金剛山赤不動明王院、慈福のブログです。 學びを深めるため永作優三輝師僧の許可を得てリブログしています

by 慈福

密教906 靈視とは何か?


密教906 靈視とは何か?

靈視とは、普通では捉えられない言葉、事象、現実を的確に捉え、改善策を伝える事である。
私は、過去に数え切れないほどの事例を積み上げて来た。
その経験で言えば、大切な事を無視して来た結果である。

例えば、困った時の神頼みなど有り得ません。
普段から、敬い尊ぶ心を育み、やがて折衷の心を理解したならば、精霊も理解を示し、その者を守護するであろう。
摩訶不思議な事を口走り、信用される様な事はありません。

何故か?
摩訶不思議な事を口走るのは、真実を知らない詐欺師である!

当院に来て、私の靈視を受けた方ならお判り頂けると思うが、摩訶不思議な事を羅列して相談者を惑わした事はただの一度も無い。
相談者の方の悩みに真摯に向き合い、解決策を見出すのが当院の靈視である。

人間、困った時は不思議思考に走り易くなります。
そんな時は、出来るだけ冷静な判断をする様にして下さい。

あなたの家の先祖が祟って居る、は有り得ません!
先祖は、親の親である。
子孫がよほど酷い事をしない限り、祟る事は有りません。

私の経験で言えば、酷い子孫は増加して居るのが現実である。
例題を挙げたいが、長文になるので次回に持ち越します。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



普通では捉えられない言葉、事象、現実を的確に捉えるだけではなく、改善策を伝えるということは、難しいことだと思います。
視る、ことができるという人は多くいます。
しかしその情報を分析し、的確な判断をする事は、難しいものであると思います。

不思議を強調し、恐怖を煽る...

もし自分の死後、数代後の子孫から祟られているなんて言われたら...
と想像してみてください。

子孫を見護ることはあっても、祟ることはないでしょう。
先祖が祟ると言っている人は、よほど自分が御先祖さまに失礼になるようなことをしているのかもしれませんね。

先祖が祟ると言われても、あまり気にしすぎないことです。

読んでいただきありがとうございます
慈福


[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-23 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教905 予言


密教905 予言

当院ではここ数年の間、密教塾に於いて発表して居る。
が、来年の発表は希望者のみに配信する事に決定しました。
的中率に関しては、配信された方々が一年掛けて検証して頂けば良い事であり、此処で云々する必要はない。

予言とは靈界からのお示しであり、指針である。
自分に押し当て、転ばぬ先の杖にして頂く為に配信して居ります。

但し、予言が詐欺師の材料に成るならば、私は今後一切予言は伝えません!
真面目に指針として下さる方々の為ならば、喜んでお伝えします。

しかし、今の日本は、金、金。
正に餓鬼の群れの様相を呈して居る。
情報は、扱い方によっては毒にも薬にも変化します。
悪用すれば人を地獄に誘い、善用すれば予防となる。

では何故、善用と悪用が、並行するのか?
魂の問題である。
醜い魂に身を置いて、騙す事に喜びすら感じる畜生に身を置く者も存在して居る。
金の為に嘘をつき、平然として居る者が横行する。
正に、末世末法の世がではないでしょうか。

個人がやれば詐欺、大手企業がやれば偽装。
あなたは理解出来ますか?

例えば、誹謗中傷を趣味とする輩は、無機質な物質を宿す未浄化な者である。
私は逃げも隠れもしない!
正々堂々として居る。
私に挑みたい者が居るなれば、私はいつでもお相手致す。
但し、負けた者は逃げる事は許されないのが現実である。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


予言...
世の中には様々な予言があります。
身近なことから、災害に関する予言まで...

予言とは、人を不安にさせるものではなく、様々な出来事への心構えをするためのものであると思います。
読んでいただきありがとうございます

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-22 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教904 惜しい


密教904 惜しい

私は僧侶。
様々な御供養もさせて頂きました。
その中で、惜しい、勿体ないと思うのが自殺に依る死である。
その人には死にたいと思う気持ちが強かったのでしょうが、私には視えて来るものが沢山あります。
その時は死にたいほど苦しいでしょうが、耐え抜いた後にはしあわせが待って居たのである。
e0392797_23535178.jpg
やがて帰幽した時に真実を知る事になるのです。
そして、後悔と云う苦しみをも背負うのであります。
どんなに苦しくとも生き抜く時、魂は成長して逞しくなります。

その真実を教えてくれるのが心靈學である故、浅野和三郎先生が残して下さった。
心靈學は、真に學びを求める者への聖書となるであろう。

霊感、霊能が有っても、學びを深めなければ私感が入り乱れ、正しい鑑定が難しくなる場合があります。
しかし、心靈學を熟知して居れば、迷うことはない。
より的確な判断に繋がるのである。

私が存じ上げて居る本物の方々は、心靈學を熟知しておられる方ばかりである。
この様に素晴らしい學問であるにも関わらず、日本で余り知られて居ない事は残念である。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


真実を知っても、簡単にやり直すことはできない...
そんなことを死後、知ることになるのは悲しいことです。
もう少し生きていれば...

と後悔をするのでしょう。

体があるからこそ様々な経験をし、感動できるのでしょう。
もちろん、つらいこともありますが、いつか自分の歴史の1ページとして受け入れることができる力があるのだと思います。
読んでいただきありがとうございます
慈福

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-21 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

903 幸不幸


密教903 幸不幸

幸不幸の捉え方は、様々である。
では、幸とは何か、不幸とは何かを真剣に考える時、人は自分に都合の良い事を幸と捉えがちである。
そして、不幸は災いと捉えて忌み嫌います。

心靈學的に捉えれば、全ての疑問は疑問で無くなります。
が、今の日本で、何人の方が心靈學と真剣に向き合って居るか?
心靈學とは學門であり、オカルト的思想が介入できるほど安直なものではない。
心靈學の根底にあるのは科学であり、科学する心が無ければ、到底學べるものではないでしょう。

人は弱いものである。
自己と向き合い、過去を振り返り自問自答すれば、悲しい事、苦しい事、恥ずかしい事など様々である。
しかし、それらの事象を真摯に捉え、學べるのが心靈學なのです。
信仰と善行を重ね来るのが幸であり、ご褒美なのです。

そして不幸は、試練であり學びなのです。
これを乗り越えて行く事に依り、人は成長し、人格向上にも繋がるのである。

今、苦しみの渦中にある人達はたくさん居られると考えます。
絶望は愚か者の結論である。
私達は仲間なのです。
互いに励まし、生き抜く仲間なのです。

全ての答えが心靈學にはあります。
先人の教えを交えて學ぶ時、疑問は疑問でなくなり、如何に生きるかを見出す事が出来ると考えます。

買うお金が無い、勿体ないと思う方は、図書館なら無料です。
學ぶか學ばざるかは、自由である。

私は、密教塾でも心靈學を教えて居ます。
不思議思考に陥入る前に是非、心靈學を一読する事をお勧め致します。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


幸、不幸...
できるだけ不幸なことよりも、幸せなことが長く続いて欲しい...
と思うことあります。
しかし自分にとって不幸なことは、自分を成長させるきっかけとなることがあります。

今まで幸せしか知らなければ、他人の苦しみも、悲しみも理解できない人間になっていたでしょう。
苦しみ、悲しみを経験したからこそ、他人の苦しみ、悲しみがわかるのてす。

苦しみを経験すれば、幸せの有り難さもわかるのだろうと思います。
読んでいただきありがとうございます

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-20 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教902 偽装

 
偽装

食品、建築、自動車、様々な嘘、詐欺。
一般人は、何を基準に考えれば良いのか?

私は思う。
良心、理性があれば、犯罪は発生しません。

日本は、個人には厳しく、企業には緩やかというのが私の印象である。
個人がやれば詐欺、企業がやれば偽装。
皆さんは、この現実をどう考えますか。

子供には嘘をついてはいけないと教え、大人が嘘をつく現実。
情けない、が現実である。
厚顔無恥と言う言葉があるが、正にその通りだと私は考えます。

取り替えれば済む。
でも、取り替えられるのか?
その前に、地震が来たらどうなるのか。

何処までを信用し、何を信じれば良いのか。
正に、何処が沼で何処が陸だか解らない状況ではないか。
そして、今度は大丈夫。と言う確証は得られるのか疑問である。

嘘を隠す為の嘘を、人間はいつまで続けるのか。
そして、その嘘は多くの人に影響を及ぼします。
嘘の無い社会は訪れるのか。
会社は、利益を上げなければ存続は難しいが、偽装工作はいつかは発覚する。
弱い立場の人達が安心して生きられる時代を構築するのは、私達一人一人の努力が必要だと私は考えます。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝
 


様々な偽装の報道を耳にするようになった。
安全性に関することに偽装をされることは、とくに重大なことだと思います。
偽装することなく、真面目に仕事を行うことが大事であると私は思います。

読んでいただきありがとうございます

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-19 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

犯罪は、何故繰り返す

いつの時代でも、何故、犯罪は繰り返されるのか?
それは、無機質な欲望が犯罪を誘発して居るからである。
そして近年、犯罪が増加現象にある事も、皆さんはお判りの事と思います。

無機質とは何か。
情より己れの欲望を優先して他を押し退けても貪る、人間性を無視した身勝手思想である。
その根幹を形成し、行動に駆り立てるのは憑依である。

何故か?
人間には理性がある。
その理性を押し退けて犯罪に走る者には、理性のカケラも無いと言えよう。
母の愛が無ければ、生まれて来た命は一日たりとも生きられません。

大小の差は有っても、母の愛を知らない者は居ないのである。
母の愛を知らないと言う者が居れば、それは忘却しただけである。

私には、母の胎内に居た頃の記憶があります。
私の母がつわりが酷く、何も口にする事が出来なかった時のことである。
物資の手に入れ難い時代にもかかわらず、父が遠い農家に買い出しに行って母に食べさせた事。
母に栄養を付けさせる為に、苦労して肉を手に入れた事など全て覚えています。

そんな父母の苦労の果てに生まれた私。
【栄養失調で黄疸。医師に、この子は育たないと言われても、生きられる間は育てたいと言って涙した母】
私は、そんな愛情いっぱいの両親に育てられました。

親なら、誰でも自分の子供は可愛いのです。
それほどに愛した子供が犯罪者に堕ちたら、あなたなら耐えられますか。

人間には、小我、大我、神我が備わっております。
その割合は、個々に違います。

しかし、無機質な欲望と感情は、父母から受け継がれたものでは無い。
それは、本人の怠惰な生き方と、欲望のままに感情を制御出来なかった結果である。
善悪の判断は個人の資質の問題であり、イジメも誹謗中傷をする輩も同じである。

私は、警告します!
現在、イジメ、誹謗中傷に関わって居る者達よ。
続けて居れば、必ず君達に合った魔物が憑依します。

おやめなさい、気づきなさい。
そのまま続けたい方は止めません。

但し、魔族に取り込まれた時点で、闇の住人に成る覚悟は当たり前に必要である。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



己れの欲望を増大していった先は、悲しみしかないように思います。

感情を制御出来ずに、他人を苦しめる行為を行うことは、恥ずかしいことだと思います。イジメ、誹謗中傷を好んで行うことは、魔に魅入られる道につながっています。
読んでいただきありがとうございます

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-17 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教900 退魔


退魔

密教には様々な退魔法が存在するが、素人が簡単に出来る法はない。
退魔法とは、正に読んで字の如く魔を退ける為の法である。
ここで知っておいて頂きたいのは、退けただけでは不充分だと言う事である。

簡単に言えば、事後処理が出来ずば元の木阿弥であり、入れ替えただけになる。
早く言えば、箱を空にしただけだと言う事である。
そこに新たな魔が入り込めば、元と何ら変わりはない。

正しくは、護り本尊に鎮座して頂き、未来永劫魔の侵入を阻止出来るようにしなければならない。
e0392797_23094128.jpeg
それには、法力を持った僧侶の力が必要なのは言うまでもなく、退魔を願う者の志が必要である。
そして信仰心を結定し、より深い神仏への帰依が求められます。
然る後に、霊験により清浄化されます。

心霊【心靈】の法則は人間界のそれと違い、揺るぎ無き法則であり、様々なオカルト的要素は皆無である事を知って頂きたい。
真に學びたい方は、私の愛読書である心靈講座が最もお勧めである。
この他、小桜姫物語もお勧めの一冊である。

中々手に入れ辛い本であるが、自身で學びを深めたいと考える方には必見である。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



退魔法は箱を空にするだけで、根本的な解決にはならないのですね。
魔を退ける!という強い気持ちをもって、神仏に帰依することが、結界となり、護りとなるのだと思います。
霊験により清浄化されます。
とあるように、人間の力だけで安易に退魔を行うことは危険であると思います。
読んでいただきありがとうございます

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-16 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教899 無償の愛


無償の愛

先日、当院に御供養の依頼があり御受け致しました。

今迄お願いして居た僧侶が、12時の約束なのに、4時半に来たというのです。
その日は、故人の為に親戚友人が多数集まり、法要を待って居りました。

施主が参列者に謝罪してお帰り頂いた後に、僧侶が到着。
謝罪するでも無く、平然として読経を始め様としたのでお帰り頂いたとの事である。
施主曰く、これでは故人が浮かばれないのでお願いしたい。との依頼です。
私は精魂込めて行うと心に決め、現在準備中である。

過去には、上記の依頼とは異なる、悲しい依頼を御受けした事があります。
詳細は割愛しますが、是非、大人の方々に読んで考えて貰いたい。

依頼者はお子さんを自殺で失い、途方に暮れて居られました。
他の寺に葬儀をお願いしようとしたが、高額な料金を告げられ、途方に暮れて居た時に他の方の勧めで当院に来られました。
私は事情を知り、話し合って御受け致しました。

初七日の法要も終わり、親御さんも落ち着かれてぽつりぽつりとお話しされました。
『私がもっとあの子と話す時間を持っていれば…』
と、そう言って泣き崩れて居られました。
ひとしきり泣かれ、落ち着いた頃合いを見てお話させて頂きました。

悔恨の情は解ります。
しかし、これ以上は故人の後ろ髪を引く事に繋がります。
後は御供養に専念して、冥福を祈りましょう。

と説得しました。

しかし実のところ、自殺した大部分の霊体は、自分がしでかし事の重大さにどうしたら良いか分からず、狼狽えて居るのである。
時間をかけて説得するしか無いのが本当のところである。
しかし子供を亡くした遺族に、幾ら真実であってもまだ初七日。
言ったところで、悲しみを倍加させるだけである。
私は四十九日までに霊体を説得し、幽現界に送らねばなりません。
そして、その時に親御さんに説明します。

以上のように、現実は波乱に満ちて居るのである。
子供を護る為にも、子供と会話をし、変化に気づいて下さい。
自殺する者は、どこかで救いの信号を送って居ます。

だから、身元が直ぐに解る様にしてから自殺を決行するのである。

誰にも知られたくないのなら、身元の解るような物は所持して居ません。
死に場所も、誰にも発見出来ない場所を選びます。
しかし現実は、発見しやすい場所を選びます。

会話は、人間の意思伝達の最高の方法である。
わかり合い、信頼し合うときには必ず和合が生まれます。

大切な命。
掛け替えのない存在。
話し合いましょう。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



人は失ってから、失ったものの大切さに気づきます。
物は買い直すことができますが、命は失ったら戻すことはできません。
死にたいと思い悩むとき、死にたい気持ちと助けてほしいという気持ちが存在しています。
会話によって普段と違うように感じたら、よく話し合うことも大事ではないでしょうか?
読んでいただきありがとうございます

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-15 06:30 | 赤不動明王院便り | Comments(0)
e0392797_10203238.jpg

【本山 赤不動明王院のメールマガジン】


密教の無料メールマガジン

◎赤不動明王院院主永作優三輝がお届けする、密教の無料メールマガジン
『今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧』(全38通)

*どなたでもご購読頂けます
*ステップメールですから、いつ登録しても必ず1通目から配信されます。

*登録の翌週月曜日から毎週1通ずつ月曜日12時に配信されます




密教の有料メールマガジン(月額3000円)
◎赤不動明王院院主永作優三輝がお届けする、密教の有料メールマガジン。
『新生密教塾2017』

No.1~No.130
*どなたでもご購読頂けます
*戒名を授かった方はご登録ください。フォローアップの対象となります。
*ステップメールですから、いつ登録しても必ず1通目から配信されます。

▶▶▶それ以降は『新生密教塾2018』へ再登録いただくことになりました。
No.131~

密教51より ~密教塾の趣旨~
当院の密教塾とは、在家の方々に密教を通してしあわせに成って頂き、修行を通して法力を実感して頂く為の場で御座います。
様々な事を論理的に解説致します。

論理的に理解する事で、密教への理性的解釈も生まれるのであります。
論理的な説明もせず、ただ信じろ的な言動をする者は警戒して下さい。
論理的で無いのは、其処に理論も実践も存在し無いからなのです。

闇雲に信じる必要は御座いません。
但し、密教塾の塾生では無い方に、理論、実践法を教える事は出来かねます。

密教についてお知りに成りたい方は、まず密教塾に入塾して下さい。
それ以外では、お答えは控えさせて頂きます。

【分院 眞澄稲荷のメールマガジン】

無料メールマガジン
赤不動明王院分院 眞澄稲荷がお届けする、密教の無料メールマガジン。

『眞澄稲荷 白狐通信』

*どなたでもご購読頂けます
*こちらは基本的に不定期配信です。

*ステップメールですから、いつ登録しても必ず1通目から配信されます。
ただし、ご登録後、最新号が発行されるまでの間は、毎日18時に1通ずつ配信されます。
最新号はNo.160です 
つまりご登録日から160日間連続で毎日配信され、それ以降は不定期配信に切り替わります。
[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-14 09:00 | メールマガジン

密教898 勝ち負け


勝ち負け

本当の勝ち負けは、自分が決める事である。

例えば、試合での勝敗は歴然として居る。
負けた方は潔く認め、また修練を積む。
勝った方は、追われる側に成った事を自覚して修練を積む。
互いに切磋琢磨して次に臨むのである。

人生は上記の繰り返しであり、勝ち負けなど存在しないのである。

例えば、金をもって勝ちとするのであれば、薄っぺらな人生観である。
全ての人に言える事だが、金も地位名誉も、死する時には何も持っては行けないのである。

その逆に、金や地位名誉にしがみつく者は、のたうち回る死後を経験して居る。
誠に哀れな結果である。

今、自殺が増加傾向にある。
イジメ、誹謗中傷、様々な原因からであるが、何故死を選んだのか?

生きて居ても仕方ない。
私など居ない方が良い。
追い込まれて死んだ。
理由は様々である。

しかし、自殺ほど最悪な選択はないのです。
環境に耐えられ無いのであれば、変えるか去ればいいのです。
イジメや誹謗中傷に苦しんで居るなら、様々な方法で証拠を集めて公の場に公表し、損害を賠償させれば良いのである!

あなたが死ぬ事はないのです。
手放す勇気と、証拠を集める智慧と勇気を持って、卑怯者を引きずり出せば良い。

今迄、多くの人が理不尽な行為を受け、耐えられずに死を選んだ事も知って居ります。
が、何度でも私は言います。
自殺は、最悪な決断である!

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



勝ち、負け...
勝ったから終わりではない。
負けたからダメでもない。
勝てばさらなる向上をめざす。
負けても、その負けた出来事から何かを自分で学びとることができれば成長できる。

つらいときは、苦しみしかみえなくなってしまいます。しかし、死を選ぶことでこれ以上自分を苦しめる必要もないと思います。
読んでいただきありがとうございます
慈福

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-14 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教897 代償、対価


代償、対価

私達は、生きる為に様々な物を購入しています。
当たり前の話だが、大根を買って対価を支払う、当然である。
この様に、対価や代償を支払う事が当然の義務であり、摂理である。

では、イジメた張本人達、誹謗中傷で他人をおとしめた者達には、対価や代償は無いのか?
有ります!
その者達は後に、大変な対価や代償を支払う事になります。
では、どんな支払いが待って居るか?
それは、様々な形で現れます。

それは何故か。
自ら毒を撒き散らし、その毒の影響は最終的に全て自分に返ってきます。
何処かで改心して、善行と云う特効薬を体内に入れなくては、上記の因縁は更に膨れ上がります。
最後には、取り返しがつかない状態に陥ります。

此処でその実例を挙げるのは簡単な事であるが、改心しない者の為に残す事とします。
イジメや誹謗中傷などをして居る暇があるのなら、その精力を他に向ければ、かなりの確率で成功するであろう。
勿体ない事だと考えます。

つまらない事で、他人をイジメたり誹謗中傷に頭を使う者の全ては、不幸な人達だと思う。
やがてやって来るブーメランは、何処に逃げても隠れても、確実にその者を捉えて外す事は無い!
e0392797_22462917.png
私の言っている事がデタラメだと思う者は、イジメでも誹謗中傷でも続けるが良かろう。
但し、後悔した時は手遅れだと言う事は、覚えておいた方がまだ救われる可能性はある。
くれぐれも、井の中の蛙大海を知らずにならぬ様に心掛ける事が肝要である。
浄玻璃の鏡もアカシックレコードも存在する。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


善行という名の貯金
悪行という名の借金
私は、そう思います。
善行という貯金は、自分の引き出したいときにその善行を対価として使うことができません。
悪行という借金は、最初は上手くいっても、気づいたときには戻ることのできない負債を抱え、地獄を味わうのだと思います。
取り返しがつかなくなる前に、心から反省してほしいと思います。
読んでいただきありがとうございます

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-13 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

何故イジメは繰り返されるのか?

私は、この問題を何度も書いて来ました。
誹謗中傷に始まり、隠れた暴力など。

かく言う私も、子供の頃は貧乏が故にイジメを受けました。
そして私の弟も。

私は元来の暴れ者。
しかし弟は、今で言う発達障害者。
私の眼の届かない所でイジメられて居たのである。

私は、弟をイジメた奴等を全員シメた。
それから弟へのイジメはなくなっった。
今から思えば、無謀であった!

何故今も、イジメが子供に限らず、大人社会にも蔓延して居るか。
その答えは簡単である。
身体は大人でも、精神が子供なのである。
善悪の区別も分からない馬鹿者だからである。

誹謗中傷などして居る暇があれば、もっと他にする事は山ほどあるはずである。
それをしないで他人を誹謗中傷して居る者は、他に考える事が無い暇人である。
痴漢や盗撮行為を楽しむ輩と同じ精神構造である。
そんな下らない事にエネルギーを浪費するのであれば、最早生きる屍に過ぎ無い。
精力善用。
我が身に恥じない生き方こそ、本当の生き方である。
姑息に生きれば地獄に暮らし、本懐に生きれば後悔無しである。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


大人になっても、他を誹謗中傷する事によって優越感に浸っている精神は子供の人がいます。そういった人は、誹謗中傷でしか自分を表現できない人なのだと思います。

子供は親の背中をみて育つと言います。
親、周りの大人は、子供の見本となれるだろうか..

イジメは、卑怯者の行い。

自分の背中を子供にみせても恥ずかしくないように、また見本となれるような大人になりたいものです。

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-12 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教896 性格


性格

性格は何故違うのか?
それは、霊性が大きな鍵を握っていると言えよう。

細かな事は密教塾で明かしますが、此処では性格の違いについて考えてみます。
性格は十人十色と言いますが、正に様々である。
大別すれば、氣使いの出来る者、自分本位な者でも多種多様である。

しかし、最も始末に負えない性格が存在する事をあなたはご存知ですか?
それは、人を騙して平然として居る者である。
例えば、結婚を餌に女性からお金を借り返さない輩が存在します。
結婚して居る事を隠し、女性の肉体までも凌駕し、ずるずると深みに誘い込む。
女性がそれに気づいた時は、牙を剥く。
これは最早、人間の皮を被った魔物である。

そんな輩が、現在増えて居るのは事実である。
それを防ぐには、智性と理性を身に着けること。
そして最後は、オーラを見抜く眼を養う事が最良である。

表面上は話術や着飾る事で繕えるが、オーラを偽装する事は不可能である。
では、オーラは観ることが出来るのか?
出来ます。

訓練は必要ですが、努力次第で誰でも可能になります。
いわゆる、霊性を見抜く法である。
当院では、希望する方々に教授して居ります。

但し、密教塾の塾生である事が必要となるのでご了承願いたい。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



私はオーラを観たことがありません。
しかし、一度だけある刀を拝観したときに、刀の周りが青白っぽい色のもやに包まれているように見えたことは、ありました。
あれが、オーラなのかは解りません。
刀の色が反射したと言われたら、そうなのかもしれません。
しかし、オーラはあると思います。
読んでいただきありがとうございます


[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-10 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教895 記録【追憶】


記録【追憶】

ある夫婦に、待望の赤ちゃんが授かりました。
夫婦は喜び、生まれ来るであろう子供の誕生を心待ちにしていました。

この御夫婦は、近所でも有名な鴛鴦夫婦【オシドリ】。
呉服店を営み、店も繁盛して正にしあわせの絶頂である。

月日が経ち、出産の日が参りました。
用意万端が整い、待ちに待った瞬間である。

しかし、赤ちゃんが産声を上げる事はありませんでした。
死産である。
夫婦は悲しみ、死んだ赤ちゃんの足の裏に、筆で一文字を書き【赤ちゃんの名前】荼毘に付して葬儀を終えました。

それから一年が過ぎようとしたある日のこと。
妙な噂話を聞いた夫婦は、居ても経っても居られませんでした。

それは、生まれた赤ちゃんの足の裏に、いくら拭いても消えない字が浮き出ると言う噂でした。
夫婦は、互いの顔を見合わせてうなずきました。
その赤ちゃんに逢いに行こうと決め、出かけました。

先方のご夫婦には、事前に人を介して了解を頂き、赤ちゃんと会いました。
赤ちゃんの足の裏を見て、夫婦は愕然とした。
自分達の、今は亡き子供の足の裏に書いた字が有ったのである。

夫婦は泣き崩れました。
赤ちゃんの両親に頼み、綺麗な布で赤ちゃんの足の裏を拭かせてもらいました。

すると、いくら拭いても消えなかった字が消えたのである。
両夫婦は喜びました。
その後、両夫婦は親戚のように付き合いを深め、赤ちゃんの成長を楽しみに交流を続けていったのです。

上記の話は、輪廻転生を表す記録として今でも残されております。
この世は、一代限りではないのです。
死んだら終わりの考え方は、物質的価値観から生まれた刹那主義であり、真相は全く違うのである。
信じるも信じざるも、自身で検証してからでも遅くはないのではないだろうか。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



こういった転生話は、本などで読んだことがあります。
良く言われるのは、幼い子供が前世で○○をしていたと話すことです。
私は自分の前世は何をしていたのか、覚えていませんが、記憶力が良い人は大人になっても覚えているようです。

しかし、前世は前世。
今世は今世として、あまり前世にこだわりすぎるのも考えものです。
しかし、そういった輪廻転生なんてないと決めつける前に、そういった世界があるかも知れないと学びを深めたほうが良いと思います。

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-09 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教894 加持祈祷の種類


加持祈祷の種類

ある信徒さんから、『祈祷は願いが違うだけで、拝み方は同じに見えるのですがどうなのでしょう?』と言う質問がありました。

此処では詳しくは書けませんが、概略を申し上げれば全て違います。
正しく言えば、人間の悩みの数、苦しみの数と同じだけ存在します。

当院には、秘密加持祈祷法が全てと言って良いほど揃って居ります。
しかし、此処で写真や詳しい説明文を載せる事は出来ません。
【悪用、模倣を避ける為】
但しこの後、密教塾では詳しく説明致します。

簡単な説明を加えるなれば、医師にもそれぞれ専門分野がある様に、病気や悩み事にも様々な状況があり、単一的に対処する事が難しいのである。
従って、様々な悩み苦しみを、各界のお力をお借りする事になるのである。

何故、様々な状況に対応できるのか。
例えば、過去世の問題であれば、降三世明王尊、誹謗中傷問題であれば、摩利支天尊のように、専門的なお願いの仕方があるのです。

全ては密教秘法であり、素人が手出しすれば、とんでもない結果になる。
絶対に見よう見真似でやってはいけません。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



人間の悩みの数、苦しみの数は、数え切れないほど多い。同じ悩みでも、その状態になるまでの状況、環境は違う。
その悩みひとつひとつに対応するために密教秘法があるのだろうと思います。

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-08 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教893 虎視眈眈


虎視眈眈【こしたんたん】

今では、悪い意味で解釈して居る人が少なからず居る事は、否めない事実である。
何故そんな解釈しか出来ないのか?
それは、言語理解能力の低下が原因である。

以下に少し、例題を明記するので考えて頂きたい。

飲食店でお金を払う時、自分から【おあいそ】と言う客。
おあいそとは、店側の隠語である。
お客が帰るから、また来てもらう為に愛想よくしろと言う隠語である。

言葉の使い方は、意味を熟知して居ない場合に思わぬ恥を書く事になります。
相手の間違えを指摘するのではなく、自分が知り、自分が間違えなければ良いのである。

誤った使い方をして居る人に面と向かって訂正すれば、相手はあなたを嫌い、軋轢が生まれるで在ろう。
學びとは自身を磨く為の學問であり、傲慢性を養うものではない。

現代は、正にジャングルの様に多難な状況にあります。
知らずば恥をかき、相手に教えれば牙を向けて来るかも知れない事を理解し、多くを語らず自らが示す。
それでも、理解能力が低下して居る者に無理強いする必要はない。

イジメ、パワハラ、セクハラその他の恥ずべき行為をする者は、未だ人間に成り切れて居ない野獣の魂を保有する者なのだから。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


最近私が思うことは、相手の間違いを指摘するほど自分は知っているのだろうか...
ということです。
自分も間違えることはあるし、相手も間違えることもある。
相手の細かな間違いを指摘するほど、友好的な関係を築くことが難しくなる。
相手の間違いを指摘するばかりではなく、細かなところはあまり気にせず、自分の学びを深めていくことが大事なのだと思います。
読んでいただきありがとうございます

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-07 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

興味と學びの違い

昨今、日本語の意味を履き違えて居るものが増えて居るのは、カタカナ語の弊害である。

もしあなたが経営者で有った場合、御社の業務に興味があります、と答えた者と、御社の業務を學びたいと言う者、どちらを採用しますか?
答えは歴然である。

昨今の言語の乱れは、政治家に始まり多方面で見られる。
嘆かわしいの一言である。

記憶にない、言って居ない、正に支離滅裂である。
果てには、パワハラ、セクハラ。
言葉が軽いから、軽はずみな結果が生まれる事を誰も言う者は居ない。

言葉には言霊が宿り、やがて現実になる。
そして、軽んじた言語しか使わない内に、不用意な発言が当たり前になる。
相手を怒らせたり、怒らせても、何故相手が怒って居るかも理解出来無い思考に陥って行くのである。

大人になり、敬語や丁寧語が理解出来ていなければ、その人の行き着く先は暗いであろう。
人間同士の意思の疎通は、まずは言葉からである。
言葉使いがあやふやなら、付き合いもあやふやになりがちである。

親しき仲にも礼儀あり。
損を被るのは自分なのである。

言葉は教養を表し、立ち居振る舞いは人格を現す。

死語などと嘲笑い、學びを忘却すれば、やがてそのツケは必ず自分に返って来る。
上記の事を自分の中に落とし込み、學び続けた結果は、人品骨柄卑しからずと映るのである。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


カタカナ語は簡単に使えるように思います。
パワハラ、セクハラと言うことと、暴行、暴言とでは、カタカナ語のほうが軽く聞こえて、それだけ罪の意識も少なくなるのだろうと思います。
反省もなく都合の良い言葉でとり繕っても行いが消えることはありません。

読んでいただきありがとうございます

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-06 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教891 巻き添え


巻き添え

今の世の中では様々な巻き添えがある。
例えば、自動車事故の巻き添え、落下物による巻き添え、数え上げればきりが無いほどの事故が発生しております。
ニュースに載らない案件は数知れずである!

しかし、考えれば全て人災である。
車で言えば、安全運転をしていれば被害者も加害者も生まれません。
互いに、出来る限りの安全確認と配慮で、自動車事故は十分の一に激減するはずである。

私は二級建築士の資格も持って居る。
落下物に関して専門家の立場で言えば、セメントの耐久年数はほぼ60年である【施工状況に依る】
一般建築瑕疵が認められるのは、数年である。
従って、施工者【職人】の技量で耐久年数が変わるのも事実である。

巻き添えで逃れられないのが、自殺による巻き添えである。
電車に飛び込む自殺の場合、何万の人が交通手段を奪われます。

そして、絶対にやってはいけないのがビルからの飛び降り自殺である。
自分よがりがこの自殺方法である。
ビルの住人やビルのオーナーなど、様々な人が個人の身勝手な行動によって被害を受けているのである。

今日、自殺者の巻き添えに合って怪我をした人が出ました。
心霊的観点から言えば、死してなお重罪を犯した事になるのである。

死して罪を負い、自らの仕出かした事に苦しむ。
正に地獄そのものである。

私は、数多くの自殺者の回向をして参りましたが、皆【自殺者本人】口を揃えた様に、後悔の言葉を口にするのである。
しかし、後悔先に立たず。
戻りたくとも、戻れる肉体はその時点では無いのである。

今、死にたいほど苦しんで居るあなたへ。
死は解決には程遠い!
その逆に、苦しみを2倍にも3倍にもするのが自殺である。

天は、私達に耐えられない試練は与えません。
どうしても死にたいと思う方は、私と一度お話しをしてからでも遅くありません。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



看板落下、外壁落下、人が転落など... 
台風による暴風などもあると思いますが、落下や人の転落事故をよく耳にするようになりました。
最近は記録的な暴風が増えているので、落下しそうな物は早めに撤去したり、対策をとることが大事であると感じます。

電車への飛びこみによって、交通を止めたことによる様々な損害...
飛び降りによって 建物を管理している所への損害..
下を歩いていた人への補償...
自殺をしようと思っている人には、そこまで考えが回らないかもしれませんが、苦しむのは家族だけではないことを、死んでも楽にはなれないことを知って最後の一歩を踏みとどまってほしいです。
読んでいただきありがとうございます
慈福

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-05 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教890 本物を見極める


本物を見極める

私は、美術館や博物館が大好きである。
良い物、美しい物を、一同に拝観する事が出来るのも魅力である。

その他、美術展も一見に価値あり。
本物を見極めるには、知識と選美眼を養う必要があります。

簡単に例えれば、造花と生花の違いはどなたでも出来るでしょう。
しかし、ある一定の距離を置き観た時に、あなたは造花か生花かを見極める事が出来ますか。

昨今の造花は、誠に良く出来ている。
よく観なければわからない位の物もあります。

しかし、どんなに精巧に作られて居ても、絶対に成し得ないものが存在します。
それは、生命力である。
e0392797_20574927.jpg
生花は、美しさで他を癒す優しさに満ち溢れて居ります。
それが生命力でありオーラなのです。
これは、命あるものの証である。

また、造形物であっても、オーラを放つものは存在して居る。
例えば、美術品などに多く見られます。

それは、製作者の卓越した技量を物語って居る。
その中でも、一般の方にでも解り易いのが日本刀である。
名刀と言われる刀ではなくとも、確認は容易である。
所有する者が敬い尊ぶ心を持ち、手入れを怠らず、愛刀として拝刀すれば、その刀には所有者のオーラが染み込んでオーラを放つ様になります。

全てに言える事は、本物は、本物である主張はしません。
ただ、観る者を魅了する力を備えて居るだけである。
皆さんも、良い物を出来るだけ直にご覧下さい。
私が言わんとして居る事がご理解頂けると思います。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

美術館、博物館の展示を観るとき、知らなかった事を知ることができます。
そして、時には素晴らしい展示品に感動します。
こういった展示を観に行くことは、気分転換にもなり良いと思います。
読んでいただきありがとうございます

[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-04 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)

密教889 結界の威力


結界の威力

当院の建物は、築40年以上に及ぶ古い建物ですが、たび重なる台風の猛威にも耐えて一切の被害はない。
有り難い事である。

当院では年に一度、必ず張り替えるものがあります。
それは結界である。

結界には様々な種類が存在しますが、当院では家全体を護る結界法を施して居ります。
昨今では、結界の必要性を理解された方々の依頼も多く、出張も多々あります。

私が出張して行う場合の結界法は、特殊な法を修し、あるものを使って依頼者の要望を反映する形で行います。
結界に使用する物や方法は、依頼者以外の方に明かす事は有りません。
これは、模倣や悪用を避ける為には必要な事であり、不可欠である。

例えば一般家庭に、さも“結界を張りました風”のものはやりません。
何故か?
結界は見えない砦であり、城門なのである。

私が良く使う法に、十文字結界がありますが、これは依頼者以外には解りません。
何故か?
依頼者にも参加して頂いて、共に作業する事で理解と信頼が深まるのである。
入手困難な本物を使用し、準備には1カ月を要する大法である。

私は皆さんに教えたいのですが、現代社会の中には詐欺に利用する者が後を絶ちません。
従って、不用意に教える事も公開する事も憚れるのです。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


今年は災害が多い年であると私は思います。台風、地震など、様々なところで猛威を振るっています。
特に台風による暴風は、様々な物を吹き飛ばし、被害を拡大させます。
強風の威力を感じさせました。

また犯罪も増えています。

目に見える結界も重要です。
防犯カメラ、防犯ブザー
といった物は目に見えるものであり、狙う側から対策をとられる可能性もあります。

見えない砦という結界であれば、破られることも難しくなり、侵入はできません。

今のような時代だからこそ、必要な結界であると感じます。

読んでいただきありがとうございます
慈福


[PR]
# by fudou8jifuku28 | 2018-10-03 06:00 | 赤不動明王院便り | Comments(0)