接的にはお聴きになりません。
眷属、僧侶、神官を通してお聴きになり、下知されます。
その時に、直接的に成就の為に働かれるのは、眷属であります。


解り易く説明すれば、稲荷神にお願いしますと、眷属である孤霊が稲荷神の命を受け、願主の願いを叶える為に走り廻ります。
そして願いが叶い、皆様は御利益を受ける訳です。
これが成就のメカニズムです。

それが成就をしたのに、御礼参りもせず忘れたとします。
眷属は、自然霊です。
情は、ありません!
あるのは、御本尊様の為に働いた事実のみです。

眷属は働いたのに、願いを掛けた本人が御礼参りもしない?

例えば、皆さんが誰かに頼まれ事を受けて、働いた事が上手く運んだ…
しかし、頼んだ相手は知らん顔?

皆さんは、どう思いますか…?


自然霊は、無機質です。
例え初詣、その他でも、お願い事をして、成就した時は当たり前に御礼参りをして下さい。
また、自分の思い通りの結果にならなくてもお参りをして下さい。


何故、自分に取って、良い結果が出ていないのにお参りをするか?
友達の頼みで動いて、結果が出なくても動いた事実は残ります。

それで、友達が貴方を、ダメな奴と評価したとします。
貴方は、その友達と、今迄のように付き合えますか…?

これが、メカニズムです。





# by fudou8jifuku28 | 2019-08-22 09:00 | 密教の諸尊について | Comments(0)

密教1201 犯罪の横行


密教1201
犯罪の横行

昨今の犯罪は残虐であり眼を覆いたくなる様な事も少なく無いが何故、人間がそこまで出来るのか?
犯罪者の動機も曖昧無知な者が急増して居る様に私は思う。
全ての犯罪を霊的要因に結び付ける気は私には無いが、では何故と問われた時、明確に答えられる方々はおられますか?
他人事と何処かで考えているから突き詰めて考え様としないのでは無いだろうか。
今や安穏と出来無いと私は考えている、

それぞれの方々が理性と知性を屈指してどうするべきかを考え自主的に行動すれば必ずや結果は導き出されたます。

一例を挙げれば、自らの言動と行動を慎み励むべし。
言動は言霊と知り、行動は隠徳を積むと心得、學びを深める事は、自らのしあわせへの道である。
しあわせを望みながら言動と行動が伴わなければ絵に描いた餅にも成りません。
正に自らを愛せない者が他を愛することも出来無いのである。
自らを愛する事で言動も行動も変化して行くのである。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


言動は言霊と知り、行動は隠徳を積む

人は他者のために何かをすると、見返りを求めてしまいがちです。
しかし、他者に良い言葉をかけ、他者を想う気持ちで行動するとき、それは自分の成長でもあり、自分のためになると思います。
常に自分中心では、殺伐としたものしか生まれません。
周りに目を向けることが大事だと思います。

# by fudou8jifuku28 | 2019-08-22 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)
d0359990_15160726.jpg


あなたがそこにいるだけで、心が洗われる。
楽な方へ逃げて、言い訳をしたくなっていた自分に気付かされる。

出逢ってくれてありがとう。
一緒にいてくれてありがとう。

匂い菫を主人公に紡いだ新しい祈りの雫は、そんな風に思える心の友をイメージしています。

もちろん、赤不動明王院の祈祷済み。
従来通りの1ミリ瓶の他、無水エタノールで希釈したスプレー瓶もございます。

蓮管瓶1ml 5,500円
蓮15mlスプレー瓶  6,500円(ルームスプレー)


・バイオレット…コミニュケーション力を上げる

・ハニーサックル…心を鎮め、直観力を高める

・ラベンダー…感情の癒し
d0359990_16564366.jpg


精油ブレンド 祈りの雫とは…。
調香された精油ブレンドに、赤不動明王院がご神仏さまの仏徳を入れた「新しい香りのお守り」でございます。


眞澄の精油ブレンドは、保存料・増量剤等が一切入っていない100%純粋な精油です。
お迎えくださってから1カ月以内にご使用くださいね。
無水エタノールで希釈したルームスプレータイプは3カ月を目途に使い切って頂くことをおすすめ致します。


*真澄の神仏系オリジナルブレンドとは*
真澄では、天然の精油をブレンドして真澄の完全にオリジナルな香りを作成致しております。
高波動で純度の高い、癒しと導きの一助となる香りのお守りです。
皆様に沢山の幸せが訪れますように。

*ご使用に際してのご注意*
精油のブレンドではありますが、商品化にあたっては「雑貨」としての扱いになります。化粧品や医薬品、食品ではありません。
特定の効果を保証するというものではありません。

・誤飲防止のため、乳幼児、ペットの手の届かない所で保管をして下さい。
・万一、目に入った場合は、直ちに水またはぬるま湯で洗い流して下さい。
・トリートメントオイルや手作り化粧品に混ぜての使用は控えてください。
・お肌への直接使用により異常があった場合、当方では責任を負いかねます。
・衣類や家具などに付着すると、シミの原因になることがありますので、ご注意ください。
・オイルは可燃性です。火の取り扱いには十分ご注意ください。

*使い方参考例*
・コットン等にオイルを少量なじませて、全身に香りがつくようにあおぐ。
・ハンカチや紙、お守りやクリスタルなどにつけて持ち歩く。
・アロマボールやディフューザーに垂らして、香りを拡散する。
・薄めて、エアフレッシュナーとして使用する。
(黄金比率はオイル1:水(もしくは無水エタノール)9の割合
・手帳やお財布に香りを移した紙を入れて持ち歩く。


*眞澄の精油ブレンドは、保存料・増量剤等が一切入っていない100%純粋な精油です*
お迎えくださってから1カ月以内にご使用くださいね。
無水エタノールで希釈したルームスプレータイプは3カ月を目途に使い切って頂くことをおすすめ致します。


# by fudou8jifuku28 | 2019-08-21 09:00 | 分院授与品 | Comments(0)

密教1200 煽り運転


密教1200 煽り運転

愚かな行為は続いている、馬鹿者は懲りないのである。
何故、煽り運転をする者や他に対して威嚇する行為は、畜生以下である。
例えば煽ったり威嚇した相手が強者だったらどうするのか?尻尾を丸めて縮こまるのが関の山である。
相手が弱いと思えばつけ上がり強い相手には尻尾を丸めて懇願する外道である。

普通の人がもし上記の 様な者に遭遇した場合は、直ちに110番に通報しましょう。
社会の屑には罰と反省が必要である。
霊的観点から見ても野放しにして置けば犠牲者が増えるばかりでは無く行為はエスカレートしやがてとんでもない犯罪を引き起こす種になる。

警察に通報する事は、何らも問題は無い私の寺では、防犯連絡所と警察協力所の看板を掲げて日夜協力体制にある。
私は武術家でもあり住職でもあるが痛ましい事件がこの世から一掃される事を心から願う者である。
犯罪を見て関わりたくないから、警察の人が面倒だからの理由で犯罪者を見逃す事は、やがて自分にも降り掛かって来ないとは、誰にも言い切れません。
なれば時間を割いても捜査に協力して犯人を逮捕して貰い平和に貢献するのが私達の務めでは、無いだろうか。

警察は協力者の安全は、完全に保護します、迷惑行為や違反、犯罪行為を許さない社会こそ安心して暮らせる環境だと私は、考えている。
これから生まれて来る子供達や、今いる人達が安心出来る社会にする事も私達の責任では無いでしょうか。
南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



あおり運転をして、車を止めさせ文句を言うだけでなく、殴るといった暴行を行うという犯罪行為。
もし運転手が女性だったら、恐怖で抵抗はできないだろう。
そしてその犯罪を止めるわけでもなく、動画を撮影する同乗者。
報道を見て、理解できないと思いました。

運転手と同乗者は、自分たちは正しいと思っているからこそ、そんな行動をとったのかと思うと、ぞっとします。
自分本位の果てだと感じました。
理性をもち、反省と感謝で生きることが大事ですね。

# by fudou8jifuku28 | 2019-08-21 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1199 不満の罠


密教1199 不満の罠

今年も猛暑が続く、私の子供の頃は、まだ暑さも日陰に入れば過ごせた時代であったと記憶して居る、クーラーも無い時代であり唯一有ったのが扇風機である。
でも夕刻になればそよ風が吹き縁側でスイカを食べる風景が津々浦々で観ることが出来た時代でした。
昨今ではクーラーが必需品である。しかしその中で暑さに晒され他人への怒りと不満を募らせ悶々として居る者は、怒りと不満を増大させて居るのである。
普通で考えればそんな環境を改善する為に頑張り変えて行くのが当然と考えるが、不満しか持たない者はそうは、考えず全て他人に責任転換するのである。

そして怒りを増大させて行く言わば逆恨みであり誠に情け無い限りだがこれが現実である正に不満の罠である。

これは特異な者だけに起こる訳では無い
例えば自殺行為はあるスイッチを押してしまった瞬間に発生するのである。

私の知人である警察関係者は語る。現行の犯罪者の犯行動機が全くわからないと、正に罠に掛かった獲物を捕らえるようになんら感情が無いのである。私はこれを霊視、分析した時、戦慄を覚えた。

最早、人でありながら人では無いのである、人間がここまで残虐に成れるか?
しかし彼等にはこの常識は通用しないのである。
すなわち完全憑依である、完全憑依とは、本人主導で招いた結果である。

但し私が何年も前から提言して居るように犯罪者をただ単に死刑に処してはいけない、魂の自由を与えるだけである。

方法論は模倣を避ける為に割愛するが、完全な反省をさせる事が先決なのである。
南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



自分への反省という感情よりも、他者への嫉妬、怒りといった感情のほうが多いように思います。
隣の芝生は青いという言葉がありますが、努力で積み上げたものは、崩れることはありません。
人から奪い、悲しませて取ったものは脆く崩れ去るでしょう。
読んでいただきありがとうございます 慈福

# by fudou8jifuku28 | 2019-08-20 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1198 無


密教1198

何も無い、何も持って無い、友達も無いつまら無いと考えなかった人は幸いである。
しかし上記を経験したから今があるのです、全てに満足する事などありません。
人間だからである、私は欲を否定しません、欲があるから成功を夢みて頑張り発展へといざなうのである。
しかしながら欲とは、厄介なものなのも確かである、欲をかき過ぎれば破滅が口を開けて待っている。
しかしほどほどを知る時、しあわせが直ぐ其処にある事に気づくのも確かである。

私達は皆、産まれた時は裸であります
正に素とも言えます。しかし時の経過と共に欲を知りある者は無い事を嘆き、ある者は無い事に妬みを覚え、ある者は奪うに走り犯罪者に成り下がるのである。

成り下がった者に理性は通用しないあるのは欲に凝り固まった餓鬼の魂である。
餓鬼の魂は更なる餓鬼を呼び膨れ上がり最終的に凶悪犯と化して行くのである。
そして最後は地獄で未来永劫に後悔の渦に飲み込まれて行くのである。
現時点で何も無いは幸いである、両手に何も持って居ないからこれから何でも持てるのです。
無とは本来の自分に帰りこれからを迎え入れる大切な器なのだから。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



生まれたときから有るしかなければ、無いになったとき、とても苦しむだろう。
無いということは、有るを知ることができます。
無いことを悲しんでも、有るわけではありません。
自分が掴んだものこそ、喜びが得られます。

# by fudou8jifuku28 | 2019-08-19 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1197 水子供養


密教1197 水子供養

様々な事情と状況に依りこの世に生まれる事が出来なかった小さな霊、又は生まれても長く生を全う出来なかった小さな魂を優しく包み抱きしめたい、しかしそれも叶わない寂しくもせつない母心。
e0392797_22355698.jpg

賽の河原地蔵和讃

これはこの世のことならず死出の山路の裾野なる賽の河原の物語きくにつけても哀れなり二つや三つ四つ五つ十にもたらぬ幼子が父上こいし母恋し恋し恋しと泣く声はこの世の声とは事変わり悲しさ骨身を通すなりかの嬰児の所作として河原の石を取り集めこれにて回向の塔を積む一重積んでは父の為ニ重積んでは母の為三重積んではふるさとの兄弟我が身と回向して昼は一人で遊べども日の入りあいのその頃は地獄の鬼が現れてやれ汝らは何をする娑婆に残りし父母は追善供養の勤め無くただ明け暮れの嘆きには酷や可哀や不憫やと親の嘆きは汝らの苦患を受くる種となる我を恨むる事なかれと黒鉄の棒をさしのべて積みたる塔を押し崩すその時能化の地蔵尊ゆるぎ出てさせたまいつつ汝ら命短くて冥土の旅に来たるなり娑婆と冥土はほど通し我を冥土の父母と思おて明け暮れ頼めよと幼き者を御衣のもすその内にかきいれてあわれみたもうぞ有難き未だ歩まぬ嬰児を錫杖の柄にとりつかせ忍辱慈悲の御肌へにいだき抱えて撫でさすり哀れみたまうぞ有難き。
南無延命地蔵大菩薩

出来る事ならこの腕の中抱きしめたい、しかしそれも叶わぬ夢、せめて回向【供養】したい、そう考える時が回向の時であります。
当院では、そんな哀しい想いを癒すため水子供養を謹修しております。
当院には延命地蔵菩薩尊が鎮座されており水子になられたおさなごを霊界へと導きます尚、諸事情に合わせて御供養申し上げております。
御供養をご希望の方は、当院にお問い合わせ下さい。
全ての情報は極秘にて執り行います、御安心下さい。
南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



私には、上にもう一人兄弟がいるはずでした。
生まれてすぐに亡くなり、今はお地蔵さまの墓石の下で眠っています。
お墓にお参りして、お地蔵さまの頭を撫でるのが好きです。
先日のお盆には、お墓掃除をしてお地蔵さまに線香をあげ、お姉ちゃんいつもありがとう。と思いながら手をあわせていました。
お地蔵さまは、苦しみの中にいる親と子を救ってくださいます。

# by fudou8jifuku28 | 2019-08-18 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1196 除霊浄霊


密教1196 除霊浄霊

当院では現在、連日、加持祈祷に明け暮れる毎日である。
現在、何故、除霊、浄霊の依頼が多いのか?
皆さんは、お判りになりますか、それは普通の方々が心霊に対して學び理解を深めた結果である。
では何故、急激に様々な加持祈祷依頼が増えたのか、それは、普通な方々がエナジー的感覚を理解しつつあるからである。
例えば、少し前にはパワースポットブームがあったが今は余り話題にもなら無い。
何故ならばパワースポットとは、エネルギー体であり合う合わないが生じるからである結局カタカナ語に乗せられたお祭り騒ぎである。
しかし当院に依頼される方々は、それぞれに表現は難しいが悩み苦しみ自分ではどうにも出来ない事を理解されておられます。

それは取りも直さず少なからず霊的エナジーを理解して居るからである。
幾ら努力しても上手くいかない
良かれと思い行動しても逆に取られてしまう
好きな人に裏切られる、様々な苦しみは何処から来るのか?
私は決意しました、様々なお悩みを解消すべくカリキュラムを組み皆さんが自由な時間帯で學べる方式を現在、作成中です。

古式密教に基づき個別に履修可能な次第であります。
予定は、今月中に応募を開始し、九月上旬に受講出来る様準備中です。

若干の遅延は御容赦下さい、己が生きるに知るは最良であり知らぬは闇夜を彷徨う如きであると考えます。
率先して知らぬ事を學び自らを高める事は心の栄養に繋がるのであります。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



パワースポット、不思議を求めているだけでは、得られるものはないでしょう。
人には理解されない悩み、苦しみ。
その解決策を求めて、學ぶこともあると思います。


# by fudou8jifuku28 | 2019-08-17 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1195犯罪と未浄化霊


密教1195
犯罪と未浄化霊

犯罪と未浄化霊【悪霊】の関係は無視出来ないのである。
皆さん考えて頂きたい、昨今勃発して居る犯罪事案に他を関係無い人まで巻き込む動機が有ったと断言出来ますか?

 動機はあやふやである、正に狂気の沙汰である、では何故、一連の事件の狂気が頻発するのか、正に魂の低さによる憑依現象と言わざるを得ない。
人を不幸にさせて喜ぶものは、未浄化霊に憑依された狂人である。


今こそ我々が心霊世界を學び心霊學的観点からも見据える眼を持って考える時だと私は考えます。

ただ単に怖いとかに眼を背けても真実は、見えて来ません解明する努力と學び無くして明らかにされる事は、無いと考えます。

學びは誰にでも開かれた道であり堅苦しく考える必要もありません。
言わば浅きを知らずば深きを知る事も無いのである。
どんな學門にも言える事だが初めから高等な問題を解ける訳などありません。
正に長い階段を一歩づつ登る時、頂上に到着する様に日々の積み重ねが大切なのである焦らず慌てず自らの速度で登る時、あなただけの真理を知るであろう。

上記の學びは、他と競う事も試験も有りません、存在するのは、知る喜びである。
南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



人を悲しませても平気でいる。
動機もわからず、理解できない犯罪が増える中で、心霊學から見ることも必要だと思います。

# by fudou8jifuku28 | 2019-08-16 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1194 祈祷行脚


密教1194 祈祷行脚

悲しき浮遊霊
それは、ある相談から始まった、私の寺にある一通の手紙が届いた、内容を読んで氣に成ったので電話をするように連絡をしました。
後日、相談者と電話で話し私の感が正しかった事を知った
実は相談者の家族は、殺人者の手に掛かり殺されて居たのである。
殺人事件の概要はプライバシー保護の観点から割愛する。

相談者の言では、毎夜、殺害された家族が夢の中に現れ自分は死んで居ない犯人が憎いと言うのである。
私が視ると確かに居る、それも殺された時のままの服装である。
痛みも悔しさも殺された時と同じ感覚の中に居るのである。正に哀れ、このままでは、余りにも可哀想である。

私は、慰霊と浄化の加持祈祷を謹修する事を決意した事を家族の方々に伝え承諾を得ました。
そして亡くなった霊に納得して頂く事に主眼を置き次の段取りをご家族に提案した。
審神者【拙僧】霊媒師、立会人の三人を立てた本格的な慰霊である。

慰霊で最も重要なのは、死者の納得である、死者が真実納得して帰幽する事が大切なのは言うまでも無い常識である。
私は、一心を込めて勤め被害者を慰霊させて頂きました。

誠に痛ましい事件であった、二度とこの様な痛ましい事件が発生しない事を切に願わずには要られない。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



突然、奪われた命
本人はもちろん、遺された家族にも大きな苦痛であったでしょう。
時は止まり、亡くなったままの状態で過ごした苦しみ。
人を傷つけて悲しませる人間は、逃げても逃げきることはできません。

読んでいただきありがとうございます 慈福

# by fudou8jifuku28 | 2019-08-15 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1193 カルマ【因縁】


密教1193
カルマ【因縁】

悪いカルマは、雪だるまのように重なり合い増大します。
そして身動き出来無く成った時点で一気にのしかかって来る、これがカルマの恐ろしさである。
上記の事は、心霊學を少しでも知る者であれば当然の理である事はお解り頂けるで在ろう。
しかし乍ら未だ知らない人が多いのも現状である。
何故ならば多くの方々が熟知して居れば現界は大きく変わるからである。
イジメ、誹謗中傷をする者も激減し優しさと慈愛に満ちた社会が形成されるからである世界も同様である。

まず私達が自らの周りを正し優しさと慈愛に満ちた時、その影響力は他にも及ぶのである。他がやって良い結果を見てからやるは、誠に稚拙な考えでは無いだろうか。

善悪の判断は自分の中に内在する心の素直さである。
歪曲して判断しようと自己中心的に判断しようと真実は一つであり、やがて自分に反映される時は来るのだから。

自我自欲を繰り返し行えばカルマは増加しまた苦しみの境涯を送る事になるのである。
これが負のスパイラルである。これに氣づき改善することが出来るのは、あなた自身でしか無いのである。
カルマ解消は私達に与えられた宿題と理解し敬い尊ぶ心を育み新たなカルマを作らない事が何よりと考えます。
南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



他者に行ったことが、自分へと返ってくる。そんな自覚があれば他者を悲しませる行動は減るだろう。
自分が変わらなければ、周りも良くなることはない。まずは自分からですね。

# by fudou8jifuku28 | 2019-08-14 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1192 詐欺師の実例


密教1192
詐欺師の実例

私の元には様々な相談が連日寄せられて居ります。
中には皆さんの想像を絶する様な事例も少なくありません。その中でも詐欺事例は、巧妙かつ卑劣な事例が人々を苦しめて居る事を少しでも知って頂きたいと考え以下の実例を紹介するものである。

金に絡むのが詐欺師の特徴である。
ある人は資産家であるがゆえに狙われ、騙されてしまった。
その手口とは、親切を装い、男性女性に関わらず美しさを誇示し近づいて来ます。

蜘蛛の巣のように網を巡らしあなたに近づいて来ます。

甘言術策を用いてあなたを騙し懐深く忍び込んだ時、初めて本性を現わすのである。
e0392797_22482848.png
奴らは嘘が商売であり罪悪感など微塵も無いだから始末に悪いのである。

対策その1
軽はずみに自分の資産を明かしてはいけない。
お金の貸し借りはしない。
結婚をちらつかせ寄って来る者は警戒が必要。
儲け話しを出してお金を出させるは、詐欺と心得えよ。
そんな良い儲け話しなら他に話さず自分だけでやる筈だ。
電話で相手は、確認出来ないのだから無闇に信用してはいけない。
警察や公的機関は、電話だけで接触はしません。
例え相手が来ても必ず写真付きの身分証明書の提示を求める事、これは警察も同意見である。

大切な資産やお金、その他は自分が守らなければならないのである、防犯意識を向上させ被害者にならない様に氣を付けましょう。
南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



世の中には、様々な詐欺師がいます。
どの詐欺師も相手のお金を狙い、あの手この手で良い人を装い、お金を出させて相手の弱みを握り、脅しにかかるというものです。
どのような相手であっても、お金に関わる話をしてきた場合は、注意が必要です。

また一人で悩まず、何か変だと感じたら、すぐに家族、友人、警察に相談することが大事だと思います。
深みにはまり抜け出せなくなる前に…

# by fudou8jifuku28 | 2019-08-13 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1191 祈祷行脚


密教1191 祈祷行脚

憑き物落とし
その日、或る家からの依頼を受け向かって居た依頼者の家は、山合いなので車での移動である。
依頼者の家までもう少しで到着する直線道路でその現象が起きた突然左にハンドルを取られたのである。
横は崖。ハンドルを取られたままなら崖から転落していただろう【綺麗に舗装された道】私は、直感した今日の祈祷は長時間に及ぶで在ろうと。

依頼者のお宅に到着して直ぐに詳しく事情を聴いた後、素早く壇を組み加持祈祷に入った、一時間もしない内にそれは始まった。
加持祈祷を受けている本人が四つん這いに成りそのまま飛び上がったのである、それも高くである。
私はこのままではいけないと想い早九字を切り不動七縛りの法を掛け大人しくさせた。
畳の上で動け無く成った本人が次は訳の分からない言葉を発して家族を威嚇し始めたので明王の御力を借り調伏に到りました。
普通に戻った本人に聞いてみました。
あなたは、山の中で何かを遣りませんでしたか?
と聞くと、一言はいと言い話し始めました。
自分が好きだった人にふられたので腹いせにある事を山の中で遣りました。
【模倣を避ける為、内容は、割愛します】
それである。その時に動物霊に憑依されたのが原因である。何故、動物霊に憑依されたのか、低い波長で上記のような事をすれば当然である。
私は本人に百日間の行を命じご家族に協力して頂く様にお願いし、終了しました。
現在では、三人の子供を授かりしあわせに暮らしておられます。

人間は様々に間違え苦悩しそこから反省を導き出す時その後は変化します。
経験と反省の上に感動がある

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



他者に負の感情をぶつけるとき、その願いを叶えるのは、神仏ではない存在です。
そして幸せから遠ざかるだけでなく、自分も低級霊に憑依され、破滅へと向かっていくのです。

# by fudou8jifuku28 | 2019-08-12 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1190 依代【依り代】


密教1190
依代【依り代】

当院では、御祈祷を依頼された方々には、希望に依りお札や御守りを授与させて頂いております。
しかし昨今の住宅事情によりお札や御守りを安置する場所が無いなどの諸事情から辞退する方々が少なく有りませんそれはそれで良いのです。
しかし依り代の意味をご理解して頂く意味で今回の記事を書かせて頂きます。

①平安時代、人々は病に苦しみ事あるごとに悪霊【魑魅魍魎】の脅威に恐れおののきました。
②その時代に考案されたのがお札や御守りである。
③密教では、御本尊様の分け御霊である。
④何故、一年護りなのか?
一年は、区切り言わば事を新たにする意味がある。

⑤日本の文化は、一年を区切り言わばケジメを大事にして来たのである。

全てに於いて永遠なものなど存在しません、それこそ諸行無常である。

一年の感謝を込めて御守りお札をお炊き上げする事は、感謝の意を表す好意の表れなのである。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



日本では、季節の変わり目、節目に季節を感じ、神仏に感謝を捧げる行事が行われてきました。
節目を迎えることは、新たな明日への出発です。
一年の始まりは、新たな気持ちで進む良いときです。
御札、御守りに一年の感謝を伝え、また新たな気持ちでお迎えすることは、区切りとして大切です。

# by fudou8jifuku28 | 2019-08-11 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1189 祈祷行脚②


密教1189 祈祷行脚②

師僧の指示を受け私は、祠の正体を確かるべく走り周った始めは、雲をつかむ様な気持ちだったが調査する内に分かった事がある。
模倣を避ける為に具体的な方法は割愛するが、その時の経験は今の私にとって大切な要素になっている事は確かである。
その祠は武家社会時代に建てられたこの家には、必要な祠だったのである。
祠に安置されて居た中身を書く事は憚られるので割愛します。
幾日かが経過してようやく加持祈祷の準備が整い祈祷が行われました。

すると病で伏せっていたお子さんが起き上がり喋り始めたのである。
以下は、私の記憶の中にあるお子さんが喋った内容である
【この家を何代も護り続けた我らをないがしろにし在ろう事か祠まで打ち捨てた事は許し難い、、、】
ここで護摩の炎が一段と勢いを増し法を修する師僧に力が入った。

次の瞬間、お子さんは意識を失い布団に横たわる、加持祈祷も無事終了し、お子さんが目覚めたので先ほどの事を聞いてみた、すると自分は、寝て居て分からないと言うのである。
これは明らかに憑依である、師僧がそれ以上聴く必要は無いと言うので取りやめ、後は師僧のお話しに全員が注目しました。

覆水盆に返らず、無くなってしまったものは、帰りません。しかし心まで無くした訳では無い、敬う心と尊ぶ心は、普遍です。
深く御仏に帰依し御加護を望む時、御仏は必ずやあなた方親子を守護されます。
安心してこれからの人生を歩んで行ってください。
その時の親子の眼には涙が流れていた事を忘れる事は無い
あれから数十年の時が流れて今はお子さんが立派な跡継ぎと成り家を支えておられます。

無闇に古い祠や、今はお祀りして居ないので、いらない、捨てるは、お考え下さい。
ものには歴史や想いが篭る事が多々あります。
南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


祠は、その家の守りとして安置されてきました。そして敬われてきました。
神仏に関わることは、自分勝手な思いだけではなく、筋道を立ててすすめていかなければいけないのだと感じます。

# by fudou8jifuku28 | 2019-08-10 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教1188 祈祷行脚


密教1188 祈祷行脚

私は若い頃、修行の為、各地を歩いておりました。
そこで遭遇した様々な出来事を書いて参ります。
ある地方で突然呼び止められた事から始まりました。
お坊さん、家の者を診てやってほしいと言うのである。私は医学の心得は有っても医師では無い、しかしその方は違う意味で診てほしいのである。
頼まれるがままにお宅に伺いました。
田舎で有ってもかなりの旧家で在ろうお宅である。

そして感じられた事は、悲しみと怒りの念である、私はその事は口せず、家の中に案内されるがままに入りお話しを伺いました。
今はお子さんと二人きりで暮らしているが元は大家族であったと言う、ある日突然に一人亡くなり、それから次々に亡くなったそうである。

そして残った自分と子供も病気や怪我に悩み今迄きたそうである。
古い家だが敷地内にある真新しい建物に違和感を覚えたので聴いてみた、あの建物が建つ前は、何が有りました。
古い祠と井戸がありましたが主人が邪魔なので撤去すると言い業者に撤去させ、今の建物を建てたのです。

お爺さんの時代までは、祠を大切にしていたそうである、代が移りご主人が当主に成ってからは、供養事はして居ないそうである。
そして何年かした時から異変が始まった、今では二人暮らしこのままではいけないと考えて居た時、私が通りかかったので勇気を出して話して下さったのである。

私は判断した、私の力だけでは、無理だと家人の了解を得て私の恩師である師僧に連絡を取り指示を仰ぎました。
以下、次回、密教1189祈祷行脚②に続く。
南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝



代がかわると、考え方も変わってきます。
良くするか、悪くするか...
古くから大切にされてきた祠、井戸...
こういったものをどう管理していくか、どのように次に伝えていくのか...
敬い尊ぶことを伝えていきたいですね。

# by fudou8jifuku28 | 2019-08-09 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)